STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2016年04月

4/17 北海道函館市・オールジャンル同人誌即売会「Chaos Festival」

「Chaos Festival」は、2007年に北海道で立ち上がった同人誌即売会。
当初は札幌市内にて開催していたが、札幌の男性向けオールジャンル同人誌即売「札幌プリンセスフェスタ」内で東方オンリーを開催する等、積極的な活動が目立っていた。
2009年頃から小樽市内での開催にも注力。2010〜2011年には「夕張まんがまつり」運営に参画する等、札幌を飛び出し道内各地に活動を広げていった。
函館で開催される同人誌即売会が皆無同然という事もあり、2011年からは「Chaos Festival」の函館開催を企図。地元の同人者のニーズに対する受け皿として支持されたようで、以降、年2〜3回程度のペースで、函館での定期・継続開催で落ち着いている。

私も、道内各地の同人者即売会に足を運んではいたものの、函館の即売会はまだ参加した事が無く、北海道新幹線開業に合わせ、同新幹線の乗り潰しも兼ねてサークル参加する事にした。続きを読む

4/10 鹿児島県鹿屋市・艦これオンリー「か之これ!」

また、遠征参加が大変そうな「聖地」で艦これオンリーが開催された。
鹿児島県鹿屋市は、現在も自衛隊の鹿屋基地が置かれているが、戦中も海軍基地が置かれており、それが由来となり「艦隊これくしょん」のサーバー名にもなっている。
当然、艦これ「聖地」という扱いになる。

昨今の傾向からすると、そういう艦これの「聖地」的なスポットで、艦これオンリーの同人誌即売会が開催されるのもよくある傾向。
という事で、この鹿屋で艦これオンリー開催と相成った。

とは言え、鹿屋は遠い。自衛隊もあるので定住人口もそこそこ多く、若者も比較的多い。大隅半島随一の10万都市という触れ込みだが、なにぶんアクセスに難がある。
県都・鹿児島からはバスで約1時間半。鹿児島空港からも、バスで1時間半。昔は鉄道も走っていたが、旧国鉄の再建過程で廃線に。中々、アクセスに難儀する「陸の孤島」である。
…でも待てよ、最寄りの空港まで電車使って3〜4時間かかる高知の宿毛湾よりはマシだよね。宿毛より全然難易度低いじゃないの!w
もはや宿毛湾までクリアしたこの私にとって、鹿屋なんぞ近い!近い!

…という訳で、関東の自宅から、片道6時間余りをかけて、私は鹿屋に足を運んだ。
(参考・宿毛は片道10時間続きを読む

4/3 大阪開催 公共交通・旅行系オンリー「のりものターミナル」

この日は、大阪で開催された「のりものターミナル」にサークル参加させていただいた。
当サークルは、「同人誌即売会遠征」を行いその様子をレポートする活動をメインに行っている事もあり、時折この手の「旅行系」を銘打つオンリーイベントに、サークル参加している。
去年は都内開催の「Little "T" Star」にもサークル参加したが、今年はスケジュールが合わず、これに参加できない。何か代わりとなるイベントがないか?という事で、去年から開催されているこのイベントに白羽の矢を立てた次第である。続きを読む

3/21 佐賀市開催オールジャンル同人誌即売会「Comic Stream petit in 佐賀01」

五島列島の「よかコミ!」にサークル参加の帰りは、フェリーで長崎へ。長崎で1泊を経て、翌日3月21日佐賀空港からLCC(春秋航空)で帰京の予定を組んでいた。
そんな中、大九州合同祭実行委員会(東方オンリー「大(9)州東方祭」や艦これオンリー「西海の暁」の主催元)が急きょ「Comic Stream petit in 佐賀01」開催します!などと言い出す。
…えーと、佐賀空港向かう途中で立ち寄れるよね、これ。
という訳で、当サークルは、急きょ「Comic Stream petit in 佐賀01」へのサークル参加を組み込んだw

会場は、JR佐賀駅から南にバスで10分の、佐賀市民会館。
この会場なら、帰りの佐賀空港行のバス停も徒歩5分。LCC春秋航空は14時30分佐賀空港発なので、最後まで会場にいる事が出来ないが、それでも13時までは会場にいられるという計算も立つ。
こうして上手く予定がはまり、3/20五島列島「よかコミ!」→3/21「Comic Stream petit in 佐賀01」連戦での参加が確定した。続きを読む

3/20 長崎県五島列島・五島市開催の同人誌即売会「よかコミ」

3月20日は、春休み時期の3連休という事もあってか、様々な同人誌即売会やオタク向けイベントが目白押し。私の周囲も、ガルパン舞台・茨城県大洗町の「海楽フェスタ」に流れる者あり、都内の同人誌即売会に流れる者あり、広島県江田島市の艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」に流れる者あり…と多様だった。
そんな中、私は敢えて長崎県は五島列島の同人誌即売会「よかコミ」に足を運んだ。

五島列島は、長崎や佐世保から船で西に約100km弱ぐらいの、西海に浮かぶ離島群。
風光明媚な風景だが、本土とはフェリーや高速船でのアクセスであるため、遠征好きの自分でも流石に骨が折れる。
今回、行きは博多・深夜発のフェリーで約8時間掛けて五島列島入り。帰りも、フェリーで3時間掛けて長崎市に戻ったぐらいだ。

DSC_0199

そんなアクセス大変な離島・五島列島。長崎市に行けば同人誌即売会はあるだろうが、フェリーで片道3時間を要するので、中々足を運べない。正直、面倒くさい。
ならば島で同人誌即売会を開いてしまえ。
そういう思いから開催に至った即売会が、「よかコミ」である。続きを読む

5月新刊「コンテンツツーリズム取組事例集2(主に西日本編)」刊行のお知らせ

ゴールデンウイーク合わせの新刊について、ご案内致します。
5月イベント合わせの新刊、昨日入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ