STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2009年03月

3/29 蒲田開催の老舗オンリー「みみけっと」参加レポ

3月29日、ケットコム主催の耳属性オンリー即売会「みみけっと」に参加させていただいた。

その前に申し上げおくが、今回のレポートは、原則ケットコムイベントの「賛美」である。
普段ケットコムに対し批判的な自分の態度と矛盾するのでは…?とお思いの方もいらっしゃろうが、私としては「全く矛盾していない」と断言するし、態度にもブレは無い。

何故なら、私が批判するのは、「同人誌即売会情報掲載サイト」としてのケットコムであり、「即売会主催者」としてのケットコムではない。
即売会主催としての「ケットコム」は、熟練の運営、サークル目線が備わっている事等、「良即売会の運営者」として捉えており、評価は高い。先月のボーカロイドオンリーで色々やらかしたのは事実だが、それも「弘法も筆の誤り」の類いだと思う。

ケットコムの(予定)と「変更」を繰り返す掲載方法に対する批判は、今後も厳しく行うつもりだが、それは「即売会情報掲載サイト」としてのケットコムに対する批判である。
ケットコムのイベント運営そのものについては、今後もそこまで批判的にはならないであろう。

という訳で、今日の記事、「ケットコムへの批判目当て」でお越しの皆様には、ご希望に添えないであろう事、予め申し上げたい。続きを読む

3/29 ケットコム掲載・「予定」イベント更新情報

今回も「ケットコム」掲載の(予定)イベント更新状況について記させていただきたい。
長くなるので以下続きからどうぞ。続きを読む

3/20 福井県敦賀市「BUTTERFLY」参加レポ

3/20-22の3連休を利用し、3月20日、私は福井県は敦賀市のオールジャンル同人誌即売会「BUTTERFLY」に参加させていただいた。

敦賀市は人口約6万人の地方都市。正直申し上げて市場規模も大きいとは言い難く、オンリーは元より、オールジャンルすらも厳しいのでは?と思える。
人口28万の県都・福井ですら、オールジャンルは50-100sp程度。即売会規模と人口とは必ずしも比例しないとは言え、即売会を行う事自体が、市場的に厳しい事を予感させる。

だが、この「BUTTERFLY」は、市場の小さいハンディを乗り越え、毎回40sp程度は集め、安定・継続開催を果たしている。サークル数面で見れば、人口の多い福井に迫る健闘だ。
「地方で頑張る即売会を応援する」事が基本スタンスの一つたる自分としては、否が応にも注目に値すべき存在の一つとなった。続きを読む

3/15 浜松町「ひぐらしのつどい」参加レポ

3月15日、「ひぐらしのなく頃に」中心オンリー「ひぐらしのつどい」に参加させていただいた。

「ひぐらしのなく頃に中心」と銘打っているものの、07th Expansion作品全般を守備範囲としている。
従って、07th Expansionの最新シリーズ「うみねこのなく頃に」もこのオンリーの守備範囲である。

(「ひぐらし」「うみねこ」両作品は世界観がリンクしている部分も若干存在しており、また「ひぐらし」「うみねこ」両作品を掛け持ちしているサークルも多い現状を鑑みると、オンリーやるなら両作品とも守備範囲に含めた方が良さげな気もする)

「ひぐらしのつどい」は自体は昨年5月に次ぎ今回2回目の開催だが、主催氏は「オヤシロさまがみている」名義で同種のオンリーを開催している(昨年5月・昨年9月の2回開催/内容は「ひぐらしのつどい」と殆ど変わらず)。
これも含めると、今回が実質的に4回目の開催となる。

所詮ひぐらし厨のこの花羅、過去3回のオンリーは全て参加。今回も当然の如くこのオンリーに参加した。
…そう言えば、同日にはHARUコミやら蒲田やら板橋やら色々オンリーが開催されていたが…申し訳無いが自分的にはひぐらし最優先。他の即売会は全て回避させていただいた。
今まではレポートをしたためる時間も無かったが、今回の参加を契機に、レポート的なものを記させていただきたい。続きを読む

3/1 北海道札幌市 本オンリー「Elysian」参加レポ

前回記事2009年03月19日付(3/1札幌開催「Elysian」の躍進の秘密に迫る)では、当初10サークル程度しか集まらなかった即売会が、何故200サークルを集める即売会に成長を遂げたのか。その秘密に迫ってみた。
主催が、即売会の開催に当たって確固たる理念を持っている事。そして、その理念に基づき、参加者を楽しませようと様々な企画を打ち立て、参加者の声に真摯に耳を傾ける誠意ある姿勢が、サークルの共感や支持に繋がっている事を指摘した。

今回は、実際に自分が「Elysian」に参加しての雑感を述べさせていただきたい。続きを読む

3/24 ケットコム掲載・「予定」イベント更新情報

少し間が空いてしまったが、今回も「ケットコム」掲載の(予定)イベント更新状況について記させていただきたい。

#最近思う事としては、この(予定)イベント更新状況を纏める作業も、案外「楽しい」と感じ始めて来た事。
何故「楽しい」のか。(予定)イベントという事は、これから即売会の開催に向けて動き始める、という事でもある。新しい動きが感じ取れ、主催さん達がイベントに向け動き始めている様子が伝わってくる。そして、今後開かれるであろう即売会に期待を寄せたい気分になる。そういう感情の芽生えから、「楽しい」気分になるのだろう。
折角開催される即売会、是非とも成功に向けて努力していただく事を心より願いたい。それは、例外なく全ての即売会に言える事であるが。続きを読む

3/1札幌開催「Elysian」の躍進の秘密に迫る

少し間を空け、また間に他の記事も入れてしまったが、3月1日、北海道札幌市開催の【同人誌オンリー】の即売会「Elysian」に参加させて頂いた。

以前より、「Elysian」参加経験のある友人サークルより「Elysianはお勧め」と聞かされており気にはしていた。
だが、今回自分の活動ジャンルたる「評論・情報」ジャンルをテーマとしたプチオンリー予定は未定で無限大!」が開催されると聞き、自分が参加し易い環境では?との期待を抱いた。
更に、人気ジャンルでもある東方Projectのプチオンリー「東方道出抄」も開催されると聞き、当地の東方ジャンルの活況もこの目で確かめてみたくなった。
この2つのプチオンリーが気になり、一念発起して参加を決めた次第である。

「Elysian」には、他の即売会には無い特徴が一つある。
(2009年03月15日付記事「3/1 札幌市「Elysian」 アフターイベント「座談会」議事録」でも少し申し上げたが)それは、当初はサークル数も参加者数も泣かず飛ばずの閑散即売会であったが、回を重ねるごとに参加者数を増やし続けていったという事実。

全ての即売会が、開催回数を重ねるごとに参加者数が増えるとも限りない。寧ろ、回を重ねるごとに参加者数も漸減する即売会の方が多い。
ましてや、この「Elysian」は、開催初期は10だの20だの、その程度しかサークルも集まらずに終わったこともある。数字的には「失敗」と評するしかない。このまま自然消滅しても不思議では無かった…そういう不遇の時代を送った事もある。
それが今では、直接参加168sp・委託33サークルサークル数ベースならば200の大台を超え、地域最大規模の即売会の1/3を超えるまでに成長した。(北海道最大の即売会「おでかけライブ」は500sp前後で推移)
消滅してもおかしくはない閑散・不遇の時代を乗り超えての躍進。これが他の即売会に無い、「Elysian」の大きな特徴だ。
今回は、「Elysian」躍進の秘密について迫りつつ、サークル参加してのレポートを記させて頂きたい。続きを読む

3/17 ケットコム掲載・「予定」イベント更新情報

3月17日現在の「ケットコム」掲載(予定)即売会についてご報告申し上げたい。
長くなるので詳細は、「続きを読む」からどうぞ。続きを読む

青春18金魚の怪作「そのひぐらしのなく頃に零」委託販売開始!

当ブログがかねてより注目し続けている実写MAD制作サークル「青春18金魚」。
「ひぐらしののなく頃に」の実写版に挑戦!全編ひぐらしのモデル「白川郷」でのロケ敢行!と言えば聞こえは良い。物凄い意欲的な大作を予感てきよう。

…だが、その中身は

・出演ヒロインは全員女装コス
・全員キモいグロい目線怖い、そして不健康そう



という、徹底的にグロさとキモさを追求したコンセプトの作品であるw
その余りのキモさ&グロさゆえ、当ブログでは「青春18金魚」の事を「ひぐらし同人の黒歴史」と断じたw

(余談だが、とある即売会主催さんの奥さまが、妊娠中に「そのひぐらし〜」を観賞したそうで、胎教に悪いんじゃないかと懸念したw…無事出産され良かったです。あ、こんな所で言うのもアレですが、ご出産おめでとうございます!)

一昨年の冬コミにて、「ひぐらし」鬼隠し編をベースにした実写MAD「そのひぐらしのなく頃に 村滅し編」がリリース。余りのインパクトの強さに(特に登場人物「振手梨火」の顔w)唖然としたものだ。
その後委託販売を開始。特に「メッセサンオー」の確信犯ぶりは悪質で、実写映画「ひぐらしのなく頃に」にの映画公開初日に委託販売を開始したり、秋葉原の目抜き通りで1〜2週間にわたりあのグロムービーを公開し秋葉原の風紀を乱したり、商品陳列が本家「ひぐらし」「うみねこ」の隣だったり…やりたい放題を極めたw

そして私自身が、白川郷で彼らが女装コスのままロケやってる現場に遭遇したり…まあ色々あったが、その甲斐あって昨年12月、実写MAD第二弾「そのひぐらしのなく頃に零」が完成した。
ひぐらし原作「暇潰し編」をベースに、何故か背景には隠れキャラ的に「うみねこのなく頃に」の魔女も登場!勿論魔女達も女装コス、禍々しさも更にパワーアップした。

その「ひぐらしのなく頃に零」、先日委託販売が始まった模様。(参照:アキバブログ
今回は、店頭で風紀を乱すムービーは流さない模様だが、相変わらず本家「ひぐらし」の隣に陳列と悪質だw
前作「そのひぐらしのなく頃に 村滅し編」も入荷されており、興味をお持ちの方はこの機にまとめ買いされては如何か。

なお、最新作「そのひぐらしのなく頃に零」は、全国ネットの「とらのあな」でも委託中。地方在住者にも購入しやすくなったと思われる。
話のネタに、友人への「嫌がらせ」に…青春18金魚の変態作品を是非是非、という事でw

3/1 札幌市「Elysian」 アフターイベント「座談会」議事録

3月1日、北海道は札幌市開催の本オンリー「Elysian」にサークル参加させて頂いた。
オンリーといっても「同人誌」でカテゴライズしたオンリーイベントであり、事実上のオールジャンル同人誌即売会である。

本オンリーの成功例としては、金沢市開催の「北陸本専」が有名だが、この「Elysian」も回を重ねる毎にサークル数を伸ばし続け、「北陸本専」に勝るとも劣らぬ良即売会、成功即売会に成長した。
今回のサークル数は直参160超、委託も合わせてると200超…初期の参加サークルが10だの20だので終わっていた即売会と同一の即売会とは、とても思えぬ成長ぶりである。

「Elysian」そのものに関するレポートや評論は、改めて記したいが、その前段階として、「Elysian」終了後のアフターで実施された「座談会」についてレポートさせて頂きたい。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ