STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2019/5/4開催「資料性博覧会」ステージ登壇!

以前「資料性博覧会」でアニメ町おこしに関するプレゼンを行いましたが、2年ぶりに登壇します!
今回は、演題も変え、サークル「みるく☆きゃらめる」様・吉本たいまつ氏と共に登壇します。

<スケジュール>
13:30〜13:55
STRIKE HOLE/みるく☆きゃらめる
「1980年代以前の同人界−同人誌印刷の歴史を中心に−」 吉本たいまつ
「1990年代以後の同人界−同人誌即売会の動向を中心に−」 花羅


持ち時間が短いのに、簡潔に語れるよう努めて参ります。
久々のステージです。宜しければ皆様、是非聴きに来てください!

doujinhistory_presen_01


doujinhistory_presen_02

2019/4/7 情報系同人誌即売会『おもしろ同人誌バザール』参加レポート

同人誌即売会の世界において、ひと昔前までは、「評論・情報系」のジャンルは、マイノリティであった。
私が同人の世界に入った頃のこのジャンルは、せいぜい100を超えるぐらいの、小規模なジャンルに過ぎない。男性向けジャンルと、旬ジャンルとの「緩衝材」的な配置になることも、決して少なくはなかった。

それが今だと、果たしてどうなってしまったのか。
コミケなら、1000サークル超えとも聞く。
「評論系」として類されるオンリーイベントも、複数登場している。

「文学フリマ」「コミティア」等文章系の即売会も堅調に推移しているが、評論・情報系サークルの増加が、これらのイベントにおける参加サークルの押し上げにも貢献しているはずだ。

もはや「評論・情報」は、決してマイナージャンルではない。
というわけで私は、情報系即売会『おもしろ同人誌バザール』に、サークルとして久々に参加させていただいた。

参考リンク:2017年10月28日付『10/28 都内 評論・情報系オンリー「おもしろ同人誌バザール」』

◆◆目次◆◆
1.評論・情報系同人誌即売会の歴史
2.評論・情報系全般を網羅する『おもしろ同人誌バザール』
3.当日の様子
続きを読む

2019/3/31 愛知県蒲郡市開催・駅メモオンリー『ねこぱん通りま〜す!!』参加レポート

『ステーションメモリーズ!!』(通称「駅メモ」)は、駅をチェックポイントとした位置ゲーム。2014年頃からサービスが開始されている。
私の周囲でも、鉄道クラスタの皆様中心ながら、ユーザーは決して少なくはない。
女の子キャラが登場するということで、二次創作にもなる。オンリーイベントも登場する。ここまでは、まあ分かる。
だが、開催地が愛知県蒲郡市とな。なんでわざわざその場所でやんのよー?
というわけで、筆者は愛知県蒲郡市に急行した。

◆◆目次
1.位置ゲームと観光振興
2.流浪?のイベント『ねこぱん通りま〜す!!』
3.静かな海の町も、会場内は一変し賑わいを見せる
続きを読む

2019/3/24 長野県茅野市蓼科高原『サンライズクリエイションin茅野』参加レポート

全国各地、いや海外にまで触手を伸ばし、クソ即売会を量産し続ける同人誌即売会主催団体「SDF」が、また新たなクソ即売会を世に送り出した。

SDFの地方開催・聖地開催の同人誌即売会としては、艦これオンリー『砲雷撃戦!よーい!』が有名だろう。本年(2019年)2月に舞鶴で開催された『砲雷撃戦』は、これまでにない大盛況と聞いた(というかキャパオーバーっぽい?w)。

ただ地域によっては、『砲雷撃戦』単体開催ではなく、複数オンリーによる合同開催形式として、『サンライズクリエイション』(略称:サンクリ)名義で開催されることもある。
(過去には『SDF祭』等の名義で開催されたこともあったが、この名称が気に入ってるご様子で、最近のオンリー合同開催ものはだいたい『サンライズクリエイション』名義だ)
鹿児島県鹿屋市、那覇市、京都市。海外では台湾高雄市・香港。これらの地域で、『サンライズクリエイション』は開催された。

んで、今回は蓼科湖畔での開催とな。
…なんで寒さもまだまだ残る3月に、標高1000m超の山の中まで行かねばならんのよ俺たちはw
てか、どうしてわざわざ【蓼科高原】を開催地として選んだのさw
我々は、面倒くさがりながらも、長野県茅野市蓼科高原に急行した。


◆◆目次
1.茅野市とアニメ「聖地」町おこし
2.「茅野市アニメ聖地プロジェクト」から「じげんの橋プロジェクト」へ
3.交通不便な蓼科ならではの工夫
4.じげんの橋フェスタとの併催形式で、SDF地方開催即売会の「必勝パターン」に


IMG_20190323_193008
続きを読む

3/3 佐賀県唐津市開催『大九州合同祭21.5』参加レポート

3月3日は、佐賀県唐津市で開催された同人誌即売会『大九州合同祭21.5』にサークル参加させていただいた。
唐津市は、アニメ『ユーリ!!!』(2016年)の舞台に起用され、アニメ「聖地」として、にわかに脚光を浴びている。最近では、アニメ『ゾンビランドサガ』(2018年)の舞台としても注目を集めている。
この手の聖地開催型イベントは、作品の「聖地巡礼」も兼ねての遠征となるから、即売会参加の楽しみに「聖地巡礼」の楽しみも加わり、一粒で二度美味しい。
私は、迷うことなくサークル参加を決めたw

◆◆目次◆◆
1.アニメランド・佐賀唐津
2.『ユーリ!!!』オンリー聖地開催としての動き
3.急遽併催された『大九州合同祭』
4.聖地巡礼を経て即売会会場へ
続きを読む

【告知】「同人誌即売会史研究会」に登壇します!

昨年末の冬コミで「同人誌即売会史(1990年代)」を刊行し、同人即売会開催史に一石を投じた自分ですが、お招きをいただき、4月6日開催「同人誌即売会史研究会」にパネラーとして登壇することとなりました。

主催の吉本たいまつ氏は、サークル「みるく☆きゃらめる」にて、同人誌印刷の歴史を研究されております。その過程で、「コミックシティ」でもおなじみ赤ブーブー通信社・田中圭子社長へのインタビューを敢行するなど、同人誌即売会の歴史にも研究のフィールドを広げておられます。

第一部は、吉本氏によるプレゼンテーション。
そして第二部は、私も登壇し、吉本氏とともに「同人誌即売会開催の歴史」についてのディスカッションを行います!
皆様、お誘いあわせの上、是非お越し下さい!

●開催日時:2019年4月7日(日)17:00〜20:00
●開催場所:武蔵野市御殿山コミュニティセンター1階 第一会議室

*事前予約が必要です。予約はGoogleフォームツイプラにて。


doujinshisokubaishi01

【新刊のお知らせ】今回は唐津市!アニメツーリズム(コンテンツツーリズム)研究本刊行!

STRIKE HOLEは、3月3日、佐賀県唐津市開催「大九州合同祭」にサークル参加します!
唐津は、アニメ「ユーリ!!!」の聖地として一世を風靡。また、昨年には「ゾンビランドサガ」の舞台としても起用されるなど、近年急速に「聖地化」が進んでいる町です。
聖地開催となるユーリ!!!オンリー「はせつの宴」を軸に、「大九州合同祭」も唐津で併催される今回。STRIKE HOLEとしても、唐津を舞台としたコンテンツツーリズム研究本を新刊として発刊し、唐津に臨むつもりです。

宜しければ是非、お立ち寄り・ご一読下さい!

(以下、内容の詳細を語ります)続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はTwitterかmixiでお願いします。

Twitter ID:hanara_striker
mixi ID : 557000

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ