STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2007年05月

コミケ徹夜組を駆逐する革命的方法を考案した

私が語る「革命的方法」とは通常「電波的方法」な訳だが、今回は寧ろ「やりたくとも決してやってはいけない方法」といった方が良さそうな気がするw
とりあえず、某所で発表してウケが良かったので、ブログでも発表しようかと。

夏・冬のコミックマーケットは、多くのボランティアスタッフにより支えられている。その身を粉にしての働き振りには、深い敬意を表したい。
その一方、コミックマーケットでは、禁止されている「徹夜行為」を行う心無き者も大勢存在する。単にマナー違反、近隣住民への迷惑というのみならず、徹夜組が居るお陰で、一部スタッフは朝二時の起床を強いられる羽目になる。全くもって迷惑な話である。
コミケスタッフは「ボランティア」。ボランティアにしては、相当に過酷な任務だ。
そこで、彼らの労苦を軽減させる為の、すなわち徹夜組を根絶する革命的方法を考案した。続きを読む

明日はコミックシティ福岡ですよ

という訳で明日は福岡ヤフードーム開催「コミックシティ」です。
サークル参加数は1600sp。サークル数でも、老舗のコミックネットワークとの差を大きく拡げ、名実共に九州最大規模の即売会に成長したシティ。明日サークル参加しつつ、九州のシティがどんなものか見てみたいと思います。

…実は、コミックシティへのサークル参加は、今回初めてだったり。
(コミックライブは名古屋で参加した事あるけど)
九州のシティはコスプレ参加もOKとの事。どんな感じになるか、少し楽しみではあります。

明日の新刊
AHO Makes Revolution
→完成しました!自分で自分の頭の悪さに惚れ惚れするほどに電波満載、花羅の電波評論の集大成、現時点でのワーストセレクションと言えましょう。

コーマニズム宣言 脱性戯論 定本版
→まだ完成しておりませんが、開場前までには製本完了の目処がついてます。これもちゃんと完成させますよ。
内容は旧作「コーマニズム宣言 脱性戯論」(tenjin.beにて刊行)の内容に、tenjin.be評論を加えたもの。ぶっちゃけ、前回tenjin.beで入手された皆さんは、今回わざわざ買わなくともOKですよん。


という訳で、明日は宜しくお願い致します。

「同人誌と表現を考えるシンポジウム」が終わって

5月19日「同人誌と表現を考えるシンポジウム」について。

【参考リンク/当ブログの過去エントリ】
3月19日付「同人世界 猥褻・18禁対応の新たな動き
3月24日付「同人誌と表現を考えるシンポジウム
4月2日付「同人誌と表現を考えるシンポジウム(続報)
5月15日付「5月19日「同人誌と表現を考えるシンポジウム」

【参考リンク/当日の討議内容に関して】
・2chのCOMIC1スレ
・実物日記様「同人誌と表現を考えるシンポジウム at 豊島公会堂
・@++様「5/19 同人誌と表現を考えるシンポジウム レポート
・marya_hi様「「同人誌と表現を考えるシンポジウム」レポートリンク集

ITmediaニュース 同人誌と表現を考えるシンポジウム:アピール不足だったかもしれない──自主規制の現場
同人誌の“性表現”めぐるシンポ開催、自主規制策の対外アピール積極化へ



当日お聞きにならなかった皆様は、この当たりのリンク先で詳細内容がレポされておりますのでそちらをご覧下さい。
私は、あくまでこのシンポジウムを聞いての、自らの雑感を記したいと考えております。

【注意】記事著述に当たり、極力実名は出さない事を基本方針としている当ブログですが、今回の出演パネラー諸氏に関しては例外とさせて頂きます。名前が色んな所で出るのを覚悟してシンポジウムに臨んでる筈ですので、名を出して嫌がられる事は無いだろう、と判断しての事です(当人ないし関係者から要望があれば臨機応変に対処しますが)。それに、真剣に発言されている彼らの名前を伏せるのも逆に失礼かと言う気もするので。続きを読む

【日本】ついに痛車オンリーイベント開催【終焉】

…我が国の未来は暗いwwww

■■萌車ミーティング2007■■
2007年7月15日、岐阜県可児市『ふれあいパーク緑の丘駐車場』遊び広場内特設会場にて開催。
参加費用は1台1000円、募集痛車は事前エントリー制との事。

以前、痛車オンリーの開催を提案した自分としては、これが現実となった事は大変喜ばしく、かつ面白い事として捉えてる。

ただ、一つだけ不満な点が。

>世間では痛車とよばれているが当イベントではあえて痛車とは呼ばず、
萌車(もえしゃ)と呼んでいる。

との事だが、俺に言わせれば、「痛車」でいいじゃねえか分りやすいし、ってのがありますね。何でそこで「萌車」なんて言葉を創らなきゃいかんのかしら。

それはともかく、時間があれば顔出してみたいイベントではあります。
コミケの会場で痛車乗り回すんじゃなくて(結構迷惑)、こういう形で乗り回す方が良いかもしれんですね。

5月19日「同人誌と表現を考えるシンポジウム」

5月19日・豊島公会堂開催「同人誌と表現を考えるシンポジウム」に関する論考です。
最近の状況を見ると、様々なブログで取り上げられたり、サンクリやコミティアやCOMIC1等でチラシが撒かれたり等、以前に比べ少しずつ話題になりつつあると思う。
当日シンポジウムに参加を決める方も増えてきたようで、大変に喜ばしい事である。特に、コミケットでスタッフを務める方々や、オンリー即売会(主に男性向け)のスタッフ諸氏の、この問題に対しての意識が高まっているように思える。
今日はこの件について、別の角度から自分なりに取り上げて参りたい。


【当ブログ内参考リンク】
「同人誌と表現を考えるシンポジウム」と言ってピンと来ない皆様は、当ブログの以下文面をご一読下さい。

3月19日付「同人世界 猥褻・18禁対応の新たな動き
3月24日付「同人誌と表現を考えるシンポジウム
4月2日付「同人誌と表現を考えるシンポジウム(続報)

今回のエントリーは、上記3記事の続編的位置付け。今回のこの記事をご覧になる前に、上記3記事をご覧いただけるようお願いしたい。続きを読む

tenjin.be 今後の課題と方向性

前回の「tenjin.be#01雑感」の続きです。

前回は、tenjin.beの良き点を取り上げたが、今回は、NPO法人ProjectArbalest及びtenjin.beの課題について触れ、今後の方向性について論じてみたい。続きを読む

tenjin.be#01雑感

本年4月8日、福岡市・都久志会館にて開催、NPO法人ProjectArbalest主催のオールジャンル同人誌即売会「tenjin.be」にサークル参加させて頂いた。
今回は、tenjin.beについての雑感を申し上げたい。

#さて、今頃4月8日の即売会のレポやっているのも正直如何なものかとw
#この後にはサンクリ、COMIC1、GW即売会、コミティアとレポートすべき内容が盛り沢山です。…当分、書くネタには困らないですね。続きを読む

コミックシティ福岡(5月27日)頒布予定品

という訳で、tenjin.beに続き何故か福岡づいている自分。
福岡進出第2弾は、今月27日福岡ヤフードーム開催「コミックシティin福岡」に参加予定です!
九州の皆様宜しくお願い致します。

そういえば、福岡のシティでも、以前取り上げた(3月19日付「同人世界 猥褻・18禁対応の新たな動き」参照)、猥褻と18禁の違いをまとめて注意を促す文書だの、18禁POPだのちゃんと入ってましたね。
今後も永続的に続けるようで、赤ブーブー通信社の気合のほどが伺えます。


【発行予定頒布物】

「コーマニズム宣言 脱性戯論 定本版」
→tenjin.be#01で発行した「コーマニズム宣言 脱性戯論」は、九州同人世界に特化した評論本だったが、COMIC1の委託で完売。しかし、せっかく九州の即売会に参加する以上、九州ネタに特化した本は出したい所。
 という訳で、前回の「脱性戯論」をベースに、4月8日のtenjin.be#01及びProjectArbalestに関する評論を加えて(もしかしたら夢彗星さん等、他の即売会も入れるかも)、シティ用に出そうと思います。

AHO Makes Revolution〜
→ 自分が時々ほざく中で、「○○する革命的方法を考案した」ってタイトルのアフォ&脱力系評論があると思います。今回は、過去考案した数々の「革命的方法」を集め、総集編的に刊行しようかと思います。久々の電波評論系の同人誌ですね。
 とりあえず某所(当ブログ以外)で好評だった、「夕張町おこし」と「個人情報漏洩防止」に関する「革命的方法」を記した文を2本入れるとして、あと新ネタ何か考えようかなあ。
 まさにタイトルそのまんま「アホが興す革命」。アホな評論で革命的方法を次々に考案し、世の皆様を徹底脱力させる所存ですww


という訳で、福岡シティでは皆様宜しくお願い致します。

長野県松本市の同人誌即売会「COMIC FACTORY」

5月27日も、全国各地で様々な同人誌即売会が開催される。
しかしながら、参加に値する魅力的な即売会が大変多い。私事で恐縮だが、どの即売会に参加すべきか大変迷った。
この日開催の即売会で、自分が注目した即売会は、以下の通り。

・同人誌中心即売会「Elysian」(札幌)
・男性向けオールジャンル「杜の奇跡」(仙台)
・オールジャンル「COMIC FACTORY」(長野県松本市)
・文章系オンリー「かわさき文芸ジャンボリー ぶんぶん」(川崎)
・創作オンリー「関西コミティア」(大阪)
・オールジャンル「ぶちすげぇコミックバトル」(岡山)
・オールジャンル「ComicCity in 福岡」(福岡)

どれも一度は(orまた)参加したい即売会だが、自分の身は一つ。幾つもの即売会を掛け持ちする事は出来ない。一つに絞らねばならない。
色々絞った上、最終候補はコミックファクトリー・福岡コミックシティの2つとなったが、熟慮の上、そして諸々の事情により、福岡コミックシティへの参加を決めた。
(福岡シティ前日から福岡入りしておりますので、当日九州にいらっしゃる皆様、飲み等誘ってくださいw 当日はサークル参加致しますので、九州の皆様是非お立ち寄り下さいw)

今回は福岡行きを決めた為止む無く断念したものの、長野県松本市の「コミックファクトリー」も捨てがたく、本来であれば是非参加したい即売会であった。
今日は、この「コミックファクトリー」についてお話したい。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ