STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2009年09月

9/27 サンクリ45反省会(前編)

サンクリ45終了後、恒例の反省会が開催された。
参加者が主催に質問や意見をぶつけ、主催がそれに答える。参加者と主催が直にやり取りの出来る貴重な機会である。
個人情報漏洩事件以後、「説明会の開催を」との提案や要望は速攻否定、参加者と直に語らう事に徹底的に逃げ腰な印象が強いが、この反省会は情報漏洩以前からの恒例という事もあるのだろう。予定通り開催された。


【お断りならびにお詫び】
この辺りで、私はサンシャインクリエイションの反省会開催時間が例年16:00頃開催という認識のもと、今回16:30は遅いだろこの野郎誠意が無いよ!という類の批判を長々書いておりました。
しかしながら、コメント欄でのご指摘にもあるように、カタログ上は16:30と明記され、当方の前提認識が誤ったものに基づく、筋違いの批判である事が明らかになりました。
余りにも豪快過ぎる間違いでよそ様を批判するのも、またこれを残しておくのもいかがなものかという判断におり、10/2 1:34時点でこの書き込みを削除させていただく事と致しました。

批判対象のクリエイション事務局様及び関係者の皆様に対しては、筋違いの批判でご迷惑をお掛け致しました事、謹んでお詫び申し上げたく存じます。また、当ブログご覧の皆様に対しても、無用の混乱をもたらしました事、心よりお詫び申し上げます。続きを読む

9/27 東京・池袋「サンシャインクリイエイション45」

サークル参加者の個人情報漏洩が今年1月に発覚し、2月は開催したものの、4・6月は開催を中止したオールジャンル同人誌即売会「サンシャインクリエイション」。
昨年10月に顔を出して以来、実に1年ぶりの参加、久々のサンクリであった。(今年2月のサンクリは、高知「つるかめざっか」参加の為回避)続きを読む

9/27サンシャインクリエイション サークル参加情報!

今週末、池袋サンシャインシティ開催「サンシャインクリエイション」にサークル参加致します。
スペースは、Bホール【シ09b】となります。
評論ジャンルなので、多分まったりした雰囲気じゃないかと思います。大手に戦闘兵として頑張った後、午後辺りにでも休憩がてらゆっくりお越し頂ければ幸いです。

私事ですが、サンクリのサークル参加は実に一年半ぶり。
本当に久々なので、サークル参加する身としては気合いが入る所。何とかサンクリ合わせで新刊を…と考えておりましたが、新刊出せる目処が立ちそうです。良かった。


という訳で以下売り物のご案内。

売り物(既刊):
・「コーマニズム宣言」シリーズ 第4章/第5章
→ 即売会レポ本です。第4章は北海道から九州までの即売会レポ本。第5章はここ最近(去年7月〜今年1月)探訪の即売会レポに加え、伝説の厨房即売会列伝も。青龍刀が舞う!って所です。

・「コーマニズム宣言夕張論」
→財政再建団体に転落した【夕張市】の現状をレポ。夕張の魅力もご紹介。


9/20付新刊(東京初売りです):
「Aho Makes Revolution3」
→電波ゆんゆんの評論本。電波と評論の融合!と言えば聞こえは良いですが、単に評論の名を借りて電波妄言を垂れ流してるだけのシロモノ。当サークルの電波ワールドをお楽しみ下さいw

9/27付(サンクリ合わせ)新刊
「コーマニズム宣言 第六章」
→今年2月以降にお邪魔した即売会のレポ本。日本全国、魅力的な即売会はまだまだ沢山あります。今回から、大人の事情…というかボリュームを増やしたいという理由により、都内の即売会のレポも入れます。
今まで地方即売会を優先紹介しておりましたが、今後は都内即売会もどんどん紹介しようと思います。


という訳で、今回は五冊の本をご用意しお待ちしております。是非遊びに来てください!

北海道 東方オンリーバッティング

北海道でオールジャンル同人誌即売会を定期的に開催している、「chaos festival」(カオスフェスティバル)と言う即売会/主催団体がある。
この団体に関しては、個人的に期待を寄せたい、面白い動きが散見している。
公式サイトを拝見するに、札幌中心に積極的な同人誌即売会の開催が見られ、北海道の同人世界活性化に一石を投じる存在として、その動きを興味深く注視している。
また、札幌以外での即売会開催にも意欲的だ。小樽・夕張と言った周辺地方都市での開催予定も、主催氏ブログにて言及されている。

特に、夕張での同人誌即売会開催に対しては、個人的にだが強く注目している。
諸事情により、ここ最近の私は、夕張とのご縁が色々と深い身。
これは今週末のサンクリでも頒布するが、夕張をテーマにした同人誌「コーマニズム宣言 夕張論」を刊行した程だ。
この本の中で、夕張の魅力に触れつつ、財政再建団体に転落しつつも力強く復活を目指す夕張の奮闘を祈念し、応援する。そういうスタンスを取っている。
その立場からすると、夕張で同人誌即売会を開こうとする「カオスフェスティバル」に対しては、夕張活性化の観点からも期待感を抱き、応援したいものだ。

応援する以上、余り悪い事は書きたくない。
だが、残念ながら「カオスフェスティバル」に対しては、青龍刀を振りかざさざるを得なくなったようだ。
夕張の事もあり批判はしたく無かったが、事が事だけに仕方無い。
極めて残念で、かつ辛い。それが私の偽らざる心境である。続きを読む

「東方螺茶会」補遺〜東7ホールとユウメディア〜

先般、ユウメディア主催の「東方螺茶会」に参加させて頂いた。
その時、チラシ置き場を拝見し感じた事を諸々記したい。続きを読む

9/16 ケットコム主催(予定)イベント更新情報

ようやく落ち着きブログの更新にかかれた所で、当ブログ恒例(?)、 ケットコム主催の(予定)イベント掲載状況を記させて頂きたい。
流石に2ヶ月半間を空けると、動き無しという方が珍しいぐらい。大幅な変動を見せている。

以下、7/5と9/16時点の(予定)イベントを掲載しつつ論じて参りたい。続きを読む

サークル参加情報!

現在のサークル参加情報です。

9/20 盛岡市「岩漫」(A2-2)
9/27 サンシャインクリエイション(Bホールシ09b)
#以後のサークル参加予定は未定です。年内もう1-2個入れて、後は来年でしょうか?

売り物(既刊):
「コーマニズム宣言第五章」→即売会レポ本
「コーマニズム宣言夕張論」→夕張評論本


新刊:
「Aho Makes Revolution3」→電波ゆんゆんの評論本。完成しましたので「岩漫」で御披露目予定。

「コーマニズム宣言 第六章」→今年お邪魔した即売会のレポ本。まだ出来上がってません…岩漫間に合えば良いですが、多分サンクリになるでしょう。


これらとは別に、売りきれた「第四章」の扱いも悩んでます…増刷するか、加筆修正&再編集するか。これも何とかして、サンクリでは六種類の本が出せれば良いなあ、と。

という訳で皆様是非お立ち寄り下さいませ。お待ち申し上げております。

コンセプトの不明瞭な「東方螺茶会」

8月30日、ユウメディア開催の東方シリーズオンリー「東方螺茶会」に一般参加でお邪魔した。

ユウメディアは、全国の地方都市を中心にオールジャンルの同人誌即売会を開催している企業。「地域に根差した同人の担い手」として、私はその役割を高く評価している。
最近は中・小規模のオンリーイベントにも積極的に乗り出している。中でも、ヘタリアオンリー「世界会議」の1000sp超は特筆すべき快挙と言えよう。

但し、ユウメディアの即売会は、どうしても「女性向け」の色が強い
どこの地域でも言えるが、地方のオールジャンル即売会は女性参加者が圧倒的多数、男性陣はごく僅か。ユウメディア主催のそれも、例外ではない。
また、過去には、当時男性向け最大規模の同人誌即売会であった「コミックレボリューション」終焉に伴い、レボリューションの後継に名乗りをあげ「コミックキャラクターズ」を立ち上げたものの失敗、男性向け即売会より撤退した事もある。個人的には、これを機にユウメディアは女性向け特化方向にシフトした、との認識を持っている。
オンリーも開催ジャンルは多種多様だが、ヘタリア・リボーン・鋼の錬金術師等女性向け系統のジャンルで実績を上げており、男性向け系統に属するジャンルは、「らき☆すた」にちょこっと顔を出した程度。
どこをどう考えても、ユウメディア主催の即売会は、「女性向け」の傾向が強い、と感ずる次第である。

そのユウメディアが、東方Projectに手を出した。続きを読む

中国地方・初の東方オンリー「東方椰麟祭」に期待

2009年07月10日付「地方に波及する東方ジャンル」でも述べたが、現在の東方ジャンルの隆盛…特に地方都市での積極的な東方オンリーの展開が、ここ半年目立ってきている。

地方都市の同人事情は、サークル数・一般参加者数共に減少傾向、疲弊し元気が無い状況だ。
そんな中でも、東方は非常に元気。サークル募集をかけても軒並み満了、一般来場者も下手すれば当地最大規模のオールジャンル同人誌即売会に迫るものがある。

東方オンリーの地方展開は、元気の無い地方都市の同人を活性化し得る存在と位置づけ、私は大いに期待している。
もっとも、主催者の想定を余裕で凌駕する来場者数に、対応しきれるのか?という心配は残るのだが…。
地方都市の同人誌即売会における課題は、普通の即売会ならば「いかにサークルを集めるか」が主眼だが、こと東方に関しては「いかに多数の来場者に備えるか」といったところだろうか。


そんな中、私が期待している即売会として、2010年2月・広島開催の東方オンリー「東方椰麟祭(やりんさい)」を取り上げたい。続きを読む

コミケカタログ掲載原稿・余談

7月以降更新が止まっておりましたが、ようやく落ち着いて参りましたので、今日からブログを再開致します。
2009年07月19日付「コミケカタログにコラムを執筆しました」で、私がコミケカタログにコラムを執筆した事、ご報告させていただきましたが、実はボツ原稿が一つありました。
最初にコラムを出す段階で2案出して、採用されたのが、例の「地方即売会」をテーマにした文なのですが、採用されなかった方がありまして、お蔵入りももったいないので、この場をお借りしてご紹介をさせていただきます。

こっちのテーマは、「即売会を通じた人との出会い」と言った所でしょうか。これもコミケや他の即売会の、楽しみの一つではないかと思うわけです。
宜しければ、以下ご笑覧下さいませ。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ