STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2005年11月

聖闘士星矢ジャンルがが妙に元気な件

一昔前に一斉を風靡したジャンルですが、未だに根強い人気を誇っているのには驚き。
コミケでも常時100spはキープしてますし、ユウメディア主催の「パラダイス銀河」は250spを突破して大盛況だった模様。ユウメディアも男性向けを中心に評判の悪いイベントも多いですが、女性向けは安定した支持を得ているのでしょう。
既に連載もとうの昔に終わって言わば「死んだジャンル」であるにも拘らず、今だにオンリーが大盛況というのは凄まじい。

続きを読む

ガタケットの頑張りに学ぶ5

首都圏以外のイベントが軒並み衰退を見せ、東京一極集中を強めている昨今の同人イベント事情ですが、ガタケットの元気さが目立ちます。
本日、ガタケット84が開催されましたが、今回のサークル数は1200サークル・1400スペ。
規模的には、10月23日に開催されたコミックキャッスルをちょい越えくらいの集まり具合です。

いかに漫画王国新潟と言えど、新潟市は人口80万人。周辺地域も含めても、100万弱の商圏。
少ない市場規模の中、これだけのサークルスペースを集められる事は、掛け値無しに大健闘ではないでしょうか。
新潟の市場規模の小ささに対する健闘ぶりは、漏れが独自に編集した「同人人口密度一覧表」をご覧下さい(PDF対応)。
人口に対する同人比率の高さにおいて、他地方都市に比べ新潟の突出が一目瞭然です。続きを読む

小泉×森 小泉耽美劇場5

今更なんですが選挙の総括を・・・

小泉自民党が衆議院で300議席弱、与党公明党も含めると330議席と定数の2/3を占める歴史的大勝を飾ったのは9月の事です。
いや、流石に今回は普通に自民党が勝つとは思いましたけど、まさかここまでの圧勝になるとは・・・。勢いのある方が、その政党の実力以上に大きく議席を伸ばす、是非はあるかもしれませんが、これが小選挙区の醍醐味というものではないかと思います。

んなこと言ってもこの俺は、自慢じゃないですが選挙始まってからしばらくは自民党を心情的に応援しておりましたが、2chやmixiで民主党叩きが強まり、自民優勢が選挙で報じられる選挙終盤になっていきなり

「今こそ全逓の踏ん張りどころだ」
※全逓:現在のジャパンポスト労組。郵便局員の労働組合で当然郵政民営化反対。民主党の有力支持団体の一つです。

などと称して民主党を応援し始めたという、まさに沈む泥舟に逃げ出す鼠…じゃなくて沈む泥舟に特攻する鼠って感じの転向を敢行し自民支持者に激しく喧嘩を売ってみたアイタタ人間です。
・・・いや流石にひねくれ者にも度が過ぎる気もしますが。


そこで今回の選挙、何故自民党が大勝したか。
イデオロギーや政策的見地から検証すると色々と揉め事になりそうですので(政治信条の違いは互いに譲れないものがありますので、そういったのには余り触れたくないです)、今回、自分としては同人的見地から自民党大勝の原因を検証したいと思います。
続きを読む

同人トークライブイベント5

「同人イベントトークライブ〜革命後の秋〜」
2005/12/4 新宿:ロフトプラスワンにて開催

主催者は、同人イベントの検索サイトとしてお馴染み「ケットコム」の管理人かつ男性向け・女性向け問わず多くのイベントを手がけ成功させている鷲見秀典さん。

本日現在発表されている概要を抜粋致します。

>【司会】
>鷲見 英典(ケットコム代表)
>
>【出演】
>水内 康雄(「巨乳っ娘」準備会代表、「コミックキャッスル2005」副代表)、
>小池 義昭(「高天原」代表)、
>小島 忠隆(「コスチュームカフェ」代表)、
>前川 浩史(「SDF」代表)、
>鈴木 龍道(「博麗神社例大祭」代表)

サブタイトルの「革命後の秋」という語より、男性向け最大のオールジャンルイベントだったコミック・レヴォリューションの終了後(同イベントは2005年4月に終了)、男性向けイベントの勢力地図がどんな風に変わるのか?というのがテーマになると察せられます。
続きを読む

スクール水着狩り しかもクロス・ボンバーで5

ご無沙汰しております。
10月は出張で忙しく日記の更新が全くできず、11月の今になってやっと更新です。
9月の日記だって、旅行記書こうと思ってて書きかけになっちゃいましたしねえ。
まるで情事の途中みこすり半のとこで止められた(以下自粛)


・・・まあそんな感じで久々な日記なわけです。
色々と、考えていた事もございましたし。
とは言え、所詮完璧超人の末席に名を連ねる自分としましては、考える事などたかが知れております。

ネプチューンマン様リスペクトの身としては、やはりクロスボンバーの習得を。
そして和泉元彌様リスペクトの身としては、やはり「ハッスル」でのプロレスデビュー時に披露された必殺技「空中元彌チョップ」の習得を今秋の目標に据えているわけでございます。
「運動の秋」にふさわしい目標であると自負致しております。肉体の鍛錬を怠らず、早くこれらの技を己のものとして身に付けたい、それが自分の願いでございます。


さて、秋は狩りものの季節です。
ぶどう狩り、りんご狩り、松茸狩り、きのこ狩り。
秋の味覚狩りは秋を楽しむ一つの方法です。

クロス・ボンバーによるマスク狩りお馴染みの秋の味覚ではございますが、今さらマスク狩りも飽きが来る昨今。
自分としては、クロス・ボンバーによるスクール水着狩りを激しく提案させて頂きます。

要はどういう事かといいますと、ネプチューンマンと二人で女子校の体育の授業に繰り出し、そこでマグネットパワーをMAX上昇させます。
そこで女の子めがけてクロスボンバーです。
何という素晴らしい作戦でしょうか。
不法侵入行為で捕まるのは目に見えておりますが!!!

しかしここで唯一の問題点があります。
クロスボンバーによるマスク狩りの場合、クロスボンバーによりぶつかる力が行き場を失い、その力作用は上方に求められます。これによりマスクが脱げ、ネプチューンマンのコレクション入りするわけです。
しかし、スク水の欠点は股間の布地です。力作用が上方に逝っても股間の布地が股間に食い込むだけで、スク水を脱がすところまでは逝きません。まあ股間に食い込むのもそれはそれでハアハアですが、クロス・ボンバーによるスクール水着狩り、というこのブログの趣旨に反します

それでは、逆に下方向に力作用を求めるようにしてはどうか。
下方向の場合は、肩ひもが肩に食い込むかも、という弱点はありますが、股間に食い込むよりは脱げやすいでしょう。肩ひもも細いので、食い込むうちに破れてしまうかもしれません。
そうなればしめたものです。
肩ひもという邪魔さえなくなれば、クロスボンバーの力により下に作用の働くスクール水着を邪魔するものはありません。
めでたくスクール水着は脱げ、スクール水着をネプチューンマンのコレクションに加える事ができます。

現在、ネプチューンマンは「週刊プレイボーイ」内「キン肉マン2世」でまたマスク狩りを始めてますが、自分は声を大にして申し上げたい。

マスク狩りなんてダサイ事おやめなさい。
今はスクール水着狩りの時代ですよ。


と。

今こそネプチューンマンは、クロス・ボンバーによるスクール水着狩りに本格参戦すべきであります!!!


(そんな事本気で実験しようとする変質者物好きはいないと思いますが、女の子を公衆の面前でひんむく行為は犯罪です。また、男子高校生諸君は体育の授業で女の子にクロスボンバーをかけないよう、良識のある行動をお願い申し上げます)
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はメールにてどうぞ。
メールアドレスnuregus★yahoo.co.jp
*★を@に置き換えて下さい。
mixi ID : 557000 (e-mailですと迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。確実返信が欲しい時は、メールよりmixiの方をお勧めします。

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ