今どこのマスコミも、某ラジオ局の所有権を巡り、某よろず屋さん的企業vs某テレビ局との争いを報道されてます。
これについての意見は現段階では差し控えますが、この争いのちょっと手前に、相当泥沼な争いが一個あった事を思い出して下さい。

あれですよ先生。

NHK vs 朝日新聞


これも互いが一歩も引かず今だに決着が付いてないわけで。
どっちも互いを嘘つき呼ばわりしてますが、意見が真っ向から異なる以上、どっちかが嘘をついているのは間違いないでしょう。

NHKは諸々の不祥事があるから世間的な印象悪く、どーせまたNHKが何かやらかしたんか、と色眼鏡で見られてしまいがちです。
一方の朝日も「珊瑚」の一語を持ち出せばそれだけで非常に疑わしい色のフィルターがかかって映るわけで。
朝日記者が「マスコミが捏造なんてしないだろ」とこの一件について自分のブログで主張したら、「珊瑚」の一語で論破されブログを閉鎖した、という事件もございます。

ん〜〜流石に「珊瑚」を持ち出されると朝日の旗色が悪いような気がするのは気のせいでしょうかねえw

参考スレ
【朝日記者】 自分のblogで反論に答えられずにblogを閉鎖 【珊瑚】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1108096613/


ちなみに今回の一件、俺的にはどっちが正しいじゃなくて、NHKの内部告発プロデューサーの告発を無批判に信用するな、と言いたい。
内部告発は一般的に「勇気ある行動」と見なされるから、それに疑いの目を向けられる事は余り無いのでしょうが、それが虚偽・誇張が入ってない、という保証は全く持ってないわけであります。
かく言う私も、かつてネット世界でですが、内部告発に虚偽・誇張を交えた捏造を周囲に広められ信用を毀損された、という苦い経験があります。その経験ゆえに、どうしても「内部告発」に対する疑いと警戒は持たざるを得ない訳です。