STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2010年05月

「博麗神社例大祭SP」が目指す物…を大胆予測(汗)

前回、9月19日開催「博麗神社例大祭SP」http://www.reitaisai.jp/に関する雑感を、自分なりの立場から論じさせていただいた。
他のイベントにも迷惑かかるし、こんなイベント始めんじゃねー!というのが自分の本音なのだが、そういう類のネガティブ系の言いたい事は、全て前回語り尽くした。

今回は、「博麗神社例大祭SP」で主催が何を実行したいのかを分析・予測し、今後「博麗神社例大祭SP」に期待したい事を、自分なりに論じてみたい。
平たく言えば、もう少し前向きな話、未来に期待を持たせる話をしてみたい、という事である。


【昔の雰囲気を懐古する?「博麗神社例大祭SP」】

「博麗神社例大祭SP」は、「東方Projectオンリー同人誌即売会&参加者SPイベント」と謳っている。
単に同人誌即売会と謳うわけではない。その後に「&参加者SPイベント」と付けている。これが大きなポイントになる、と私は考える。

博麗神社例大祭SP公式サイト内「代表ごあいさつ」http://www.reitaisai.jp/greeting.htmlでは、主催氏の思いが以下の通り綴られている。

>今回の「博麗神社例大祭SP」をやりたいと考え出したのは
>昨年頃ですが、最近の例大祭で昔は出来ていたアフターイベントや
>即売会以外の企画物だけでイベントを開きたいと思った所からでした。

確かに、サークル数が3桁だった頃の例大祭…都産業貿易センター浜松町館やサンシャインシティで開催されていた頃は、他の中小規模のオンリーイベント同様、即売会終了後にアフターイベントを開催していた。
サンシャインシティ時代には、アフターに1000人以上が参加、という伝説をもつくり出した。

また、即売会から暫くの時を経た後には、「見本誌読書会」も開催されていた。
コスプレイヤーも交えた交流会の色が強く、一部買い手の皆様には読書に集中できないと不評だったが、「東方好きな方々の交流の場」として開催している節があり、それはそれで一つのイベントの在り方だとも思う。
事前の予約無く、当日昼間に気の赴くままに、気軽に参加できた読書会(交流会)だったと認識している。

だが、例大祭の規模が倍々ゲームのごとく膨れ上がるにつれ、そのような企画を実行する余裕は無くなった。
2008年の例大祭では、会場の人口密度が上がりすぎ、雨中入場制限をかける事を余儀なくされた例を挙げるまでもなく、激増する来場者対応に追われ、当日のイベントを何とか回し切る事だけで精一杯になってしまう。
この2008年の例大祭では、元々アフターイベントを開催する予定も、当日混乱の影響もあり、アフターイベントは中止になった。
そしてその後も、即売会終了後にアフターが開かれる事は無くなったのだが…、3000sp,4000spにまで膨れ上がった例大祭、中小規模のオンリーイベントの感覚でアフターイベントを実施する事は、最早不可能だろう。

読書会にしても、これまでは誰でも自由に参加可能だったが、2008年以降は事前受付制。抽選となる事もある。
読書会後にアフターイベントを開催する等、中小規模の即売会だった頃の名残りが読書会には残っていそうだが、以前に比べ遥かに敷居が高くなった事は否定できない。

中小規模のオンリーだった頃の「例大祭」には出来た事も、規模の拡大・来場者の増加により、今では出来なくなってしまった。それは、時代の流れ。致し方ない事かもしれない。
ただ、主催氏が、昔の懐かしい雰囲気を求め懐古に走っても、決して不思議は無いと思う。昔出来て今出来ない事を、いっぺんやってみたい、という思いもあろう。
これは私の【予想】だが、主催氏は、昔の「読書会」の雰囲気を、アフターイベントの雰囲気を、規模を大きくしてビッグサイトで実行したいのではないかと考える。
ビッグサイトで開催すれば、普段の読書会のように人を制限する事なく、大勢押しかけても充分対応できるだろう。


【「例大祭SP」は、「大(9)州東方祭」から何を盗むか?】

今回の「例大祭SP」で開催する企画は、「読書会」や「アフターイベント」といった昔を懐かしむ系統の物ばかりでは無いと思う。
博麗神社例大祭SP公式サイト内「代表ごあいさつ」には、このような思いが綴られている。

>今回の企画系イベントはこれから色々と発表出来ればと思っております。
>皆様には心からお楽しみ頂ければ幸いでございます。

この文章の行間から、私は、主催側が、普段の例大祭では出来ない「やりたい事」を色々と実現したそうな雰囲気を感じ取っている。

ポイントとなりそうなのが、4月29日に九州で開催された「大(9)州東方祭」http://www11.atpages.jp/daikyusyutohosai/である。
様々な伝手から聞いた話だが、例大祭の主催氏は、同日ビッグサイト開催の「COMIC1」に参加した後九州に移動し、小倉の「大(9)州東方祭」にハシゴで参加したそうな。
「大(9)州東方祭」の館内アナウンスでも、主催氏がマイクを握り挨拶。「次回の例大祭はまだ発表できる段階にはありませんが…」等とお話された模様だ。

「まだ発表できる段階にはありません」という表現が微妙な所で、恐らく、この段階では9月19日の開催を視野に入れ、他有力即売会との水面下調整を実行していた頃なのだろう。その調整が終わっていないから、「まだ発表できる段階にはありません」という表現なのだろう。

「大(9)州東方祭」は、即売会部門だけを見ても、300サークル超と九州では異例の規模に育った東方オンリーだ。「COMIC1」のような大規模オールジャンル、同じ東方ジャンルでは「東方螺茶会」とバッティングし、苦戦が予想されつつも、前回開催を上回る規模に成長した良即売会である。

ただ、「大(9)州東方祭」の特長は、単にサークル数を集めたのみに止まらない。
主催氏が同人誌即売会の枠を超え、東方ファン全体のお祭りを志向した事もあり、即売会以外の企画も盛りだくさんである。
ゲーム大会は、「東方非想天則」128人参加トーナメントと異様に大掛かりだし、痛車展示は、西日本各地から実に65台も集結した。東方カードゲームの可能な交流スペースも用意、「チルノのパーフェクトさんすう教室」等の「踊ってみた」企画は、実に100人ものダンサーが集い、100人が一同に介し踊る様は圧巻の一言に尽きる。
そしてアフターは、リコーダーの名手・中雑魚酒菜氏、東方音楽の大家・TAMUSIC/TAM氏、SWIN GHOLIC氏らを招いての東方コンサート。
企画の充実振りは、東方界隈・同人界隈でも右に出る者無し、といっても過言ではない。


この「大(9)州東方祭」を、「博麗神社例大祭」主催氏が訪問した。
私のような物好きが行くならともかく、氏のようなご多忙な方が、わざわざ遠く離れた九州まではるばるお越しになる…その訪問には「理由」があると思う。

・「博麗神社例大祭SP」では、企画ものを色々考えている。
・「博麗神社例大祭SP」発表の僅か半年前に、わざわざ九州に足を運んだ。
・訪問した先は、企画ものの豊富な「大(9)州東方祭」である。

この3点から、以下の仮説が導き出される。
主催氏は、今後開催予定の「博麗神社例大祭SP」においての企画ネタ探し、或いは構想は決まっているが(その構想は「大(9)州東方祭」の企画に近似)実際には如何なる感じで動くのかを自らの目で確かめる為に、「大(9)州東方祭」に赴いたのではなかろうか。
「博麗神社例大祭SP」の企画は、恐らく「大(9)州東方祭」に近い物になるのではないか、と予測させていただきたい。

もっとも、この予測通りだと面白くない。
例大祭独自の企画を提示するなど、「良い意味で」この予測が裏切られる事を期待したい。

「大(9)州東方祭」の企画を単に踏襲しただけなら「二番煎じ」と揶揄されるかもしれないが、例え二番煎じだとしても、東京の例大祭でするのならば、それは極めて意欲的な試みだと思う。
例えば、チルノダンスの企画を例に取ろう。
人口の(比較的)少ない九州で、チルノダンスをやって100人が集まった。それでも、実に圧巻極まりない光景であった。
人口の多い東京で、そして「例大祭」でそれをするならば、その数倍は集まるのではないか。一体どうなることか?
恐ろしくカオスで、そして恐ろしく圧巻の光景が堪能できる事だろうw

「例大祭SP」には、同人誌即売会というよりも、寧ろ「東方ファンのお祭り」…すなわち交流会的な面で、個人的な期待が大きい。


【懸念すべき点】

「例大祭SP」に関して、懸念すべき点も決して少なくない。

前回でも触れたが、後出しジャンケンで数多くの即売会とバッティングしている。
「東方紅楼夢」「新潟東方祭」といった東方オンリーもそうだし、同日開催の「よんこま小町」「米原こみゅにけっと」「リトバスパーティー」他、多くのイベントが例大祭の直撃を受けていよう。
彼ら他主催にとっては、例大祭SPの存在はただの迷惑に過ぎない。
ぶっちゃけ、反感を買って、余計な敵も作りかねない。
余計な敵を減らす為にも、一度各主催にはお詫びの挨拶一つぐらいは入れておいた方が良さそうだ。

もう一つ気になるのは、主催団体「博麗神社社務所」スタッフ内の軋轢だ。
例大祭のカタログ編集に携わる有力スタッフの一人(注:3月の例大祭でもカタログ奥付に当該人物の編集後記が掲載されている)が、例大祭SPに対する不満を述べられている。
例大祭スタッフには、今回の開催の件について何も知らされていない、協力要請も無い、という事らしい。
(参照リンク:例大祭SP界隈を知る為のまとめhttp://anond.hatelabo.jp/20100519062731及び元記事http://togetter.com/li/22196)
氏の言い分にも若干の気になる点があるため、これを100%鵜呑みにする事は出来ない。また、「例大祭」主催氏にも言い分があるだろう。ここでは、その是非・真偽は棚上げする。

一つ言える重要な事としては、(内容の是非や真偽はともあれ)【中核スタッフが公然と不満を吐露している】という事。
普通、主催やスタッフという者、不満を愚痴るにしても、公にしてはヤバい内容も多いから、この手の内部事情の暴露・不満の吐露と言った行為は内々で行うはず。
メールですらも、形に残ると色々厄介だから控え、電話とか口頭とか、記録に残らない形でその手の不満を吐き出す。
それが、敢えて全体公開のtwitterという公の場で、内部事情を吐露する。普通、有り得ない事だ。
私は、主催団体「博麗神社例大祭」内部でのモラルハザードが起こっているのでは?と予感した。

今回・例大祭SPがどのような運営体制で行われるかは存じ上げないが、これだけは言える。
スタッフが協力してくれなければ、イベントは回らない。自身のイベントを成功させる為にも、主催は、スタッフを大事にするべきである。
一般論になるが、主催氏自身が、不満を抱えるスタッフとコミュニケーションを取りフォローを図るなど、不満の芽を摘む努力が求められるのではなかろうか。

少なくとも、普段開催をしないイベントを開催する事で、周辺への影響も大きい。
良くも悪くも、数多くの人を巻き込む影響力の高いイベントを開催しているという事を自覚し、懸念点の解消に努力いただける事を願いたい。

9/19「博麗神社例大祭SP」開催決定に寄せて

もはや説明不要、3000〜4000サークルの参加規模に膨れ上がった東方Projectオンリー「博麗神社例大祭」http://www.reitaisai.com/。
年1回、おおむね春の時期に開催されるこのオンリーだが、この度、「博麗神社例大祭SP」http://www.reitaisai.jp/と題し、秋にスペシャル版的なイベントを開催する事を発表した。(初出は5月16日、ケットコム主催の東方オンリー「東方崇敬祭」にてチラシ配布)
本日は、このオンリーイベントの開催に関する雑感を申し上げる事としたい。


【オンリー正式発表に至るまでの諸々】

このオンリーの開催に関しては、昨年末辺りから少しずつ、「噂」として流れていた模様だ。
その中の一つのエピソードとして、当ブログ2010年03月03日付「3/3 ケットコム主催&協力(予定)イベント更新情報」(のコメント欄)http://blog.livedoor.jp/analstrike/archives/51619779.html#commentsのやり取りを取り上げたい。

記事中、10月11日開催予定「東方紅楼夢」と同日に、ケットコムが自ら主催の「東方素芸祭」を(予定)として入れた事に触れ、これに対しケットコム主催氏が自らのtwitterで「よし釣れた!」とか言い出すものだから、私も、「何で俺を釣るの?」と不思議に思ったものである。
後で、ケットコム主催氏がtwitter上でも補足で書かれていたし、また他の方からもご指摘をいただき、「釣り」のターゲットは私ではなく紅楼夢が対象のようだった。
すなわち、「ネタは上がってんだ!さっさと日程発表しやがれお前ら!」と日程発表を迫る意味。10月11日に紅楼夢が開催されるのを承知でわざと(予定)で「東方素芸祭」を入れ…紅楼夢が日程を正式発表すれば、その(予定)を取り下げる。
そういえば、過去には、「博麗神社例大祭」の開催日たる3月14日に、「東方崇敬祭」を(予定)で入れていたこともあるが、今思えばこれも、「博麗神社例大祭」に日程発表を迫る意味も込められていたと見るべきか。

そして、つい先日まで、ケットコムで9月19日の所を見ると、「東方素芸祭」が(予定)で入っていた。
…途中、何故か「東方素芸祭」が「東方超素芸祭」に名前が変わって…そして「博麗神社例大祭SP」の発表と共に、「東方超素芸祭」の存在はロストしたw
取り敢えず、「博麗神社例大祭SP」でも、「紅楼夢」同様に日程発表を迫っていた事は、明白であろう。

ケットコムの行動の是非については、語ると長くなるし本題から大きく脱線しそうなので、割愛する。
…んん、まあ俺的には、いくら個人サイトという位置づけとは言え、公共性の高いサイトなんだし正直お遊びが過ぎるんじゃね?って思いもある一方、不謹慎ながらも「いたずらっ子萌え」な部分もあるし。簡単に言えばそんな所か。

で、それよりもご注目いただきたいのは、この記事コメント欄最後に遺した、3月25日時点での私のコメント。ぼかして書いてあるが、実はこれ、ケットコムが「東方素芸祭」を(予定)として9月19日に掲載し、「博麗神社例大祭SP」に日程発表を迫っていた事を踏まえてのコメントなのだが…

>少しぼかして書きますが、コレについては、本当は開催すんな他の即売会に迷惑だろってのが私の考えです。だって開催が決まったら、サークルがそれに吸着される。他の既に発表している即売会に迷惑がかかるでしょう。
>せめて開催するんなら、募集数を絞る、発表を遅らせて発表から募集終了までの期間を極端に短くする等、日程発表済の即売会に影響与えないようにして欲しいなあという思いがあります。
>故に、これは私の個人的な考えなのですが、こっちの釣り糸は「釣られる」んだったらなるべく遅めである事を望みますよ、と関係者各位には申し上げたくw

今回の「博麗神社例大祭SP」に対する私の態度は、上記のコメントに尽きると言えよう。


【既存即売会への影響必至!歓迎されざる(?)開催】

しかし、思うにこの「博麗神社例大祭SP」…果たして誰がこれを歓迎するのだろうか?もしかしたら、私に見えない所で、サークル参加者や一般参加者からの、開催を望む声が多かったのだろうか?
「博麗神社例大祭SP」の開催について、この疑念を取り払う事は、中々に難しい。

ここ最近の流れとして、東方の1000sp超即売会の開催ペースは、東で春に「博麗神社例大祭」、西で秋に「東方紅楼夢」。
東西「両横綱」のオンリー、そして夏・冬年2回のコミケ。各季節ごとに1つの大きなイベント、というバランスの妙。この4大イベントが、東方ジャンルにおける大きな「軸」として動いていた。

しかし、ここに「博麗神社例大祭SP」が登場する事で、東方ジャンル内のバランスが崩れる。
8月に夏コミ、9月に「博麗神社例大祭SP」、10月に「紅楼夢」。巨大イベントが月1回開催のハイペースは、サークルも一般も疲弊する。となると…イベント参加を差し控える向きが出ても不思議は無い。
既に募集も終わっている夏コミへの影響は少ないだろうが、例大祭SPと紅楼夢がサークルを食い合う展開になる事が懸念される。少なくとも、「東方紅楼夢」にとっての「博麗神社例大祭SP」は「脅威」たる事は間違い無い。

「博麗神社例大祭SP」を脅威に感じるのは、「東方紅楼夢」だけではない。
例えば、9月12日に開催を決定している「新潟東方祭」然り。これまでの継続開催を通じて運営が安定しており、大崩れする事は有り得ないだろうが、サークル参加数に影響が出ないという事も有り得ないだろう。

「新潟東方祭」よりも厳しい環境なのは、むしろ同日開催でバッティングした他即売会であろう
。特に、滋賀県米原市で開催の「米原こみゅにけっと」、そして同即売会内で開催される東方プチオンリー「まいこみ東方祭」にとっては、「博麗神社例大祭SP」の存在は迷惑以外の何者でもない。

滋賀県は同人誌即売会の開催自体が殆ど無い。「米原こみゅにけっと」は、ユウメディアの「米原コミケ」撤退後、実に4年ぶりの同人誌即売会となる。
今年の1月より告知宣伝を始め、随所で即売会のチラシをお見かけするようになった。特に、中京圏での告知に熱心な印象がある。

そして、現在地方オールジャンルでは普通にありがちなのだが…即売会自体の求心力を高め、より多くのサークルを集める事を狙ったのだろう。東方プチオンリー「まいこみ東方祭」も併催する事とした。
(同様の例に、「夕張まんがまつり」内の「東方蝦夷祭in夕張」や佐世保の「東方久遠境Extra」などがある。「杜の奇跡&東方杜郷想」は「杜の奇跡」内における参加サークル急増への対応的な色合いが強いので、少し性質が違うと思う)
安易に東方の力を借りているとの批判もありそうだが、私は「サークルを多く集め盛り上げたい」と志向する主催の熱意の表れ、として肯定的に捉えている。

しかし、そこに現れた「博麗神社例大祭SP」。
見込まれた東方サークルが「例大祭SP」に流れるであろう事が懸念される。
東方以外のジャンルで活動するサークルだって、東方イベントは買い手で参加なんてケースもあろうから、全く影響を受けないという事は有り得ない。
折角入念に告知宣伝に励んでも、後から来た「例大祭SP」のお陰で、サークルの目減りが懸念される。
「米原こみゅにけっと」は告知宣伝に熱心だから、ある程度のサークル参加数を集め最終的には成功を収めるであろうとは思うが、「例大祭SP」の影響で水を差す事になるのは残念である。

また、ジャンルが異なれど同日開催の他即売会も、多少の影響は受けよう。
同日開催の即売会としては、大阪開催「よんこま小町」や名古屋開催「リトバスパーティー」、東京開催「リリカルマジカル」等が挙げられる。別ジャンルとは言え、動員への影響も、決して無いとは言えない。
そして、その影響は動員だけに止まらない。「例大祭」というだけでスタッフが各所より徴兵される。スタッフ確保にも影響を及ぼす事も想定される。
(もっとも、「リリカルマジカル」「スーパーヒロインタイム2010」の開催は東京ビッグサイトで例大祭SPと同一会場。主催氏の例大祭に対する普段の関わり具合も考慮すると、例大祭SP側と何らかの話ができていそうな気はするが。)

同日及び近隣日の即売会であっても、「例大祭SP」が存在するというだけで、それに参加者が吸収される(スタッフ・サークル・買い手全ての意味で)。関係者には脅威であり、到底歓迎出来る物ではなかろう。
しかも、日程を決めた後で「例大祭SP」が後からぶつけてのバッティングだ。関係者にとっては、全くもって面白くは無い。
せめて、去年の秋ぐらいに発表していれば、他のイベントもそれを参考に日程を選定するであろうから、そういった影響も少なくなり、軋轢も起こらずに済んだのだろうが…

少なくとも、「例大祭SP」という普段開催しないイベントを敢えて開催する事は、他のイベントにも迷惑を掛けている事に繋がっている。
もう発表してしまった以上、流石に「開催するな」とは言えない。成功目指して頑張って欲しいとは思う。ただ、彼らの心の片隅に、この事実を意識いただけるようお願いしたい、とは思う。


【この時期の発表は、果たして遅いのか早いのか?】

9月開催「博麗神社例大祭SP」の開催発表は、開催4ヶ月前。1000spを超える大規模即売会にしては異例の遅さである。
世間から「発表が遅すぎる」との声が上がるのは、当然の話である。
ただ、私は寧ろ「開催が早すぎる」と思ったぐらいだ。

突き詰めて申し上げれば、「例大祭」クラスの巨大イベントならば。1年前から予定を発表しても良いと思う。今年の9月に開催するのであらば、遅くとも冬コミ前までには開催を発表するべきだと思う。
そうすれば他の中小即売会も、例大祭の日とかち合わないように、即売会の日程を設定し、今回のようなバッティングも防げよう。

だが、話として流れてきたのは今年に入ってから。
3月時点での私の見解としては、自分の日記のコメントでも載せたこの文章の通りである。

>せめて開催するんなら、募集数を絞る、発表を遅らせて発表から募集終了までの期間を極端に短くする等、日程発表済の即売会に影響与えないようにして欲しいなあという思いがあります。

本音言えば開催を思い止まって欲しい所だが、会場も押さえているだろうし、今更後にも引けないだろう。ならば、発表を遅らせて発表から募集終了までの期間を極端に短くする事で、他即売会への影響を最小限に抑えて欲しい、とする立場だ。
その立場からすると、寧ろ発表早いわ!もっと遅くしろ!という所である。
せめて紅楼夢の申込受付が終わってから…できればまいこみ東方祭等他イベントの受付も終わった後に発表が望ましい、とすら思う。

ただ、この時期の発表になったのは理由があると思う。
「ardarimの日記」様5月22日付「例大祭SPって...」http://d.hatena.ne.jp/ardarim/20100522/1274521632のご指摘が興味深いのだが、東京ビッグサイトの会場規約で利用開始3ヶ月前までに調印が必要http://www.bigsight.jp/organizer/organizer02_02.htmlとの事。つまり、ardarim氏の言を借りると「6/14〜6/19の間でグワッと申込みを集計して、申込み状況を見てホール数決定」という事なのだろう。
ardarim氏は、今から募集して最速の日程となるように9/19の設定とした、という見解のようで、残念ながらそこだけは、氏と私の見解の異なる所だ。
私は9/19開催は前から決まっていて、「6/14〜6/19の間でグワッと申込みを集計」から遡って1か月は募集期間を取りたい…という事で5/16「東方崇敬祭」での告知発表となったのではないか、と考える。

もっと遅い時期の発表を望みたいが、3ヶ月前に調印を決めねばならぬ事情を考えると、5月中旬の発表も、止むを得ないものと言えようか。
ただ、私が望んだ他の項目については、募集spは1000spと(例大祭にしては)控えめだ。また、募集期間も1ヶ月足らず。ネット申込は5月末開始だから、ネットに関して申せば半月足らずの極めて短い期間としている。
色々他に事情はあるのかもしれないが、結果として募集spや募集期間を絞り、他即売会への影響が最低限に抑えられた事自体は評価したい。

というか…それ以前にこんな色々イベントの立て込んでる時期に後出しでぶつけんじゃねえ!!ってのが本音だがw
とりあえず、例大祭の主催氏には、例大祭の直撃を受けて迷惑をかけてる他イベントの主催さんに、菓子折り持ってお詫びに行く事をお勧めしておきたいw

と、9月19日「米原こみゅにけっと」へのサークル参加を決め、どう逆立ちしても「例大祭SP」に参加不可能な自分からの不満はこの当たりにしておいて、次回はもう少し未来に期待を持たせるお話をしてみたい。
「博麗神社例大祭SP」で主催氏が「やりたい事」というのが色々あると思う。そこら辺を自分なりに分析・予想してみたいと思う。

5/3 蒲田PIO「東方皐月祭」他諸々(補遺)

という訳で、前回までの計3回にわたって、この「東方皐月祭」及び同時開催の各即売会が開催されるに至った経緯、そして当日の状況等をレポートさせていただいた。

皐月祭は、主催が余りにも心もとない。会場内は人が少なく物も売れない。
でも、周りで酒盛りやら鉄道模型やらがあり、色々とカオスなイベントで、それはそれで楽しめた。

どう考えても2010年の「厨房イベント・オブ・ザ・イヤー」の有力候補にも関わらず、満足感は高い…
私は過去、様々な即売会に参加させていただいたが、このようなイベントは、流石にお目にかかった事が無いw

何故ここまで楽しめたかというと、サークル間の「交流」の部分が楽しかったからなのだろう。
私は…というか他のサークルさんももそうだろうが…、急ごしらえの開催でサークルも一般も少ないだろう。作品はどうせ売れないだろうと覚悟して、割り切って参加している部分はある。
サークル参加者にとっての即売会の楽しみは、「頒布」「交流」の2つ。
前者が期待できない以上、後者の「交流」の比重が高まる、ある意味、非常に自然な流れ。そしてそれが、隣接イベント「たまれんのお茶会」内「居酒屋企画」の力も借りつつ、上手く機能した。それゆえの「満足感」なのだろう。

という訳で、本日は「皐月祭」及び他イベントについて、書き残した事を少々書かせていただきたい。


【東方皐月祭の主催は「非実在主催」か?】

あのぶっ飛んだ挨拶文を記した、東方皐月祭の主催・「ニィト」氏。
果たしてどんな人物なのか?誰もが気になる所であろう。
今回「皐月祭」において、実は、主催「ニィト」氏は、1回たりとも顔を見せなかった。とある参加サークルさん曰く、「主催の顔が見えないイベントだなあ」とおっしゃってたぐらい。

…いや、普通の即売会なら、主催が開場時に挨拶するでしょうけど、合同イベントという事もあり、開場時の挨拶は、全体を代表して「SSS」の主催さんが務めた。
ならば各サークルに挨拶回りにでも来るかな?と思ったが、それも無い。

果たして、皐月祭の主催・「ニィト」氏は何処にいるのか?
私は、暇を見つけて会場内をほうぼう探したものの、皐月祭「受付担当」の「ザワシオ」氏と思しき方が、会場内でスタッフをやっていたのを確認した程度だ。

話が変わるが、サークル参加申込の締切後、サークル案内のメールが、主催側より届いたのだが…
差出人「K・O」(←イニシャル表記にしました)という聞いたことの無い名前からなので、この「K・O」と名乗る人物が主催「ニィト」氏なのだろうと私は解釈した。

で、その後の本文のセリフ。

>東方皐月祭受付窓口担当の●●と申します。

●●は伏字だが、ここには所謂「ザワシオ」氏と思われる方の本名が記載されている。


えーと、「ニィト」氏と思われる差出人からのメールで、「ザワシオでーす」と名乗ってるわけですか?おかしくね?

そこで私はふと思ったのだが…
実は「ニィト」氏=「ザワシオ」氏ではないか?
「ニィト」氏は、「ザワシオ」氏のつくり上げた架空の人物。所謂「非実在主催」という奴ではなかろうかw

そう考えると、当日の会場内、ザワシオ氏が確認できても、ニィト氏が確認できなかったのも、頷ける話である。

これはあくまで一つの可能性の提示に過ぎないが、当日の状況等を見て、また、ここでも出せないような色々なお話を様々な方からお聞きしての感触として、それなりに可能性がありそうな説だと思う。

いずれにせよ、当日主催が全く顔を見せなかった事、これは紛れも無い事実。
同時開催の他即売会の主催さんが、皐月祭の主催としての業務も兼務してこなしていたかのような印象がある。

主催が得体の知れない即売会…正直不気味である。
私は参加したけど、普通、素性不明の主催のイベントに、サークルは参加しないもの。
今回「皐月祭」の主催が「非実在主催」状態だった事は、対サークル対応としては、正直余り筋が通った物とは言えないような気がする。



【他の同時開催の即売会について】

折角なので、同時開催の即売会についても、簡単にコメントを。

SSSさんは、男性向けのオンリーを多数開催されており、その精力的な動きには、以前より敬意を抱いていた。
ジャンル唯一のオンリーを開く…言わば「オンリーワン」のオンリーイベントも少なくなく、そのジャンルの規模維持にも貢献している、と私は意義付けている。
しかしながら今回、全般的に、予想よりも少ないサークル参加数だったが、これは2つの要因があると思う。

・ジャンル自体の熱の弱まり
・イベント数が多すぎて1個当たりの即売会に割くリソースが少なくなり、結果として運営が後手後手に

ご本人とも少しお話したのだが、私が思うには、これまで半年1回ベースで開催していたオンリーを、1年に1回に絞ってはどうか、と考える。
年1回開催とする事で、ジャンル内サークルの飢餓感を煽るという意味合いもあるが、主催氏自身が様々な主催業務に追われ後手後手になりつつあるので、開催ペースを落として、リズムを整えていただく、という意味合いもある。
いっそのこと、一年ぐらい主催業務の一切を休憩し、充電してから主催に復帰しても良いのかも。
いずれにせよ、主催業務が色々辛そうなので、無理しないで、と申し上げておきたい。


今回SSSさんにせよ、プラステ・珠津島にせよ、思ったようにサークルが集まらず、ちょっと寂しかった部分もあるかもしれない。
ただ、本当にそのジャンルが好きな方が集まった、とも言える。
小じんまりながらも、良即売会だったのではなかろうか。


そして今回「たまれんのお茶会」さんには大変お世話になった。
鉄道模型も相当大掛かりなセットが組まれており、鉄ヲタな皆様方が非常に生き生きと運転なり保線なりに勤しんでいらっしゃった。
痛車の展示あり、そして「FORコミニケット」さんによる居酒屋企画もあり。「コミッククリエイション」的な雰囲気で、皆との交流が図れる雰囲気づくりを演出していただけたお陰で、我々サークルも充分に楽しめたと思う。

たまには、こういう変わった即売会も悪くないかも。
…いつもこんな即売会ばかりでも、それはそれで困るけどな!!!w

5/3 蒲田PIO「東方皐月祭」他諸々(後編)

だいぶ前置きが長くなってしまったが、当日レポート。
ええと、前もって申し上げますが、今回の「東方皐月祭」なのですが…満足度はメチャクチャ高いですw
個人的には、何故か分かりませんが、2010年参加即売会の【ベスト3】に入ります。…いや、誰がどう見ても【地雷イベント】なのですが、なのにベスト3に入るこの不可思議。

勿論、東方皐月祭の主催に対しては、青龍刀片手にお説教はせねばならんでしょうが、それは次回以降の記事に譲ります。
先ずは、当日のカオス極まりない即売会の様子をレポート致します。


【当日の会場構成】

0503pio

大まかな略図だが、蒲田PIOが8分割された配置である。

図の右側…これは、PIOの外の広場から見ての手前側に当たるが、手前側の半面に、「おボク様が見てる」「珠津島ほりでぃ」「クロガミノンストップ」「秋葉様にゃかなわない」「図書館島の休日」「生徒会の一手」といった各即売会を配置している。
これらの即売会はカタログも共通化しており、相互入場も可としている。(ちょっと自信無いですが、「おボク様が見てる」だけ別対応だったかもしれない…カタログ買って無いので、調べようにも調べられんです。しまったw)
この右側半面では、真っ当な即売会が開催されており、これを【即売会ゾーン】と名付けよう。

そして図の左側…PIOの外の広場から見て奥の方だが、こちらを【カオスゾーン】と名付ける事にするw
「たまれんのお茶会」は、一般参加者は入場無料。4月に追加募集した「東方皐月祭」「たんこぶとわたし!」の2即売会も一般参加者は入場無料(カタログは無く、代わりにサークルカットを掲載したリーフレットを無料配布して対応した)。
【カオスゾーン】は、入場無料で誰でも気軽に来訪可能、という位置付けだ。



【即売会開場前から乾杯!】

今回の即売会他諸々のイベントは、少し変則的。
プラステ主催「おボク様が見てる」http://otome.info/のみ11時入場、それ以外の各即売会は、全て12時の入場開始となっている。

11時、「おボク様が見てる」一般入場開始。
初動約30〜40人。サークル数は20サークル弱。小規模ながら、「おとボク」好きのファンの皆さんが交流し、良い雰囲気。
主催は連合団体プラステ。同じ団体の主催する北陸のオールジャンル「こみフェス」については、その運営を苛烈に批判する自分だが、今回のイベントに関しては非常に良い雰囲気、「良即売会」と断言できる。
つーか、主催氏の動きが「こみフェス」の時とは別人としか思えないほどに動きが機敏なんすが…。一体何があったんだろうか、それとも、こちらが氏の真の姿なのか?
今回の「おボク様」のような感じで「こみフェス」も動くことがでかるならば、「こみフェス」も良即売会になるのに、と感じた次第。


東方皐月祭の方は12時開場なので、設営を手短に済ませ、たまれんのお茶会・居酒屋企画(=FORコミニケットのオフ会)側に挨拶。
ちょうどFORコミニケットとも縁のある、イベント主催団体「モノリス」http://otokonoko.monolis.jp/のお2人もいらっしゃったのでご挨拶。数日後に開催の「夕張まんがまつり」http://mangamatsuri.jp/が30サークル近くを集め健闘した事もあり、祝意を表する。

そんな感じで色々な方にご挨拶をする内に、11時30分過ぎには、たまれんのお茶会・居酒屋企画側(FORコミニケット)で、酒盛りの「乾杯」が始まる。
私もビールを頂戴し、酒宴の輪の中に加わる。
…ええと、よく考えたら「東方皐月祭」まだ始まってないよなあwww

そんな感じで、既に開場前から出来上がった状態でございまして…
両側のサークルさんには、酒臭くてご迷惑をお掛けしてしまいました。謹んでお詫びを申し上げる次第です。



【初動2人!伝説の来場者数を誇る東方オンリー】

両隣のサークルさんは、右隣が6/6名古屋コミックライブ内で風見幽香オンリーコミュ(プチオンリー)「ゆうかりん祭り」http://w01.tp1.jp/~a460031261/yuukarinnmaturi.htmlの主催さん。
そして左隣は、「東方崇敬祭」http://ketto.com/toho/・「東方素芸祭」http://ketto.com/sugei/等東方オンリーで実績を上げるケットコムさん。両側を主催に囲まれる素敵配置w

正直、しょっちゅう酒ばっか飲んでだいぶ酒臭い思いをさせてしまったと思います。両サークルさんには大変お世話になった事を御礼申し上げますと共に、ご迷惑をお掛けしてしまった事をお詫び申し上げる次第です。
また、特にケットコムさんに関しては、以前当ブログで批判した事もあり、恐縮する部分も強く…ぶっちゃけgkbrしてたのですが…紳士的にご対応頂けたこと、心より感謝申し上げる次第です。

gkbrしたと言えば、この日は4コマ系のオンリー等を主催される「TEAM
Operations」http://team-ops.info/の主催さんがご挨拶にお越し下さった。
ええと、私、「TEAM Operations」さんにはですね、過去「お前のオンリー、もっとサークル集めやがれ!」みたいな批判を書いた覚えがあります。間違いなくあります。正直お越しいただいた際には、gkbrが止まりませんでした…(汗)
確かにマイナージャンルゆえサークルは集めにくいが、同好の士で集まって楽しみたい、自分の好きなジャンルだからそのオンリーをやりたいのだ、という熱い思いを語っていただけた。
私も過去、マイナージャンルでサークルを集められずに辛い思いをした事がある。大変さは理解しているつもりだし、マイナーだろうと好きだからやりたいんだ!という熱い思いには、極めて強く共感する。
ヘタリアとか東方とかの人気ジャンルとは違うし、思うようにサークルを集められず苦労も尽きないだろうが、是非頑張っていただきたい。
今回の「皐月祭」では、「TEAM Operations」さんの熱い思いを聞けた事も、収穫の一つだったのかもしれない。

少し話は前後してしまったが、12時に一般入場開始。
初動は約200人。おっ、結構居るな!と思いきや…その初動列は皆が皆…先の図で言う右側の各イベントへ…。
東方が初動だった方は約2名…史上稀に見る初動数の小さい東方オンリーであったと言えようか(汗)
…ええと、ここまで人が来ないと却ってすがすがしいわw
そして、気が付いた時には、「前編」の冒頭http://blog.livedoor.jp/analstrike/archives/51643508.htmlで触れたように、右隣のサークルさんは、PCを持ち出して「東方花映塚」に興じている。左隣のサークルさん(=ケットコムさん)は、【プラモデルの組み立て】に熱中している。さらに左を見ると、一部スペース内(=FORコミケットさん)にて【酒盛り】やっている…そんなカオスな状態になった次第であるw

どうせ人が来ず暇だからと、他のサークルさんにご挨拶。周辺サークルさんと作品交換などして交流を深める。
一部東方サークルさんの刊行された【尿合同本】の話をしてる最中に、尿意を催し小便の為離席する空気の読みっぷりを見せたりw
また、東方サークルさんの中で、この即売会、東京なのに名古屋人が多いねえなんて話で盛り上がったり。ちなみに、全9サークル中名古屋在住者は4サークル。(関東在住だが)名古屋方面出身の方も1サークルいらっしゃるので、名古屋に縁のあるサークルさんは5サークル。…何ですかこの名古屋率の高さは。
ちなみに、ウチのスペースにお邪魔する友人も、名古屋人が多かったですが何かw

14時30分頃になると、某サークルさんが【生牡蠣ドロップス】なんてのを持ち出して他の東方サークルさんに振舞うw
私も頂戴した。味わった。

…えーと、青龍刀はどこかな。あった!

持参の【クッション型青龍刀】を取り出し、えいやっと辻斬りw
このリアクションで、【生牡蠣ドロップス】が如何なるお味かは、お察し下さい。
皆で【生牡蠣ドロップス】を舐めてると、余りの生臭さに、お酒が欲しくなってくる。

…うん、ちょうど左側で酒盛りやってるね!

という訳で、東方サークルの過半が、自サークルを放り出して(てかどーせ人来ないしw)「FORコミニケット」の酒盛りスペースに乱入し、お酒をたかるwww

「FORコミニケット」のスペースでは、何故か「FORコミニケット」さんと、友好関係の深いサークル「アキハバラ撤収組」さんがサークル頒布を始めている。
彼らのサークルに群がる、東方サークル参加組。
中でも特に人気だったのは、「アキハバラ撤収組」さん。何故か昔の地方即売会カタログを展示しており、それに皆が興味を持つw
だって15年前の「岩漫」だの「金コミ」だの「コミックネットワーク」だの「花鳥風月」だの、全国各地のオールジャンル即売会のカタログが、わんさかとw
昔の地方即売会の隆盛に触れた一幕であったw

訪問者は極めて少ないながらも、何故か主催関係者はやたらめったら多かったかもしれない。
オンリーイベント間の調整作業に頭を痛める某即売会の関係者が「飲まなきゃやってられない」とFORコミのスペースで酒を飲んだり、どう考えてもFORコミとのご縁の薄そうな某地方即売会主催や某男性向けオンリー主催がFORコミスペースで酒食らったり…となんかそんなのばっかりw
…とりあえず、誰でもウェルカムでお酒を飲ませてくれたFORコミニケットの関係者の皆様には、場を盛り上げていただけた事、心より御礼申し上げる次第である。

15時に即売会は終了、皆撤収に入る。
私は、16時半撤収というFORコミスペースに移って、更に酒を食らうw
なお、サークル机の撤収は15時半だったが、ケットコムさんの机に限り、【プラモデル組み立ての都合上】16時半の机撤収にずれ込んだ事も申し添えておきたいw
下半身は組み立て終わったっぽかったですw

そんな感じで、人が少ないながらも、何とか楽しく過ぎていった「東方皐月祭」なのだが…
振り返ると、サークルは何とか「自助努力」で楽しめたかも知れない。
だが、それはあくまでサークルの気の持ちようであり、「たまれんのお茶会」内居酒屋企画(FORコミニケット)の、誰でもウェルカムなフレンドリーさに因るもの。
皐月祭の主催の功績では、決してない。

また、あの雰囲気に溶け込めない人には厳しいものだったのは、一般参加者として参加した@++さん・CIAさんらブロガーの買い手関係者が糞つまらなそうな様子してたのからも、よく分かる。
つうか、お前らFORコミに乱入すればもう少し楽しめたと思うよ。

これはあくまで偶発的な要素により、(私も含む)一部の人の満足度が上がっただけに過ぎない。
楽しませていただいた事には感謝するものの、感謝の向く先は、皐月祭じゃなく「たまれんのお茶会」側だ。
東方皐月祭の評価が上がったか、と言えば、正直疑問である。

次回は、今回の「東方皐月祭」評論の最終回として、幾分の総括を加え、締めとさせていただきたい。

5/3 蒲田PIO「東方皐月祭」他諸々(中編)

前回記事http://blog.livedoor.jp/analstrike/archives/51643508.htmlにて、5月3日開催の話題即売会「東方皐月祭」の成立について、自分の知っている限りの経緯を語らせていただいた。
(一部事実関係の把握が甘く、関係者各位にはご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げる次第である)

今回は、何故、私が東方皐月祭への参加を決めたのか?そこを語る事にしたい。

サークルは如何なる基準で即売会を選ぶのか?
私の選び方が絶対ではない(というか寧ろ少数意見かも)だろうが、サークル側が即売会を選ぶに当たっての、一つの考え方を提起できると思う。
これを絶対視・鵜呑みされても困るが、一つの「参考意見」程度に聞いていただければ幸いである。


【もはや青龍刀を持ち上げる気力すら失せる「主催挨拶」】

取りあえず皐月祭公式サイト内「主催からのご挨拶」http://ja004.mobalog.com/satsukisai/cg1/ym2010-4/1270896078.htmlに書いてある文章を改めて抜粋する。

>皆さん始めまして主催のニィト♂です。
>今回、私の思いつきとワガママで突然ですが東方オンリーをやらせていただく事になりました。
>こんな突発のイベントにも関わらず会場のスペースを分け与えてくれた同じ会場のイベントのスタッフさん達には本当に感謝感激スバラデース。
>そして、快く受付窓口を引き受けてくれた▲ザワシオ▼さんには頭が下がりません。実家暮らしの私の家に申込書が届くと大変痛い事になるので大変助かりました。
>しかも、こんな素敵なイラストを描いていただける方まで紹介していただいて本当にもうなにがなにやら感謝です。
>次回以降はちゃんと専用の私書箱とか用意しようと思います。
>
>東方プロジェクトのオンリーを開らくと言う夢を達成できて本当にありがたいことです。
>願わくば沢山の方が参加していただけるように…本当にみんな本気(マジ)でよろしくお願いします。
>
>主催 ニィト♂


…余りにも突っ込み所が多すぎる。全てに突っ込んでいてはキリが無いので、私個人としては一つだけ。

>東方プロジェクトのオンリーを開らくと言う夢を達成できて本当にありがたいことです。

あの、主催が音頭取るだけでは即売会は開催できないですよ。
そこにサークルが集い、一般参加者が集い…サークル・一般・主催3者全てが揃って、はじめて即売会の開催は達成されるもの。サークルが集まらず開催中止を決めた即売会も世の中にはある。
「募集開始/立ち上げ」という、まだ一般・サークルが集まると決まってない内から、開催が達成できたたかのような物言いは、果たして如何なものか。

他即売会の主催挨拶と比べるまでもなく明らかだが、余りにも「クオリティ」が違いすぎる。
こんなノリの挨拶、私は個人的に見覚えがあるのだが…ほらあれだ、同人イベント主催団体のS●Fの●川さん当たりが、エイプリルフールネタで嘘イベント立ち上げた時の投げやりな主催挨拶に、雰囲気が近いかなあw
平たく言えば、「ネタ」と勘違いされても文句は言えない。そんな主催挨拶であったw



【「STRIKE HOLE」が地雷に身を投じた理由】

開催3週間前に差し掛かってからの急な開催決定。そして、こんな適当なノリの主催挨拶。悪いが、「厨房」の香ばしい薫りしか漂わないw
サークルの立場から見ると、このイベントに身を預けるには、不安がよぎる。明らかに「地雷」であり、それに参加するという選択肢は、決して有り得ない。
ならば、何故「STRIKE HOLE」が、その地雷に参加を決意するに至ったか?

イベント訪問&観察&レポートという、当ブログ「STRIKE HOLE」の活動の特性上、「ヲチ目的」での参加だろうと捉えられるのは、極めて自然というか、致し方ない事であるw
だが、ただヲチするだけだったら、一般参加で来る、という選択肢もある。サークル参加でなければならぬ必要性も無い。

4月11日のサンクリで告知が始まり、あのぶっ飛んだ挨拶が、私の周辺でも話題になり始めた。
その直後の自分を取り巻く状況はこんな感じ。

・友人の東方サークルが、「皐月祭」の地雷臭に恐れつつも参加を表明
・同時開催の鉄道模型運転会「たまれんのお茶会」主催氏より、私の友人でもある「FORコミニケット」に話が来て、PIO会場内で飲みオフ会が開かれる事が確定
・そう言えば、名古屋から上京する友人が、毎回「図書館島の休日」(←SSS主催のねぎま!オンリー/5月3日のPIO同時開催イベントの一つ)に参加してたよな。

…という具合に、「皐月祭」及び併設の他イベントに参加する友人関係者が、案外多い。
参加すれば、色々な方とお会いできそうで、それはそれで楽しそう。

また、一般で参加しても良いかもしれないが、サークルとして参加する事でサークル間での交流が図れるかも。未知の東方サークルと仲良くなれるチャンスかもしれない。
急な募集だし、サークルも来ず閑散イベントかもしれない。
でも、人が来ずに暇ならば、「たまれんのお茶会」に寄って模型見たり、FORコミニケットの皆さんと酒酌み交わしたり、なんて楽しみもあろう。
即売会としては地雷かもしれないが、私個人としてはサークル参加した方が、色々楽しめそう、と判断した。
そういった「計算」も働き、私は「東方皐月祭」へのサークル参加を決意した次第である。

それに、皐月祭は、確かに色々とアレげだが、共同開催のイベントはSSSなり珠津島なりプラステなり、実績経験豊富な方揃いだ。最悪皐月祭の主催が逃亡したとしても、彼らが面倒見てくれるだろうから安心だw(ひでぇ)



【即売会にサークルが参加する動機…の一形態】

サークルが、どういう動機で即売会に参加するかは、千差万別。判断基準は、人それぞれだ。
分かりやすい理由としては、「作品が売れるイベントか否か」というのもあろう。
そういう意味では、この「東方皐月祭」は、申し訳ないが該当しない。いかに東方とは言え、余りにも急すぎる募集でサークルも見込めない。サークルも見込めなければ一般参加者も見込めない。買う人が居ないから売り上げが上がらない。

ただ、私個人のサークル参加基準としては、「作品が売れるイベントか否か」なんてのは余り関係ない。
いや、全く気にしてない訳じゃないが(サンクリに良く参加するのは「売れるイベント」だからってのが大きい)、それだけで動くつもりも無い。
てか、売り上げ気にしてたら、地方開催の即売会にサークル参加はできないし。

私のサークル参加基準の一例…

・行った事ない地域の即売会に行ってみたい(→物見遊山的側面?)
・開催趣旨に共鳴。支援の意味も込めてサークル参加する(→1サークルでも増えれば盛り上がりも僅かながら違うでしょって事で)
・実績を積み重ねて継続開催を頑張っている即売会に行って、光る部分を紹介してみたい(→ブログのネタ探し的側面?)
・観光旅行を兼ねて。

という感じでの、物見遊山・ブログのネタ探し要素での参加が多いだろうか?

ただ、何よりも私が一番重視しているのは、「人」との交流である。
私は、「物の売り買いだけが即売会じゃない」という考えを持っている。
「即売会を通じた人との出会い」というものを、物が売れるかどうか以上に、大切にすべき「即売会の楽しみ」として、即売会に臨んでいる。

#2009年9月11日付記事「コミケカタログ掲載原稿・余談」http://blog.livedoor.jp/analstrike/archives/51551477.htmlにおいて、昨年夏のコミケカタログでコラムを書いた時のボツ原稿を晒した事があったが、この記事をご覧いただければ、私のサークル参加スタンスとして、人との出会いを重んじている事をご理解いただけよう。

「人との出会い」という私が最重要視している即売会の楽しみが、満たされるかどうか?
そこが、サークル参加を決める決定的要因になろうか。
今回の「東方皐月祭」は、先述のように色々な方にお会いできて楽しそう、との判断に因る。私が最重要視する「即売会の楽しみ」は満たされそうだと判断、サークル参加を決意した次第である。

尚、余談だが、「人との出会い」を参加基準とするサークルは、私だけではなく、結構多いと思う。
同じジャンル・同じカップリング同士語れる友達が欲しい、という事でイベントに参加する向きも多いだろう。男性向けの世界よりも、寧ろ女性向けの世界にその傾向は強いだろう。
そしてその中で、サークル間の交流、横の繋がりは生まれてくる。

その論理で申し上げるならば、私がたまに主張する「主催は、1サークル1サークルを大切にすべき」との論は、別の意味を帯びて来る。
1サークル1サークルの積み重ねが、100サークルだとか200サークルだとかまとまった数になるものだと思うので、その主張は間違ってないと思う。

但し、そこにサークルさん同士の横の繋がりというものを併せ考えると、「あのサークルさんも参加するから自分も参加しよう」となり、1サークルを大事にする事が5サークル、10サークルの参加に繋がる。「1サークル」という数字以上の効果を生むのではないか。
無論、その逆パターンも当然有り得る。1サークルと揉めようものなら、周辺サークルにそれが波及。離反するサークルは1サークルのみに止まらず、5サークル、10サークルと連鎖する訳である。

…とここまで長く語った所で、いよいよ次回、5月3日の当日レポートに入ります。

5/3 蒲田PIO「東方皐月祭」他諸々(前編)

5月3日、蒲田PIO開催の東方Projectオンリー「東方皐月祭」。

サークル参加した私が、サークルスペースに立ちつつ抱いた思いは一つ。

これは本当に”東方Projectオンリー”なのか?」

いや、もしかしたら「夢」を見ているのかもしれない。
これがこの世の現実とはとても思えない。いや思いたくないw

右隣のサークルさんは、PCを持ち出して「東方花映塚」に興じている。
左隣のサークルさんは、【プラモデルの組み立て】に熱中している。
さらに左を見ると、一部スペース内にて、【酒盛り】が始まっている。
真正面見ると、買い手は誰も居ない。東方オンリーありがちな「人の波」「男波」とは無縁の様相だ。しかも、【鉄道模型の運転会】が開かれている。

…これは一体何のイベントなのか?
これを「東方オンリー」と呼んで良いものなのか?

というか、何故このような状況になってしまったのだろう?
この「東方皐月祭」が開催されるに至った経緯に触れ、何故このようなカオスに至ったかを紐解いてみる事としたい。



【その前にお詫びと訂正のお知らせ】

この記事を上げた折、ネギま!オンリー「図書館島の休日」等を主催される「SSS」さんと、AUGUSTオンリー「珠津島ほりでぃ」の主催さんとが同一主催であるかのような書き方をしておりましたが、これは当方の誤りです
また、生徒会の一存オンリー「生徒会の一手」について、他のけいおん!オンリー等と同様4月に入ってからの急に募集を始めた即売会、として捉えておりましたが、これも誤りでございました。(コメント欄のご指摘の通り、「生徒会の一手」は、もう少し前から募集をかけていた模様です
該当箇所を修正しました事をご報告申し上げますと共に、関係者各位には、ご迷惑をお掛けしました事をお詫び申し上げます。続きを読む

STRIKE HOLE イベント参加の予定

ゴールデンウィークは、怒濤のイベントラッシュ。
「STRIKE HOLE」も、今年は即売会参加に大忙しです。
以下の即売会にサークル参加致します。


5/3 蒲田PIO「東方皐月祭」
→スペース未定(サークル案内は届きましたがスペース番号知らされず)のため、当日お探し下さい。
 「皐月祭」自体は一般参加者は入場無料のようですので、お気軽にお立ち寄り下さい。

5/4 東京ビッグサイト「コミティア」【い05b】
→ちょっと事情ありまして遅刻します…
 頒布開始は13時頃からになる見込みです。

5/5 Little"T"Star【業-10】
→こちらも事情ありまして遅刻します…頒布は12時頃からになりそうです。

5/8 夕張まんがまつり【スペース:9】
→諸事情により関西に行く事になり、本人不在となります。申し訳ないです。

5/23 北陸本専【C-15】

新刊は何か出せれば良いのですが、今のスケジュールでは難しそうです。
既刊の即売会レビュー本をこさえてお待ちしております。
これが終わったら、夏コミ後まではしばらく参加予定はございません。
秋の即売会のスケジュールを、そろそろ考えないとなあ…
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ