STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

北海道留萌市の町おこし策

北海道留萌市。
人口1万人ちょいのこの地方都市にふさわしい町おこしを思いつきました。


留 萌

この字をよく見て下さい。

考えてみればすごい文字です。


漢文的に「留」と「萌」の間にレ点を付けることが可能です。
レ点を入れれば「萌えを留める」と読みます。
「名は体を現す」という諺がありますが、これを地名に置き換えれば、留萌は「萌えの充満している街」と言えましょう。

となると留萌の町おこし策は決まってます。
萌えで街おこし、留萌秋葉原化計画作動!です。

そういえば留萌の町、もうつぶれてしまったようですが、数年前まで同人専門店舗がありました。(ソース:今は無きニフティ同人フォーラム)
通常大都市にしかないヲタ店が、人口1万人ちょいのこの町に存在していたこと自体驚きですが、これこそ留萌の町にヲタ的土壌があることの動かぬ証
というわけで留萌はヲタで町おこしをするべきなのです。


方法は色々あります。
商業的には印刷会社やネット販売系の同人店舗の誘致。広大な土地は倉庫に最適です。ネット通販に特化したサイトの運営事務所の誘致も一策です。
また、札幌にはゲーム会社が多いですが、ゲーム会社の誘致作戦も一つの試みでしょう。

観光的には、留萌ヲタ博物館の設立。
コミケット準備会の協力を仰ぎつつ、過去から現在までのヲタの総合展示館を目指します。
道内外を問わず、多くのヲタが巡礼する様が目に浮かびます。

同人誌即売会を誘致するのも一つでしょう。今回のコミケットスペシャルの「次」も準備会は考えてます。5年前の沖縄リゾコミに対抗して、(今回は24時間耐久になりましたが)北海道でやろうという話も出たほどです。
今回は24時間ということでポシャりましたが、次は萌えの街留萌でどうすか?と誘致を仕掛けてみるのも良いのでは?

繰り返しますが、ありきたりの街おこしなんてのは同じような事やってる自治体が多い以上、競争です。
萌えを最大限に利用した街おこしは、留萌という名を持つこの街にしか出来ない事です。
ナンバーワンではなくオンリーワンを目指すべきではないでしょうか。

今、留萌市の新たな挑戦の時が来た。

珊瑚三兄弟

今どこのマスコミも、某ラジオ局の所有権を巡り、某よろず屋さん的企業vs某テレビ局との争いを報道されてます。
これについての意見は現段階では差し控えますが、この争いのちょっと手前に、相当泥沼な争いが一個あった事を思い出して下さい。

あれですよ先生。

NHK vs 朝日新聞


これも互いが一歩も引かず今だに決着が付いてないわけで。
どっちも互いを嘘つき呼ばわりしてますが、意見が真っ向から異なる以上、どっちかが嘘をついているのは間違いないでしょう。

NHKは諸々の不祥事があるから世間的な印象悪く、どーせまたNHKが何かやらかしたんか、と色眼鏡で見られてしまいがちです。
一方の朝日も「珊瑚」の一語を持ち出せばそれだけで非常に疑わしい色のフィルターがかかって映るわけで。
朝日記者が「マスコミが捏造なんてしないだろ」とこの一件について自分のブログで主張したら、「珊瑚」の一語で論破されブログを閉鎖した、という事件もございます。

ん〜〜流石に「珊瑚」を持ち出されると朝日の旗色が悪いような気がするのは気のせいでしょうかねえw

参考スレ
【朝日記者】 自分のblogで反論に答えられずにblogを閉鎖 【珊瑚】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1108096613/


ちなみに今回の一件、俺的にはどっちが正しいじゃなくて、NHKの内部告発プロデューサーの告発を無批判に信用するな、と言いたい。
内部告発は一般的に「勇気ある行動」と見なされるから、それに疑いの目を向けられる事は余り無いのでしょうが、それが虚偽・誇張が入ってない、という保証は全く持ってないわけであります。
かく言う私も、かつてネット世界でですが、内部告発に虚偽・誇張を交えた捏造を周囲に広められ信用を毀損された、という苦い経験があります。その経験ゆえに、どうしても「内部告発」に対する疑いと警戒は持たざるを得ない訳です。

24時間耐久コミケットスペシャル

24時間耐久コミケットスペシャルのカタログを買いました。
これはお目当てのサークル、大手など特定のサークル目当てで即売会に参加する人、企業ブースでキャラグッズを求める人には向かないイベントかもしれません。

何ていうか、古き良き同人誌即売会のような、色々なサークルをぶらりぶらり散策して素敵な本と出会う楽しみがあるような気がします。
神保町の古本屋を巡って隠れた素敵な本を見つけ出す楽しみに近い感覚でしょうか。

今回はコミッククリエイション的な「企画サークル」が非常に多いです。
本やグッズの売り買いという既存の即売会の枠を超越した、24耐コミケだからこそできる企画も多く用意されています。これはサークルが企画することもあれば、主催のコミケット準備会側が企画する事も。

個人的に面白そうな企画を挙げてみます。

・駄菓子やオリジナルガチャポンを用意するサークルさん
 ⇒ 縁日気分を味わえそうです
・同人レトロBAR ⇒ 赤ブーのT田さんがマスター役でバーを開く
       T田さんと語ってみたいですw
・日本SF大会 ⇒ 過去のSF大会の様子を展示。文化祭っぽい?
・24時間耐久ネットラジオ(;´Д`)
・Nゲージ走行会
プラレール走行会 ⇒ 改造プラレール持込可。最速を競えw
・テラスから絶叫 ⇒ 煩そうw
・四国同人界20世紀博 ⇒ 四国の同人イベント20年史の展示
・オンリーイベント主催者講座 ⇒ 主催経験者がオンリーのノウハウを講義

同人誌やグッズを売るっていうより、文化祭で展示や模擬店を始めるようなノリでしょうか。お祭りムードを楽しみたい方は、是非こういう企画モノに参加されてはいかがでしょう。



そういえば愛知県の南知多町・美浜町が合併協議を進めており、その中で町民の意向そっちのけで新市名を「南セントレア市」になろうとしてました。
流石に住民投票で否決され、南セントレア市誕生はご破算となりましたが、age発(名鉄上ゲ駅発)のツアーも出ちゃうようなご時世です。
その内age発の次は南セントレア発のツアーを、とかどっかの馬鹿が言い出すんじゃないかと期待しておりましたが、今回の合併破算でその期待は淡くも崩れ去りました。

つっても肝心のセントレアから南セントレアまで電車で1時間20分、バスでも40分くらいはかかるんですけど・・・。
全然南セントレア市民の皆さんにとってセントレアは身近じゃないような・・・。
大体市町村合併で一番の難関は新市名なんだから。市名で合併が破算になるケースは結構多いわけで。他の市町村が当たり障りも面白みも無い呼称にしてるのも、最大公約数的なものを選ぶことで市民感情を刺激しないようにしてるのがその理由。
南セントレア市を選択した人って、本気で合併進める気があったのか疑問。


というわけで本日のお勧めスレ。
僕の肛門もアナルセントレア市に改称されそうです

JTB萌えるるぶレビュー

近日中にブログを移転予定ですが、新ブログが見つかるまではしばらくライブドア殿にお世話になる所存に御座候。
何故移転するかについてはブログ移転後にお話させて頂く所存也。

2ちゃんねるプラスが休刊らしいです。⇒
雑誌は休刊するものの2ch系の本の出版は続けていく意向。
長い間お疲れ様でした。

今日の買い物:
24時間耐久コミケットスペシャルカタログ(3月21日開催)
萌えるるぶ(JTB出版)

実は萌えるるぶは、JTB殿より依頼を受けてとあるツテで宣伝のお手伝いをしていた経緯もあり、気にはしておりましたが、今日ついに秋葉原でゲット。
表紙に萌え系のイラストが描かれており正直引くが、カバーを取ると通常のるるぶに似た装丁。街中で開ける装丁にしたあたりは親切なつくり。
内容は秋葉原・新宿・池袋を中心にその手のお店を幅広く紹介。大手同人店舗からコス専門店、メイド喫茶に至るまで幅広いジャンルを取り扱っており、東京初心者のヲタには向いている本だと思いました。

ただ気になった事としては・・・

1.2ch語が多い
 例)「オタク」ではなく2ch的方言の「ヲタ」がデフォルトになっている

2.何でガイドブック本なのに広告が「これが私のご主人様」「ネギマ」なのか小一時間(ry

3.その手のお店が恐ろしい程に充実しているのに(そこは高く評価すべきだが)一方で食事関連の案内が不足気味では?

4.ヲタ(特に男ヲタ)は臭いゆえ、風呂場を紹介しようとする姿勢は高く評価したい。しかし、3同様その手のお店が充実している事もあり、相対的に紹介が物足りないように思えてしまいます・・・。
(冷静に読み返すとそこそこ充実してるんですけどね)


そして一番気になる事としては、今回の対象を男ヲタに絞っている点。
つるぺた系ょぅι゙ょをマスコットキャラに据えている事や、編集後記に「次はBL系でいきましょう」などと編集者が語っている事を見ると、編集会議を経て男性向けの本編集にした事が伺えるわけですが。
その手のお店の紹介が充実、と申し上げましたが、事実、KACショップや明輝堂、アインなどの女性向けのお店は今回全く取り上げられておりません。

ただ、私が思うに、男性ヲタにはこの手のガイドマップは不要のように思います。むしろ女性ヲタに絞った方が良かったんじゃないかなあ、という気がします。

一般的な傾向として(一般論として)お話しますと、男性は「自分で勝手に調べて行く」傾向があり、女性に比べ行動的な側面があります。

また、女性向け同人ユーザーの大半は年齢が比較的若く(地方の同人誌即売会に行けば中高生〜20代前半が多いです)、一方で男性向けは高年齢化しております(男性向けイベントでは20台前半〜30台前半が主力ではないかと)。年齢が高いという事はある程度知識や経験がある、すなわちガイドブックなんぞ不要!という事になります。
一方、女性ユーザーの大半は年齢層が低く、初心者率も高い。
こういった方々にこそ、このガイドブックは重宝するんじゃないか?そういう気がします。

また、いくら男性向けがコミケ3日目の熱気がすごい、サンクリやCレヴォも凄い熱気だ、と言っても、同人界全体を見渡せば女性向けとは規模が圧倒的に異なります。
女性向けオンリーの、男性向けのそれに比べての圧倒的な多さ。参加サークル数においても、コミケ・オールジャンルイベント・地方イベントと殆どのイベントにおいて男性向けより女性向けの方が圧倒的に多いです。
こういった事情を考えると、市場性でも女性向け市場の方が圧倒的に優位であるように思います。

という事で、今回の「JTBるるぶ」の新しい試み、購買適性・市場性両方の観点から女性向けにターゲットを絞った方が良かったのでは?と思いますが、皆様いかがでしょう?
つくりが非常に実用的、「わかっている」感じの編集であったがゆえに、惜しまれるのはやはり女性向けを狙わなかった事でしょうか?

新年のご挨拶をしてないのですが・・・・

いや、言い忘れてしまいましたが(汗

喪中、という事で本年は年始の挨拶を控えさせて頂いております。
皆様ご理解ならびにご容赦の程をお願い致します。
まあ、こんな感じで片手落ち、相変わらずいい加減なこの日記ですが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。


例のクラック事件について一言。
今回の一件をロックの反体制的嗜好と結びつけて語る向きもあるようですが、今回問題になっているのは

「残虐な殺害映像を(ライブという)公共の場で放映する品格の無さ」

だと思います。これが半スボソ4号香田君じゃなくて政治家や文化人の殺害映像であっても世間の批判は同種のものであるように思います。
まあ、民衆から嫌われる独裁者だとか、麻原尊師のように世間から煙たがられる犯罪者の殺害映像とかなら逆に民衆の喝采を受けるかもしれんですがねえ。それでも煙たがる人は煙たがるがなあ。
てゆーか日本には、(昔はあっただろうけど今となっては)死者をさらし者にする風習は無いし


つか、何が腹立つかというと、

殺害映像なんてアブノーマルなもの流してるアテクシカコイイ!

的な幼稚な嗜好だな、この人たちの。
まあ前回もお話しましたけど、この人達は自分のやらかした粗相の代償を何らかの形で身をもって払う事になるのでしょうねえ。

珍走団に激しく失望

年末になると毎回騒ぎを起こす「初日の出暴走」。
河口湖での初日の出を見るために、珍走団諸君が中央道を一路西進、河口湖で大騒ぎの展開です。
大晦日に大雪が降り、暴走するには少々厳しい条件。
おいらは香具師らが、車田正美や本宮ひろ志の世界そのままの硬派なのか、それともただの甘ちゃんヘタレか。それを指し示す試金石ではないかと思ってました。

正直おいらは、香具師らの「硬派」としての根性に期待を寄せていた側面がありました。
だって毎年毎年あんなクソ寒い中を二輪で快走、警察の規制を乗り越えてわざわざあんなクソ寒い河口湖に行くわけです。
それなりの根性が無ければ出来ないでしょう。
そういうわけで俺は彼ら珍走団諸君の根性に期待を寄せていました。
まあ、雪もあるし例年のように多数は来ない、でも100人くらいは河口湖めざし根性で爆走する「漢」がいるはずだ。そう思ってました。


しかし、その結果

初日の出暴走2005
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/4649/1103552026/
関東圏内大雪で初日の出暴走どうなる?
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/news/1104472747/

全 然 こ い つ ら ヘ タ レ じ ゃ ん

雪ごときで走るのやめるんなら最初から走ろうなんて考えるなこのヘタレどもが。とおいらは激しく失望しました。
こいつらがここまでヘタレだとは思わなかったわペッ

よっぽどこの連中の方が根性座ってると思うのですがいかがでしょうか。

北海道ツーリング総合スレ 04-14【合縁奇縁】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1097879875/

宗谷岬まで二輪走らせてそこで年を越す。
どうよ、彼らこそ根性座ってる、真の「硬派」というべき存在でしょう。
こやつら珍走諸君に亀頭の垢でも煎じて飲ませたいものです。まったく。

コミケ体験記

今年も一年を締めくくるべく、有明ヲタ祭りに参加して来ました。
今回は29日、30日両日参加。
2日間開催の為、落選のサークルも多く、サークルさんにとっては辛い状況が重なってる感もありますが、買う側としては「買いたいサークル」さんが本来3日に分散されているところ2日間に濃縮されている感もあり、例年のコミケよりも内容が濃く忙しいコミケになっているような気がしました。

今回は友達との再会よりも、「買う」方が優先のコミケだったような気がします。
前回夏は、友人との再会に重点が置かれており、結果、コミケへの参加は2日目30分、3日目30分、3日間計1時間の滞在という悲しい結末に・・・。
まあ、全く何も買えなかったわけです(汗
今回は、そのリベンジを果たす意味と、新しくハマったジャンルの本を購入したい、との思惑から「買う」事を優先したコミケでした。

その結果はというと、戦利品はたっぷり得られました。
1日目の目当て某ジャンル、訪問時間が遅かったため完売で購入できなかったサークルさんも幾つかございましたが、それでも10冊以上は購入。かつ他ジャンルでも目当てジャンルの本を置いていたケースが多く、総計20冊以上は購入。
2日目も、夏に訪問すらできなかったサークルさんを幾つか訪問。買えなかったお目当ての本を多数購入。お目当てのブースにも多く顔を出す事が出来、サークルさんともお話を出来たのは収穫です。

その分、犠牲も強いられました。
前回まで幾つかのサークルさんと飲みにいったり、友人とお茶したり、何て事ができましたが、今年は買うの優先になった代償でしょうか。今年は全くお茶も飲みも無し_| ̄|○
尤も、俺の場合、諸事情によりコミケ滞在時間は一般人に比べ著しく絶対量少ないわけで・・・。二兎を追うのは難しいのかもですね。

「買う」方ではそこそこ成果を収めましたが、「飲み」「お茶」ができんかったのは非常に残念。まあ、両方満たせるのは別の機会を待つしかあいのでしょうなあ・・・・。
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はメールにてどうぞ。
メールアドレスnuregus★yahoo.co.jp
*★を@に置き換えて下さい。
mixi ID : 557000 (e-mailですと迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。確実返信が欲しい時は、メールよりmixiの方をお勧めします。

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ