11月29日、ケットコム主催の東方オンリー「東方崇敬祭」に一般参加させて頂いた。

ケットコム主催の東方オンリーは、今回が三回目。
過去には6月に「第一回」を開催。実に800サークルもの申込みを受け、過半数を抽選で落とさざるを得なくなった。
そこで落選サークルの受け皿として、急きょ「第二回」を7月に開催。第一回同様300サークル以上を集め、盛況の内に終えた。

しかしながら、前回は他に有力な東方オンリーが被らない時期の開催(厳密に言えば「えちご東方日和」が近接するも、崇敬祭にな与える影響は限定的だろう)。サークル的にも、参加しやすい時期であった事が幸いした。
また、6月のサンシャインクリエイションが中止となった事も、サークルを集めた大きな要因だろう。
サークル者が、サンクリに代わる「行き場」として求めた結果とも言える。

一方、今回は前々週に(遠く離れた九州とは言え)「大(9)州東方祭」があり、そして前週には「恋のまほうは魔理沙におまかせ!」(以下「恋まり」と表記)が存在している。どちらも、300サークル以上を集め、東方界隈における有力即売会の一つと言えよう。
これらのオンリーと競合した影響もあろうか、また、冬コミに日が近い事も災いしたか。今回の「崇敬祭」、サークル数こそ300を集めたものの、以前の勢いからは明らかに衰えた
サークルも、集客力ある大手が少ない事もあり、「大(9)州」や「恋まり」ほどの混雑は見られなかった

有力オンリーが近隣にあり、コミケに近い日程ながらも、300集めた。それこそがケットコムの実力の証と捉える見方も出来よう。
確かに、他の主催が参入し、今回のような競合状態で300サークル集められるかとなると微妙だ。ケットコムだからこそ300集められたのだと思う。「大健闘」である。
ただ、それにしても夏の勢いを考えるに、大きく衰えたと言わざるを得ない。続きを読む