STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

NPO法人 ProjectArbalestの挑戦

九州の同人即売会と言えば、福岡ドーム開催の「コミックシティ」「コミックネットワーク」が有名だが、個人的には「ProjectArbalest」(以下「あるばれすと」と表記)を面白い存在として取り上げたい。

主催氏は長崎県の佐世保市出身。1990年代後半より主催活動を開始。
主催氏の地元でもある長崎県佐世保市にて、地域に根ざしたオールジャンル同人誌即売会「あるばれすと」を開催されていた。
開催時期にバラつきはあるものの、平均40〜70サークルを集め、佐世保地区の同人文化の発展に一定の寄与を果たされた。

参考文献:
 ・あるばれすと概要
 ・即売会系イベント開催実績

また、ラグナロクオンラインのオンリーイベント「らぐけっと」も立ち上げられている。(名目上、運営はあるばれすととは別の組織=「らぐけっと実行委員会」=だが中の人は一緒)
2003年3月に長崎県佐世保市、2003年11月に福岡市で開催。

男性向けジャンルはご存知の通り一極集中が進み、東京・大阪以外で男性向けオンリーは殆ど存在しない。
ましてや九州・福岡は男性向けオンリーどころか男性向けオールジャンルすらも無い。

そんな状況下、特に第二回福岡開催の「らぐけっと」は直参38・委託8を集め大成功を収めた。これは九州の男性向け市場の現状を考えると、奇跡にも等しい快挙と言っても過言では無い。続きを読む

CUT A DASH!さんのスタッフジャンパーの件について

さて、冬コミ終了以後様々なブログで話題になっております、CUT A DASH!(以後「カッタ」と表記:みつみ美里氏サークル)のスタッフジャンパーの件についてお話してみましょうか。
各blogで話題に上っていた時には、空気読まず岡山の話などして、今更後出しジャンケンの如く論じてみるというのも気が引けるのですが、そこは花羅クオリティという事でご容赦頂きたいものです(え

参考文献 SのDIY的生活様
     Terraform(鶯屋)様

この件についての世間の反応は、主に以下のタイプに分かれます。続きを読む

コミックトレジャー参加レポその2

前回よりだいぶ間が空いてしまったが、コミックトレジャーレポートの続きを。
コミックトレジャーの運営上の工夫を幾つか列挙させて頂く。


メイド隊ドリンクサービス。
 毎年恒例だが、ドリンクサービスは喉の乾いた一般参加者には有難い。

サークル掲示板
 会場内に設置。オンラインの掲示板ではなくオフライン。
 サークルは自らのアピールが出来るし、一般はそれを眺めて楽しんだりサークルを探したり。コミコミにもあったような気がするが、サークル・一般の交流創出の足しにはなるか。

らくがき板
 これも会場内に設置。サンクリにも(ry
 

#↓はどちらも板を用意するだけ、運営的にも人手を取られずに済む企画であり、人手の足りないイベントには使える企画だろうか。


ぅタログ内 サークルリストの工夫
 規模の大きいイベントであれば、索引的な用途でサークルリストは必須である。
 コミケではサークル名五十音順の索引を用意、(サンクリなど)気の利いたところならサークル名五十音順に加え、ペンネーム五十音順も用意している。
 トレジャーは更に進化している。この2つに加え、ジャンル別サークルリストも用意している。サークルリストの活用方法は人それぞれであり、ジャンル別リストは不要と感じる方もいらっしゃるであろうが、少なくとも自分は相当に重宝した。続きを読む

コミックトレジャー参加レポその1

関西腐女子最大の祭典「ComicCity」への参加を終えた自分は、尼崎に宿を取った。
何故尼崎かと言うと、東横インの開業直後のキャンペーン料金1泊3,950円に釣られた、とだけ申し上げておこうw
というわけでその翌日、ComicCityと同じ経営母体「ケイ・コーポレーション」が運営する(主催社名はシティが「赤ブーブー通信社」に対し「青ブーブー通信社」)男性向けイベント「ComicTreasure」(以下トレジャー」と表記)に参加した。

大阪の男性向け市場は、かつて「冬の時代」と呼ばれていた。
昔には幾つかの男性向けイベントが存在していたが、一時期目ぼしい男性向けオールジャンルが全く無く(シティもご存知の通り、女性向けに特化している)、男性向けのサークル・一般は、名古屋のメンコミに遠征するか、或いは東京のレヴォ等に遠征するしか無かった。続きを読む

大阪コミックシティに逝って参りました

1月8日は、インテックス大阪開催の同人イベント「コミックシティ」に参加した。
コミケ後の日程ゆえ、当然の事ながら普段のシティに比べ人気は高いが、この1月のシティは他時期のそれに比べ人気が高い。
サークル数もここ2年、募集13,000spを軽く満了している。
この1日13,000spという数字は、1日当りのsp数という観点から見ると、コミックマーケットすらも凌ぎ日本最大規模と言える。(尤も、一般も含めての動員数はコミケに比べれば劣るが、それでも推定6万は動員している筈である)

シティ大繁盛の理由は色々考えられるが、一番大きな理由はコミックマーケットの2日間開催により多数の落選者を出した事であろう。コミケに落ちたサークルが力を発揮するに手っ取り早い「場」は、その直後のコミックシティである。コミケに落ちたサークルが、シティに流れる、という構図である。
夏コミ後のシティが2日に分けての開催であるのに対し、今回のシティが1日に集中されての開催、という点も見逃せない要因である。一般もサークルも、全てこの1日に集中する為、自然に盛り上がる。サークルも1月は盛り上がる事を察し、1月に申し込むようになる。好循環である。

当日、諸事情あって昼1時頃にインテックスに到着した。
最寄駅の中ふ頭を降りると、電車(ニュートラム=有明で言えばゆりかもめに相当=)を待つ腐女子お姐様の列・列・列……。
電車と言っても輸送キャパシティの小さいニュートラム。既に昼1時の段階で捌ききれない様子。改札は入場制限がかかっていた。
ニュートラムに並ぶ列、長さにして約300m。しかもこれは、まだ午後1時を回った段階である。
ちょwwwすげww何でこの時間帯にこんな人いるわけwww続きを読む

地方イベントの課題 岡山「独自の」課題

先日紹介した岡山コミ連様だが、主催氏が、現在の地方イベントのサークル数減少傾向の現状について、非常に的確かつ判りやすい指摘をされているのでご紹介申し上げる。
「ぶちコミ」イベントパンフ内コラム「GAKUYAOCHI」より抜粋。
地方イベントを考える上で、非常に示唆に富むご指摘であると思う。
いや、地方のみならず、都心部のオンリー苦戦の要因にも当てはまるかもしれない。

=====(以下抜粋)========
◎インターネットの発達により、自己主張の手段としてわざわざ苦労して同人誌を作らなくても満足出来る方法(ホームページや掲示板)が生まれた事。
◎地方で開催されるイベントにわざわざ直接参加しなくても、同人誌を扱う書店が全国に出来た事。
◎自分が直接地方のイベントに出向かずとも、地方の人との交流はインターネットを介してチャットででも出来る事。
◎〆切に悩まされながら苦労して同人誌を作らなくても、自分のホームページにイラストをアップしておけばそこを訪れる人の反応も判るから満足出来る事。


こう言う理由で、大抵の場合作るのに苦労と努力をしなければいけない同人誌を作らなくなったり特にイベントに参加しなくても不自由さを感じなくなったために、サークル参加をしなくなったのです。
ただ、コスプレに関しては直接イベントに参加して仲間と交流しないと面白くありませんから、ドンドン参加してくれているのです
これが、現在の地方イベントの現状です。
=======(以上)========続きを読む

CNからDMが今来た

福岡の老舗イベント「コミックネットワーク」
福岡ヤフードームでの開催が最大規模のイベントで、これは年2回開催される。
いつもコミケ後に設定している事もあり、それなりに多くの一般・サークルが参加される。
今冬は、サンクリと被ってしまうのが残念ではあるが(男性向けと地方だから余り影響は無いだろうが)、1月29日の開催である。

サークル参加のお誘い、という事でDMが自宅に届いた。
過去のサークル参加者にDMを送るのは、ある意味当然の戦術である。
但し、届いたのは、1月6日本日。

遅すぎだよヴォケ!!!続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はメールにてどうぞ。
メールアドレスnuregus★yahoo.co.jp
*★を@に置き換えて下さい。
mixi ID : 557000 (e-mailですと迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。確実返信が欲しい時は、メールよりmixiの方をお勧めします。

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ