STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

【常時TOP】STRIKE HOLEサークル参加情報

STRIKE HOLEは、全国各地に遠征を繰り返しつつ、読者の皆様にお楽しみいただける評論活動を目指し精進致します。宜しくお願い致します。

【お断り】
家庭の事情等により、今後は同人誌即売会の遠征を少し抑える方向となります。
基本的に「日帰り」で行ける範囲を中心とし、日帰りでの遠征が難しそうなケースは、既に申込済のイベントであっても、欠席させていただく場合もございます。
(少し条件は緩和傾向ですが、予断は許さぬ状況です)


★直近のイベント参加予定★
8/20 東京コミティア(都内/創作系即売会/N13b)
8/26 みゃーけっと(沖縄宮古島/オールジャンル/委託参加申込済
8/27 あむこみっ!(長野県松本市/オールジャンル/参加申込済)
9/3 さぶらいぶ!ぺが!!(奈良県上牧町/サブカルイベント/参加申込済)


★夏コミ新刊のご案内★
解説!全国同人誌即売会事情
…久々となる同人誌即売会評論本です。当サークル・即売会全国行脚の経験も基にした、全国47都道府県、最新の同人誌即売会開催事情を解説!さらには、都道府県内でも可能な限り地域単位に分類して、即売会の開催事情を解説し、より細やかに地域の実情を綴ります。
 全国各地の即売会を見続けている「STRIKE HOLE」だからこそ書ける、同人誌即売会紹介本の決定版!即売会参加に当たってのお供として、是非お手元にどうぞ!


★その他発行物のご案内★

「〜アニメ・マンガ等で地域振興・町おこし〜 コンテンツツーリズム取組事例集3(拾遺録)」
 「萌え」を通じた「町おこし」、いわゆる「コンテンツツーリズム」についての研究・評論本、最新刊!
 「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台・沼津市の事例をはじめ、「たまゆら」の竹原市など、第1巻・第2巻で取り上げきれなかった事例・最新の事例など計10地域の事例を研究・分析し、町おこし・コンテンツツーリズムの「成功法則」を解明。この手の町おこしを志向する行政や地域団体等の関係者向けに、「何を為すべきか」の処方箋を解説します。

grep様ならびにCOMICZIN様にも委託


「同人誌即売会見聞録2017」
…定例の同人誌即売会評論本「同人誌即売会見聞録シリーズ」最新刊!
2016年に訪問した面白即売会を、ひたすらご紹介!今回は、「ビール工場開催の即売会(というか宴会)」「発売されなかったゲームのオンリーイベント」「自転車レースイベント内開催の即売会」(注:全て実話ですなど個性派ぞろいですw


「私撰!この”聖地開催”同人誌即売会がやばい(笑)」
 アニメ・マンガ等の作品「聖地」で開催される同人誌即売会の、現状を評論。
「第一部」では、「聖地開催」即売会の開催状況を47都道府県網羅!各都道府県単位でご紹介。
「第二部」では、その中でもとりわけ「やばい」とか「すごい」とかそういう単語で評されるべきユニークな「聖地開催」同人誌即売会をピックアップし、掘り下げてご紹介します。
作品コンテンツを通じた地域振興・観光振興…いわゆる「コンテンツツーリズム」についても、「聖地開催」即売会と絡めて論じてみました。

grep様ならびにCOMICZIN様にも委託

※この他、長野県の同人誌即売会参加に際しての「恒例行事」となりますが、同人誌即売会の中止理由考察本「同人誌即売会中止!参加者を納得させる(?)百の理由(百もないですが…)」を復刊いたしますw



★完売作品の入手方法★
「コンテンツーリズム取組事例集1」(2015年12月刊)は、PDF文書にて本文無料公開中!
 →≪≪本文ダウンロードはこちら≫≫

「コンテンツーリズム取組事例集2」(2016年5月刊)も、PDF文書にて本文無料公開スタート!
 →≪≪本文ダウンロードはこちら≫≫

★春に刊行しました「コンテンツツーリズム取組事例集Extra」シリーズは、一通り完売しました。Sの内再録した何かが出ると思います。もう少し気長に、お待ちください。

以下の作品は、grep様に在庫があります。grep様経由で入手いただけます。
 2013年刊行「同人誌即売会見聞録2013夏
 2014年刊行「新・東方オンリー見聞録〜東方オンリー大全〜」・「同人誌即売会見聞録2014〜艦これオンリー特集〜」「評論これくしょん〜評これ〜」「同人誌即売会開催の歴史(1990年代・Preview)」



★サークル参加予定 & セミナ―・プレゼン等開催予定★
8/20 東京コミティア(都内/創作系即売会/N13b)
8/26 みゃーけっと(沖縄宮古島/オールジャンル/委託参加申込済
8/27 あむこみっ!(長野県松本市/オールジャンル/参加申込済)
9/3 さぶらいぶ!ぺが!!(奈良県上牧町/サブカルイベント/参加申込済)
9/18 文々。新聞友の会(京都/東方オンリー/参加申込済)
9/24 サンシャインクリエイション(都内/オールジャンル/参加申込済)
10/1 ジャパリパークで大騒ぎ!(都内/けものフレンズオンリー/参加申込済) *スーパーヒロインタイム内開催
10/15 博麗神社秋季例大祭(都内/東方オンリー/参加申込済)
10/22 東方紅楼夢(大阪/東方オンリー/参加申込済)
10/28 おもしろ同人誌バザール(都内/評論系即売会/参加申込済)
10/29 結び(岐阜県飛騨市/オールジャンル?君の名は。or氷菓オンリー?/参加予定)
11/12 コミックシティin熊本(熊本/オールジャンル/参加申込済)
11/23 東京コミティア(都内/創作系即売会/参加申込済)
12/24 Comic Sweet Gamadasu(福岡/オールジャンル/委託参加申込済) *委託参加
12/29-31 冬コミ(熊本/オールジャンル/参加申込済)
2/18 東方輝針祭(広島県福山市/東方輝針城オンリー/参加申込済)

※その他、アニメ・マンガを通じた町おこし「コンテンツツーリズム」の事例研究を中心とした、プレゼンテーション・セミナー講師等の活動もこっそり(?)始めております。地域振興・観光振興に意欲的な皆様方からのオファー、お待ちしております。
(条件は応相談、但し当方の生活根拠地・首都圏から遠く離れた地域の場合は、交通費相当額の負担をお願いするケースもございます)

お問い合わせはメールにて
nuregus★yahoo.co.jp *★を@に置き換えて下さい。

(過去実績)
・2016年9月22日 大田区産業プラザPiO「萌えで町おこし!セミナー」開催 (当ブログ記事)
・2017年5月4日 中野サンプラザ「資料性博覧会」内 テーマ「アニメ・マンガで町おこし!成功法則を追求!」にて登壇 (当ブログ記事)
・2017年6月3日 京都「うさぎ山大バザール」内 テーマ「あなたにもできる!アニメ・マンガで町おこし〜地域の人々・ファンができる取組〜」
・2017年7月15日 名古屋市「愛知サマーセミナー」
 同朋大学博聞館1階/H103教室 1限(9:30〜10:50)予定
 演題「アニメ・マンガで町おこし 成功法則を語る」…アニメ「君の名は。」に関する状況も語りました

今月下旬の「全国ふるさと甲子園」が意外に面白そうな予感

コンテンツツーリズム関連で、少し気になる展開のイベントについて述べたい。
一昨年(2015年)より開催されている「全国ふるさと甲子園」は、「“ロケ地”と“ご当地グルメ”でふるさと対抗! 行きたいまちNo,1決定戦!!」と銘打った地域振興のイベントだ。
テーマが「ロケ地×グルメ」ということで、「聖地巡礼」だとか、アニメ・マンガで町おこしいわゆる「コンテンツツーリズム」だとか。そのあたりに興味関心をお持ちの方々にも向いているイベントだろう。

ちなみに、昨年2016年は、静岡県沼津市がグランプリに輝いた。
もちろん「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台に起用されての参加であることは言うまでもない。内浦地区の老舗和菓子屋「松月」の西浦みかんどら焼きをひっさげてのグランプリ受賞である。

自治体としても、ロケ地としての観光資源と、特産品という地域資源とをPRできる貴重な機会
年を追うごとに参加地域は増え、今年は55地域が参戦している。
(「ロケ地」という括りでの参加なので、アニメ・マンガ以外にも、ドラマ等のロケ地が参加するケースも少なくない点はご注意いただきたい)

で、55地域も参加すると、興味深い地域も決して少なくない。
チケット代4000円は値が張るが、それをおしてでも行きたい、と感じさせるほどには。

アニメ・マンガ関係だけをピックアップしても、今回は以下の地域が参加する。

・山形県山形市・高畠町・新庄市「3月のライオン」
・千葉県いすみ市/新潟県十日町市「孤独のグルメ」
・埼玉県久喜市「らき☆すた」
・岐阜県大垣市「聲の形」
・岐阜県飛騨市「君の名は。」
・静岡県静岡市「ハルチカ」
・静岡県沼津市「ラブライブ!サンシャイン!!」


昨年グランプリの沼津は、今年は「ペッシュールサンド」の出品で勝負をかける。(個人的には、「沼津バーガー」がええんじゃないかと思うのですが…)
他にも、「らき☆すた」や「君の名は。」などの著名作品も登場。

この他、大河ドラマからは長野県上田市(「真田丸」)福島県会津若松市(「八重の桜」)が参戦。朝の連続テレビ小説からは岩手県久慈市(「あまちゃん」)や茨城県県北地域(「ひよっこ」)などが参戦。
人気・著名ドラマ舞台からの参戦も多く、昨年王者の「ラブライブ!サンシャイン!!」と言えども王座を守るのはなかなか大変そうな雰囲気。

この他、アニメ聖地ではあるものの、アニメではなく別作品のロケ地として出展する地域も。
「君のいる町」舞台の広島県庄原市高野地区は、今回は映画「雪女」ロケ地としての出展だし。「結城友奈は勇者である」派生作品「乃木若葉は勇者である」の舞台・香川県丸亀市は、今回は映画「HONETSUKIDORI」での出展。艦これ聖地・鹿児島県鹿屋市は、今回「永遠の0」での出展。
…ん、まあ。地域側だってタダで出店してるわけじゃないし、参加するならばよりPR効果の高い道を選ぶのは当然のこと。より知名度の高い作品で推すのは、これは仕方ないか(汗)

そういう「別作品を推すアニメ・マンガ聖地」を加えれば、アニメ関連の地域は結構な数になる。見どころは相当多いと思う。
というわけで、コンテンツツーリズム研究やってる人間の視点から、この「全国ふるさと甲子園」の面白みが案外高まっているのでは?と感じ、ご紹介申し上げた次第である。

夏コミ新刊第1弾「解説!全国同人誌即売会事情」刊行のお知らせ

夏コミの新刊、昨日入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。

【刊行物概要】
●書名…「解説!全国同人誌即売会事情」

●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 56ページ

●頒布予定…8/13「コミックマーケット」3日目 配置・T35b
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布
 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

zenkokusokubaikai_hyoushi


(内容については以下に続きます)続きを読む

スタジオYOUは、「即売会全国展開」の看板を捨てたのか?

夏コミ新刊として刊行が決定している「解説!全国同人誌即売会開催事情」
これは、全国各地の即売会開催状況を、47都道府県ごとに解説する、というコンセプトの同人誌即売会評論本だ。
この手のコンセプトの本は、過去にも2012年に、「同人誌即売会全国制覇!」という本で著している。そこで今回は、2012年〜2017年までの「最近の状況変化」を重点的に語ることで、昨今の即売会事情の可視化に努めている。

執筆に際し、昨今の即売会情勢を洗いなおしてみたが、状況の変化は、確かに著しい。
2013年の「艦隊これくしょん」大ヒットに伴い、全国各地で艦これオンリー多発。さらに「聖地」での開催も続出。これまで即売会が開催されたこともなかった地域で、即売会が開催されるという事例が、数多く生まれている。
オールジャンル同人誌即売会を見ても、北海道紋別市・長崎県五島列島・沖縄県宮古島など、これまで同人誌即売会が開催されることの無かった地域で、新たに即売会が生まれている。サークルも、即売会として成立し得るほどには集っている。

その一方、休止する即売会も少なからず見受けられる。
後継イベントも立ち上がらず、そのまま即売会空白地域と化すケースも見られる。
調べてみて、特に私が驚いたのは、スタジオYOU「おでかけライブ」の広範囲にわたる即売会休止・撤退だ。それも、2016〜2017年に集中している。続きを読む

6/4 東方Project・リグルオンリー「東方蛍光祭」

京都のたまこまーけっとオンリーに出席してからトンボ帰りで帰京した自分。
4日は、都内の「コンテンツツーリズム学会」に出席を予定していたが、少し時間が空いたので、都内で開催される東方・リグルオンリーに足を運んだ。
6月4日が「虫の日」ということで、「虫」をモチーフとした、このキャラのオンリーがこの日に開催されたという構図だ。

「リグル」の登場は、東方Projectにおいては「東方永夜抄」が初出となる。
そして、この「東方永夜抄」のリリースは、2004年夏。初登場から実に13年の時を経過し、ようやく初のキャラオンリー開催に至るという、極めてレアなケースである。

確かに、東方人気投票でも、決して上位にランクインしないキャラではある。
だからこそ、あれだけ無数に東方オンリーが乱立するご時世でありながらも、これまでキャラオンリーが開催されることも無かった、と言えるだろう。
しかし、東方人気キャラ投票における「イチ押し率」は極めて高く、熱狂的なファンがそれなりに存在していることも伺わせる。続きを読む

6/3 京都市・出町桝形商店街開催 たまこまーけっとオンリー「うさぎ山大バザール」

アニメ「たまこまーけっと」の舞台モデルとされる、京都の「出町桝形商店街」。
この商店街のど真ん中で、「たまこまーけっと」オンリーとして始まった「うさぎ山大バザール」。
2年前・前身イベントの「京都市勧業館 みやこめっせ」開催を経た後、場所を作品舞台・出町桝形商店街に移し、そしてイベント名も「うさぎ山大バザール」として、昨年2016年春に、第1回目の即売会が開催された。
私も昨年委託でサークル参加。今回は直接参加しようと興味を持ちつつ迷っていたのだが、ちょうどゴールデンウイーク中にサイトを見たら、「何か企画の持ち込みがあればご相談を」という意の内容が書いてあったのを確認した。

実は、この時はちょうど「資料性博覧会」内で、町おこしセミナー「アニメ・マンガで町おこし!成功法則を追求!」を開催した直後であった。
また、「うさぎ山大バザール」は、地元桝形商店街の方もお見えになるイベント、とも聞いていた。
ここで「資料性博覧会」と同じようなことをやってみたら面白いのでは?と思い主催に相談する。プロジェクターも用意してあるとの由で、充分対応可能ということも判明した。
というわけで、セミナー実施・聖地巡礼も兼ねつつ、「うさぎ山大バザール」にサークル参加を決めた。続きを読む

6/18・眼鏡時空合わせで新刊出します!

6月18日・都内大田区産業プラザPiOで開催される、眼鏡関連同人誌即売会「眼鏡時空」にサークル参加します。
で、それに合わせて「メガネ」をテーマにした「アニメ町おこし」の本を出します。

…もう、説明は不要でしょうw続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ