STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2009年12月

続・tenjin.be終了を総括する

間を空けて、しかも「山梨コミックチャレンジ」の記事を4回に分けて入れてしまったが、2009年12月16日「tenjin.be終了を総括する」の続きです。

「tenjin.be」は年長者中心の参加層。年2〜3回程度、即売会を安定的に開催し続けた。
九州で年長者の集える即売会は余り無く、彼らのニーズとも合致。比較的レベルの高い上手なサークルが集い、常時70〜80サークルを集める良即売会であった。
彼らの掲げる理想は高尚で、残念ながら、必ずしもその全てが実現したとは言いがたい。
だが、大(9)州東方祭のように、tenjin.beの理念に共鳴し、彼らの理想を実現に移した即売会も登場した

虎は死して皮を残す」と言う。
「tenjin.be」は今年11月で終わってしまったが、その理念は他の主催達に受け継がれていく事であろう。

そして、「tenjin.be」が残した「皮」は、その理念のみに非ず。
「tenjin.be」の存在は、結果的に、九州の同人誌即売会の活性化に大いに寄与した。
本日は、「tenjin.be」の存在がもたらした、九州同人の活性化効果について語りたい。続きを読む

サークル参加情報♪

冬コミも間近ですね。
当サークル「STRIKE HOLE」は、諸事情によりサークル参加は叶いませんが、他サークルさんへの委託で、同人誌を配布する事となりました。
以下、概要を簡単に。

委託先 → 12/31(コミケ三日目) 西る15b
    「FORコミニケット」様

委託物 → 「コーマニズム宣言第6章 こんな即売会に行ってきました2009ver.」

2009年の初頭から夏迄に参加した即売会に関するレポート本。
2009年9月のサンクリと11月の「RING」、12月の「山梨コミックチャレンジ」でしか出していない、「STRIKE HOLE」最新刊評論本です。
予価200円。

委託を受けて頂きました「FORコミニケット」様には、この場をお借りして御礼申し上げます。

尚、これ以外の刊行物、現在鋭意執筆中(てゆーか白紙w)の「コーマニズム宣言 東方論」は、1月17日「こみっく☆トレジャー」以降での頒布となります。
コミケでは「第6章」のみって事で。

「FORコミニケット」様で刊行される(はずの)新刊等と一緒に、当サークルの本もお買い求め頂ければ幸いです。

コミックチャレンジ…というか静岡県東部&山梨での告知方法について

今回の論題は、コミックチャレンジのみに対するものではない。
当日会場で、松本の「コミックファクトリー」が10月3日に甲府で即売会を開催される旨を発表されたが、彼らのように、山梨ないし静岡での即売会開催をお考えの方にも、是非お読み頂きたい記事である。
(余談だが、今後は「ファクトリー」「チャレンジ」両即売会が互いに協力し合い、山梨同人界の発展に尽くす事を祈念したい

私が即売会を論じるに当って、一番気にする項目は、「告知戦略」についてである。

即売会というもの、サークル参加・一般参加が居なければ、幾ら主催が音頭を取っても、「笛吹けど踊らず」で盛り上がらない。
参加者を呼び込み、場を盛り上げる為には、きっちり告知する事が肝心だ
必ずしも全てにおいて正比例する訳ではないが、告知に熱心な主催ほど、サークル数は数多く集う傾向にある。だからこそ私は、同人誌即売会における「告知」を最重要視する。

では、何故告知戦略の話を最後に持ってきたかというと、それは山梨コミックチャレンジのみならず、静岡県で開催する「富士コミックチャレンジ」についても包括して論じたいからである。
という訳で、以下、彼らの告知の在り方を検証して参りたい。続きを読む

12/23 山梨コミックチャレンジ(後編)

前回は、「コミックチャレンジ」の運営上の問題点を、多々取り上げた。
…他の批判したイベントじゃないけど、これでもキリが無いから半分ぐらいに絞ったのだが。

今回は、その「続き」に当る内容。
コミックチャレンジのマナー啓蒙活動と、彼らが定めるルール。この2つが互いに相反する、という問題点を指摘したい。

私は、積極的なコミックチャレンジのマナー啓蒙活動を、基本的には支持したい。
だが、物事には二面性がある。

コミックチャレンジの運営ルールは、他の一般的な運営ルールとは異なり、少し特異な運営ルールだ。そして、その特異な運営ルールが、マナーの悪化と無秩序な状況を生み出している。
マナー啓蒙を呼びかける主催の定めたルールが、マナーの悪化の原因…何という皮肉であろうか。
以下、事例を挙げつつ、主催の定めし運営ルールの問題点を論じたい。続きを読む

12/23 山梨コミックチャレンジ(中編)

前回、山梨コミックチャレンジは、決して「良即売会」とは言えない、と申し上げた。

運営面は、正直言って粗雑な部分が多く、コミックワールド時代からサークル数を落とす原因ともなっている。
山梨コミックチャレンジが、今後山梨の同人者に愛される即売会である事を望むならば、山梨コミックチャレンジの何が問題なのか。その問題点に真摯に向かう事が大切と心得る。
以下、コミックチャレンジにおける運営面の問題点を指摘していきたい。続きを読む

12/23 山梨コミックチャレンジ(前編)

年末進行の仕事がひと段落した昨日12月23日。
私は、山梨県甲府市のオールジャンル同人誌即売会「山梨コミックチャレンジ」にサークル参加させて頂いた。
以前記事にした事もあったが、山梨は昨年、県内唯一の同人誌即売会であった「コミックワールド」が撤退。
山梨県内から同人誌即売会の灯火が消えるのでは…とその将来を本気で憂いた。
(参考:2008年06月20日付「コミックワールド「休止」に思う」)
しかし、そこでポスト・コミックワールドに名乗りを上げた即売会団体。それが「コミックチャレンジ」である。

元々は、静岡県沼津市や富士市で同名の即売会を営んでいたが、コミックワールド撤退を受け、山梨で即売会を開く事を宣言。
昨年7月に開催された最後の「コミックワールド」にて告知を図り、コミックワールドの受け皿となる事をアピールした。
以後、おおよそ2-4ヶ月に1回ペースにて、安定しての定期開催を果たしている。
サークル数も、コミックワールド時代の100-150には及ばぬものの、平均60-80サークルを集めている。
今後運営が洗練されれば、より多くのサークルが集まり、コミックワールドの規模に回復することも期待出来よう。

しかし、山梨唯一の即売会「コミックワールド」が消え、そこに「コミックチャレンジ」が現れなければ、山梨はどうなっていた事か?
コミックチャレンジ以外にも新たな即売会が興ったが、どの即売会も中止ばかり。まともに続いた即売会は、コミックチャレンジのみ、これは間違いない事実である。
コミックチャレンジの登場が、山梨における同人の灯火を守った。
山梨の同人界において「コミックチャレンジ」は「救世主」であると言えよう。

そんな山梨コミックチャレンジの頑張りに敬意を表し、またコミックワールド撤退後の山梨の現状をこの目で確かめたいとの思いも持ち、機会あらば是非一度訪問してみようと考えるようになった。
そして、開催日は青春18きっぷの適用期間。安価に移動できるという計算も働き、コミケ前だが12月23日の来訪を決意するに至った。続きを読む

STRIKE HOLE今後の即売会参加予定

評論サークル「STRIKE HOLE」の、今後のサークル参加予定をご案内致します。

12/23 甲府・山梨コミックチャレンジ(スペース・F1)

1/17 大阪・こみっく☆トレジャー(スペース・5号館 J02b)

2/7 池袋・サンシャインクリエイション(スペース・Dホール チ17b)

2/14 仙台・杜の奇跡&東方杜郷想(申込済)

3/21-22 水戸・コみケッとスペシャル(申込済)

4/4 新潟東方祭(申込済)

4/29 COMIC1☆4(申込済)

5/4 コミティア(申込検討中)

5/5 Little"T"Star!(申込済)

5/8 夕張まんがまつり(申込済)

5/9 札幌・Elysian(申込検討中)


夏以降の即売会は今後の検討課題です。

また、新刊「コーマニズム宣言special東方論」(東方オンリー評論本を予定)は、順調ならばトレジャー発刊、無理ならサンクリ合わせの見込みです。
皆様のご来訪、お待ち申し上げております。

tenjin.be終了を総括する

11月29日、一つの即売会が、惜しまれる間もなく、ひっそりと幕を閉じた。
同人誌即売会の世界では珍しく、NPO法人としての法人格を持つ団体「Project Arbarest」が主催する同人誌即売会「tenjin.be」。
私も過去、幾度と無く取り上げ、評論させて頂いた「tenjin.be」。今回は「tenjin.be」のこれまでを回顧し、「tenjin.be」が九州即売会に遺した功績を振り返りたい。続きを読む

2ちゃんねるジャンルの盛衰から、東方グッズサークルの未来を視る

東方オンリー2ちゃんねるオンリー
コミケで言えばどちらも同じ「同人ソフト」のカテゴリーに当たるジャンル(東方は肥大化して単独ジャンルになったが)である。
コミケでは4桁のサークル数の東方。20サークル程度の2ちゃんねる。
この両者に共通点がある、と申した所で実感は沸きにくいかもしれない。

…だが、この両ジャンルには、極めて大きな類似点が存在する。
今回は、この両ジャンルに共通する特徴を取り上げたい。
一言で言えば「歴史は繰り返す」。東方ジャンルのグッズ中心なサークルさんにとっては、今後の活動方針の足しになるかもしれない。

その前に、先ずは皆が余り知らない、マイナージャンルたる【2ちゃんねる】というジャンルが、いかなるジャンルかについて、取り上げたい。続きを読む

「STRIKE HOLE」的2009年版「十大自分ニュース」

昨年2008年、自分の身の回りの同人界隈の出来事を「十大自分ニュース」として纏めた。
今年2009年も終わりに差し掛かってきた所で、今年も、2009年版「十大自分ニュース」を纏めてみた。

但し、自分の身の回りで起こった出来事、そして同人界隈の出来事に限っている。
例えば、某アイドルグループメンバーが全裸になり「シ●ゴォ〜シン●ォ〜」と叫んだ事や、某KO義塾生が全裸で日吉の街を集団疾走した事が自分的にはMVPだが、同人には関係しないので割愛。

という訳で、以下「十大ニュース」形式にて、今年一年を振り返ってみる。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ