STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2006年11月

11月参加イベントまとめ〜S宮ハルヒの憂鬱〜

11月も、様々な同人誌即売会に参加致しました。
諸事情により関西方面への遠征機会が増え、逆に関東の即売会参加が疎か気味になってしまった、とか男性向けジャンルへの偏重機会が目立つ、とか個人的にはそのあたりが気になる所ではございますが、11月の総括という事で、参加したイベントについて簡単に感想を書いてみたいと思います。続きを読む

11月3日「Alchemist's Children」(鋼オンリー)

あまたの数ある鋼の錬金術師オンリーだが、主人公兄弟のキャラオンリー「Alchemist's Children」は、今秋11月3日の開催で4回目を迎え、5,6回目の開催も決定している人気オンリーである。
毎回100以上のサークルを集め、サークル募集は早期に満了する。
今秋のオンリーも、6〜7月には既に満了していた、と記憶している。
非常に安定した人気を誇るオンリーイベントである。

このオンリーイベントに、ちょっとした問題点が沸き起こった。
2006年2月、6月に第2回・第3回目のオンリーが開催されるが、この時、コスプレイヤーの要望に応じ【会場外の野外で撮影会を実施】という、少々首を傾げる行為が、主催判断の元行われた。
野外・公道は一般人も通行する。会場の全電通ホールは、休日の人通りは比較的少ないものの、それにしてもコスプレなんぞ非常に目立つ格好を野外におっ放す、という判断は軽率だったように思う。

これに対し、一部参加者有志より疑問の声が上がり、野外コスプレを問題視する「まとめサイト」が設立された。
まとめサイト側から主催側への申し入れが行われ、主催側もこの申し入れに耳を傾けた。結果、11月3日の4回目オンリーは、野外コスプレ自粛、会場内のみコスプレ可という形になった。

今日の記事では、このオンリーの当日に至るまでの経緯、このような騒動の起こった経緯や背景、当日の様子など、自分が見た範囲で、かつ第三者的な立場から掘り下げてレポートさせて頂きたい。続きを読む

コミティア読書会と銚子電鉄

11月19日は、こ〜みっく他幾つかの同人誌即売会をハシゴした後、東京都北区王子で開催された「コミティア読書会」に参加した。

コミティア読書会は、先日11月12日開催の「コミティア」で提出されたサークルの見本誌を自由に閲覧する事ができる催し。
ティアの参加サークルは、毎回2,000近くに上る膨大な数であり、全サークルを回る事は物理的に不可能。とは言え、回りきれなかった中にも、埋もれつつも力作を出すサークルさんは多数存在する。そういったサークルの本に出会う機会、良書を知る機会を得られる点、非常に意義深い催しである。
今回初めて参加したが、14時過ぎに会場入り、19時まであっという間に過ぎていった。参加サークルは2000弱、各サークルが1冊見本誌を出すとしても、その数は2000。
非常に膨大な量で、かつどのサークルさんも力作揃いである。
自分としては、「同人誌の良さ」を見つめ直す事の出来る良い機会であると同時に、先週ティアに行けなかったのでそのフォローイングとしても、非常に意義深いものであったと考える。

今回の読書会で、気になった事が一つある。
読書会には休憩スペースが設けてあり、そこではセルフサービスでソフトドリンクをいただくことが出来る。
そこで気になった事が一つあるのだが・・・

参加者からの差し入れだと思うが、休憩スペースに、

【銚子名物 濡れせんべい】

がやたら大量に置いてあるwww
これは一体、何のフラグなのだろうか?続きを読む

遠征中に拾ったイベント情報一覧2

昨日付「遠征中に拾ったイベント情報一覧」の続きです。
ショップや即売会会場で拾ったチラシについて、自分の情報整理も兼ねてここで列挙致します。

今日は関東(女性向け)と西日本方面で。

続きを読む

遠征中に拾ったイベント情報一覧

秋に入ってから、関西方面への遠征の機会が大変多くなっている。
11月10日付拙文「10月の参加イベントレビュー」等をご覧いただければ、皆様きっとこうお思いになる事であろう。

「一体、STRIKE HOLEの花羅はどこの住まいの人間なんだ?」と。

いや、名古屋行ったり大阪行ったり東京にも行ったり。
自分でも流石に何処の人間かわからなくなってしまいましたよ(;´Д`)

まあ、住まいは東京なのだが、諸般の事情により西方への遠征機会が増えた、という事で…。
その中で、様々な同人誌即売会に参加し、様々なショップを回った。
告知チラシを随所で拾ったが、今日確認してみたらチラシの数が200枚を超えて呆然…
せっかくなので、自己の整理・確認も兼ねて、自分が遠征中に拾ったイベント情報を纏め上げてみる事にする。

先ずは東日本編から、ということで。続きを読む

高橋留美子・犬夜叉オンリーに見る工夫

高橋留美子系同人は、非常に特殊で面白いジャンルである。
そもそも「うる星やつら」や「めぞん一刻」などが連載されていた頃は完全に男性向けジャンルであった。サークル参加も一般参加も、男性に偏重していた。

しかし、今世紀に入り「犬夜叉」が連載・アニメ化されるや、高橋留美子同人の様相は劇的に変化した。
(らんま1/2の頃からその兆候はあったかも、ですが顕著なのは犬夜叉でしょうか)
犬夜叉同人は完全に女性向け、カップリングの世界である。
「高橋留美子作品オンリー」は、犬夜叉以前ではほぼ100%男性だったが、犬夜叉で腐女子が大量に流入。今、高橋留美子作品オンリーが開催されれば男女比は4:6ぐらい、女性の方が若干優位であろうか。
もっとも、犬夜叉もアニメが終了し、ジャンルのピークは過ぎた。今後緩やかな下降線を辿るであろうから、もう少し女性が減って男女比変わってきそうな気はするが。

普通ジャンルオンリーと言えば、「男性向け」「女性向け」の語が示すように、参加者はどちらかの性別に偏重している。
うる星・めぞん時代からのファンの方なら「男性向け」になるが、犬夜叉からのファンの方は「女性向け」となる。同じ作家であっても、作品によって二次創作を担う層が全く異なるのが面白い。
その結果、高橋留美子作品総合のオンリー(「豪華犬乱」「るみけっと」等)となると、両者が上手く融合して男女比半々のイベントになる。中年男性から中学生女子まで、多種多様の参加者が集う、非常に稀有なジャンルオンリーとなる。

高橋留美子作品のオンリーは、そういう点で非常に面白いオンリーだが、今回は特に犬夜叉オンリーについて取り上げたい。
犬夜叉オンリーイベントは年に4〜5回開催(他にも高橋留美子作品総合オンリーが年に2回開催)と結構多く、いささか乱立気味ではあるが、その中でも犬夜叉オンリーの主催たちによる、ジャンル振興目的の取り組みについて、以下掘り下げて語りたい。続きを読む

「紺色の天使達」を断固糾弾する!!!

【お断り】
今回取り上げる「紺色の天使達」はあくまでスクール水着オンリーの【同人誌即売会】です。スクール水着のコスプレイベントでは御座いませんので、誤解の無きようお願い申し上げます。
ついでに言うと、今回のブログカテゴリは「電波」です。久々の電波のお時間、という事で、そのつもりでお願いしますよ。
誤解される方はいないとは思うのですが、念のため。

11月5日は、老舗のオンリー「コスチュームカフェ」から、何をしたかったのか意図が未だ見えて来ない謎のオンリー「地球☆侵略」まで、多種多様の同人誌即売会が開催された。
自分は、「地球☆侵略」で浅草橋の文具会館に立ち寄った後、その足で浜松町に向かった。
浜松町では前述のコスチュームカフェの他、様々な即売会が開催されていた。

その中で、スクール水着オンリーの同人誌即売会に、「紺色の天使達」(以下”紺天”と表記)というオンリーが開催された。続きを読む

11月3日「伺かEXPO@東京」と伺かジャンルについて

「伺か」というジャンルがある。
正確には、「伺か」はデスクトップ上で起動するマスコットキャラクターの事であり、これを用いた二次創作が、伺かジャンルである。

11月3日に開催された伺かオンリー「伺かEXPO@東京」には、このオンリーの主催氏が、お世話になっているStylish Private Note.さんという事もあり、スタッフとしてお手伝い、参加させていただいた。
(てか、あれだけブログ上で人がいねえだなんだの叫んでいたのを見てしまった以上、手伝わないわけにはいかんでしょうw)

イベントスタッフを務めるなんて事は、およそ1年ぶりの事であり、正直「手際」と言う点では他の参加者の方にご迷惑をお掛けしたかもしれない。
だが、今回のスタッフ手伝いを通じて「伺か」ジャンルに触れる中で、「伺か」と言うジャンルに大いに興味を持った。伺か」は、他のジャンルに無い稀有な特徴を持っている。
今回は、それについて語ってみたい。続きを読む

10月の参加イベントレビュー

一応、「秋の参加イベントレビュー」(10月29日付)の続きです。


【10月8日】
この日はSDF1008とコミックシティに参加。

1.SDF1008
・初動はSDF主催の「SDF1008」。アイマス・ハルヒ・ひぐらし・キミキス等SDF主催8つのオンリーの合同開催。8イベント合計で500超のサークルを集め大盛況であった。
矢倉の上に主催氏が登ってドライアイスのスモークを炊く、というおよそ同人誌即売会の世界では類を見ない意味不明な演出(一応褒め言葉のつもりです、念のため)がワラタww続きを読む

11月5日 会場トレードに関するまとめ

ケロロ軍曹オンリー「地球☆侵略」の、損保会館(以下「損保」)から東京文具共和会館(以下「文具」)への会場変更。及び元会場に他のイベントが入っていた件について。
「地球☆侵略」の、およそ信じられない事態にばかり目が行ってしまいがちだが、この日は他にも首を傾げる事態が存在していた。
ケットコムを拝見すると、アイシールド21オンリーが文具共和会館から損保会館に移動している。ケットコムを拝見する限りだと、アイシールドとケロロの間の交換であるようにも見える。
だが、実際の会場トレードはもう少し複雑。他の即売会を巻き込んで、結構大掛かりなものであったようだ。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ