STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2009年10月

オンリーイベント開催を中止する事のリスク

過去記事にて、名古屋「おお振り」オンリー中止について取り上げさせて頂いた。
その中で私がちらっと申し上げた懸念が、「この主催達は今後「おお振り」ジャンルの世界で生きていけるのか?」という事だ。
これは、前々回取り上げた、「おお振り」キャラオンリーをドタキャンした主催にも通じる話だし、前回取り上げた【コミックシティ内のプチオンリーの主催が当日バックレて行方不明】の話にも通じる。
何れも、「中止」という形で、それを期待したサークルに不義理を働く事となっている。

男性向けの世界はともかく、女性向けのジャンルは、そのジャンル内で「一つの世界」を築き上げている傾向にある。
言葉を変えれば、同じ萌えを共有するサークル同士の連帯した世界、とでも言うべきか?
サークルの横の繋がり…連帯感が強い一方で、そのジャンルの外への関心は薄い。(最大関心事はキャラ萌えカップリング萌えだから仕方ない)

だから、オンリーを立ち上げるにしても、そのジャンル内のサークルが立ち上げる。
男性向けで有りがちな「●●準備会」「●●実行委員会」名義で主催が立っても、「オメー誰だ」から始まるだろう。
主催がジャンル内の人間かどうかを精査。もし仮にジャンル外の人間が主催だったとしたら、(ケットコム・赤ブーブー通信社・ユウメディアのように実績を上げている一部例外を除き)「余所者は引っ込んどれや!」となる事もあろう。…結果、ジャンル内の支持を得られずサークルも集まらないケースも少なくない。
一方、サークル主導のオンリーなら、サークルもきっちり集まる傾向にある。サークル同士の繋がりから、芋づる式にサークルが参加、結果的に多数のサークルが集う、なんて事も多い。

そんな感じでサークル間の横の繋がりの強い世界。
そこで中止だドタキャンだで不義理を働いたら、その主催は、そのジャンルの中で生きていけるのか?続きを読む

STRIKE HOLE今後の即売会参加予定

サンクリ以降、同人活動を一旦休止してをります、評論サークル「STRIKE HOLE」でございますが、今後のサークル参加予定が固まりましたので、以下ご案内致します。

12/23 甲府・山梨コミックチャレンジ
1/17 大阪・こみっく☆トレジャー
2/7 池袋・サンシャインクリエイション
2/14 仙台・杜の奇跡&東方杜郷想
3/21-22 水戸・コみケッとスペシャル
4/4 新潟東方祭
4/29 COMIC1☆4
5/8 夕張まんがまつり
5/9 札幌・Elysian


一応、全即売会参加(予定)です。
ケットコム主催の(予定)即売会ほどに変更確率は高くは無いでしょうが、全く変更可能性が無い訳じゃない、って程度に捉えて頂ければ幸いです。

#GWの即売会参加予定は検討中。ティアにするかLittle "T" Starにするか悩んでます。

もう一つのおお振りオンリー中止事件〜人と人との繋がり〜

前々回の記事にて、名古屋おお振りオンリーの中止について取り上げた。
これに対し、コメント欄に寄せられた情報が、非常に衝撃的であった。
この「おお振り」ジャンルには、もう一つとんでもないオンリーが存在しているとの話だ。ドタキャンという、あの厨房即売会の最頂点に君臨する「夢彗星」を彷彿させる展開

私は早速詳細を調査した。
調べてみたら、このイベント、沖一利・西広辰太郎中心オンリー「class-3」。所謂「おお振り」のキャラオンリーである。

この件を論ずるに当たり、先ず、主催氏のお詫び文を抜粋したい。
先ず皆様にも、これをお読み頂きたい。続きを読む

10/25コミックシティ大阪カタログ「事務局から一言二言!!」を読んで

10月25日、大阪で開催されしオールジャンル同人誌即売会「コミックシティ」。
私は信州の東方オンリー「御射宮司祭」に参加の為、シティへの来訪は叶わなかったが、何故か手元に「コミックシティ」のカタログを入手した。(如何なる方法で入手したかは、各自妄想頂ければ幸いであるw)

この中の啓蒙コラム「事務局から一言二言!!」…主催・赤ブーブー通信社のコックローチ武田氏(ぶっちゃけこのブログを書かれている方)が執筆されているコラム。
大変勉強になるコラムで、いつも私も、このコラムより学ぶ物は多い。シティ参加の方には全員必読を呼び掛けたいほど

その中でも、今回の記事内容はとりわけ面白かったので、ここにその内容を記したい。
今回の内容は、以下三本立て。

1・福岡ドームのベンチはテンピュール素材で、下手なホテルのベッドよりはよく眠れるらしいw

2・R18やわいせつ表現関係

3・プチオンリーの主催にも「夢彗星」が登場!

「コミックシティ大阪」ご参加の方は、詳細はお手持ちのカタログをご一読願いたい。

また、来週の「コミックシティスパーク」ご参加予定の方ならば、時期が近似している東京と大阪のシティなら同じ原稿を使い回す模様なので、スパークのカタログをご一読頂く事をお勧めしたい。スパークのカタログに同じ事が書かれているだろう。

さて、「プチオンリーの主催に夢彗星が登場」とは如何なる意味か。
「夢彗星」は昨年1月に伝説を築いた厨房即売会。詳細は当ブログ内「夢彗星」カテゴリの各記事ご参照の事。
具体的に申せば、プチオンリーの主催がばっくれ、当日も姿を見せなかったなんて実例があった、という事。
同コラム内では、会場を借りる必要がない、金銭負担が薄いなどの気楽さが、無責任な行動につながっているのでは?とも述べられており、プチオンリーの問題点が表出している模様だ。

前回記事でも述べたが、オンリーにせよプチオンリーにせよ、それを楽しみにしていた参加者が大勢居る。
武田氏は「そんな人たちを裏切った責任って、お金で解決のつく話じゃない」と仰っているが、「中止」は、確かに期待を寄せたサークルへの背信行為である。
前回、名古屋の「おお振り」オンリー中止についての記事を書いた後だけに、氏の発言に対しては、普段以上に共感を抱いた。

一度公表し告知した即売会、開催する事が主催の責任であり、また義務である
安易な「中止」については、眉をしかめざるを得ない。
この即売会「中止」については、もう一つ書き残したい事件が存在する。次回(次々回以降の可能性もあるが)は、その事件について論考したい。

残念なオンリーイベントの中止

今後の即売会情報を得ようと、先日ケットコムを検索した所、このような情報を発見した。

▼2009/11/01(日)開催中止東海:名古屋市中小企業福祉会館
おおきく振りかぶってオンリーイベント「おお振りの星」[コス可 事前登録制]


当方9月頃よりこのオンリーは捕捉。また開催予定日の11月1日に予定が入っていなかった事から、実は私の訪問予定即売会の候補の一つとしてノミネートしていた。
だが、まさか開催中止になってしまうとは。少々驚きである。
サイト上に、理由が書いてあるが、率直申し上げて首を傾げる理由である。続きを読む

10/25 長野県岡谷市「御射宮司祭」

10月25日、長野県岡谷市開催の東方風神録オンリー「御射宮司祭(みしゃぐじさい)」に参加させて頂いた。
「東方風神録」のモデルとなった舞台が【諏訪大社】という事もあり、開催箇所を諏訪大社にも近い諏訪湖畔の岡谷市に設定。JR岡谷駅前の商業施設「ララ岡谷」での開催とした、異色の即売会である。
この即売会は、私がこれまでに参加した即売会の中でも、極めて個性的な「光る部分」を多く含んだ即売会であった。また、当地信州の同人世界活性化にも寄与する所多く、極めて意義深い即売会であった。
地方開催即売会の成功例として、また「聖地巡礼」型即売会の成功例として、後世に長く伝えるべき即売会である、と私は確信している。
以下、「御射宮司祭」の光る点について、掘り下げて論じて参りたい。続きを読む

「同人誌オンリー」の成功要件を考察する

地方都市にて開催の同人誌即売会は、近年「同人誌」の頒布率が減少傾向だ。
グッズ・ラミカ・便箋が増え、コスプレイヤー率が高まり、昔ほど本を見なくなったとの声を聞く。
地方の同人誌即売会の主力は若い中高生。本を作る元手となる経済力も弱いし、同人初心者も多いから手軽に作品を出せる便箋・ラミカに走る…同人誌が減る理屈も、分からないでもない。
だが、「本を欲しい」買い手からすると、このような即売会は、魅力に映らない。都市部のオンリーや大規模オールジャンル、或いはショップに走り、地元の即売会は見切ってしまう
そして地元即売会に出るサークルも、本を求める買い手が居なくなり、またコスプレイヤーの増加もあり、サークルとして参加し辛くなる。東京に出るにも、交通費の問題もあるし、簡単には行かない…。

そんな地元の現状を改めよう、地元で本の売り買いの出来る場を…という事で立ち上がったのが、所謂「本オンリー」だ。
頒布物は同人誌を必ず含める。「オンリー」と名は付くが、実質的にオールジャンルの同人誌即売会と言えよう。続きを読む

慶應義塾大学・広告学研究会はコミケにサークル参加せよ

「全裸」…何と素晴らしい響きであろうか。
衣服を脱ぎ捨て、己の粗末な物や汚ならしい物を含め、全てをさらけ出す。
全てを脱ぎ捨ててこそ得られし解放感。究極のエクスタシーとも言えよう。
そりゃ、ヌーディスト村だのヌーディストビーチだのが世に存在するのは、ある意味至って自然な流れでは無かろうか…?

日本では刑法175条(猥褻物規制)に引っ掛かるから、人前では全裸にはならないが…

(人前で全裸になりたい御仁は、銭湯で我慢するか、海外のヌーディストビーチ行きをお勧めしたい)

そんな日本に、それも私学の雄「慶應義塾大学」にて、こんな変態達が登場し、世の中の笑いを取るに至った。続きを読む

松本清張「ゼロの焦点」の革命的実写映画を考案した

という訳で、松本清張ファン、東方厨、アキバエクスプレス、そして青春18金魚を一挙に敵に回す革命的な実写映画を妄想したのでここに記す。続きを読む

同人誌即売会「夕張まんがまつり」開催決定に寄せて

財政再建団体に転落した自治体…北海道夕張市。
とある理由により、この町とのご縁が極めて強くなり、夕張評論本「コーマニズム宣言 夕張論」まで刊行するほどに、思い入れも深くなってしまった。
「コーマニズム宣言 夕張論」では、ネタ半分ながらも、夕張市内における同人誌即売会の開催の可能性について言及した。
その中で、「アディーレ会館ゆうばり(旧夕張市民会館)」や、「ホテルマウントレースイ」での即売会開催が可能。後は、夕張に行こうなどと奇特な事考える、頭にお花畑の咲いた主催が居て、それに乗る、頭にお花畑の咲いたサークルが居ればOKだ。
そんな感じの事を、「夕張論」の中で申し上げたと記憶している。

とは言え、現実問題、夕張で即売会が開催される事など、「有り得ない」と考えていた。

夕張市は、周辺自治体とも地理的・交通的に隔絶され、商圏は夕張市の僅か人口1万ちょいに過ぎない。隣町の栗山と由仁を含めても、2万に過ぎないし、栗山・由仁ならば札幌から見れば手前。札幌の商圏に誘引されよう。
人口構成を見ても、20〜30年前の炭鉱マンがそのまま定住しているケースが多く、すなわち老齢者こそ多いが、同人誌即売会の主力たる若年層は極めて少ない。
そしてその中で「同人」を知っている若者は果たして何人居るのやら…?(夕張市民だけで見ると同人人口は一桁かもしれない)
何処をどう考えても、夕張で即売会の需要なんぞ、有り得ない。未来永劫夕張で即売会が開かれる事など、当然有り得ない。そう考えていた。
…もっとも、心の片隅で「夕張で即売会誰かやんねえかなあ、俺絶対行くのに」ぐらいは思っていたがw

しかし、世の中分からないものである。現実味の薄い私の妄想が、まさかここまで短期間の間に現実と化してしまうとはw
我が妄想が現実と化した即売会こそ、2010年5月8日(土)開催「夕張まんがまつり」である。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ