STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2019年05月

2019/5/26 熊本県湯前町・艦隊これくしょん球磨型オンリー『球磨!出撃するクマ!』参加レポート

艦隊これくしょん(艦これ)のオンリーイベントは、海軍ゆかりの地を「聖地」と見なして開催されることが多い。
それはすなわち、これまで同人誌即売会というものが開催されることの無かった地域で、同人誌即売会という存在が進出することに他ならない。
実際これまでも、青森県むつ市(大湊)や広島県江田島市・高知県宿毛市など、これまで同人誌即売会が存在しなかった地域で、艦これオンリーが開催されるようになった。

…しかし、いくら聖地開催だからといって、熊本県湯前町で艦これオンリー開催とは、どういうことなのか?
湯前は、熊本とはいえ所謂「球磨地域」。周囲を山に囲まれた、人口約4000人の小さな町だ。山間部ということもあり、旧日本海軍がモチーフの「艦これ」とは、親和性が見出しにくい。

実はこの球磨地域、「アニメ聖地町おこし」の研究を続けている立場としても、注目の存在だ。
もともと球磨地域内の人吉市は、アニメ『夏目友人帳』舞台として知られていたし、最近ではPCゲーム『まいてつ』の、聖地における動きが活発だ。
また、湯前町では、「まんがの町」としての取組を長年続けている。

これらの球磨地域内における動きを注視し続けていた自分としては、この催事を機に、この地域の取組をまとめて公開しようと決意。サークルとしての参加を申し込んだ。


◆◆目次◆◆

1.艦内神社とは
2.軽巡洋艦「球磨」の艦内神社として
3.湯前への道は遠かった…
4.お座席に机椅子を持ち込んだ同人誌即売会
5.まとめ
続きを読む

2019/5/19 兵庫県豊岡市開催・同人誌即売会『参羽鴉』参加レポート

2019年05月06日付記事『いよいよ「行き尽くした」感のあるSTRIKE HOLEの即売会行脚(2019年度中の訪問見込も含め、国内156市町村・海外3市)』では、当サークルが日本全国数多くの町の同人誌即売会に足を運んで、もはや「行き尽くした」レベルに達していることを記させていただいた。
即売会が年1回以上開催されている市町村で、未訪の(かつ訪問予定が立っていない)箇所は、もはや北海道紋別市・室蘭市、東京都福生市、愛知県犬山市、兵庫県豊岡市、そして熊本県八代市。未訪の町は、もはや数えるほどしかない。

その中の一つとして挙げた「兵庫県豊岡市」。
兵庫県北部・日本海側に位置する人口7万の町だが、この町で近年定期・継続開催を続ける『参羽鴉』が開催されるとの報を聞いた。
スケジュールも調整できたので、私は、豊岡に急行した。

◆◆目次
1.豊岡市の同人誌即売会
2.豊岡の同人誌即売会『参羽鴉』当日参加レポート
続きを読む

いよいよ「行き尽くした」感のあるSTRIKE HOLEの即売会行脚(2019年度中の訪問見込も含め、国内156市町村・海外3市)

この記事の続編です。

以下、来訪した即売会の開催都市を記します。

【記号の見方】
()付 → サークル申込済等、今後来訪予定の都市も含む
★付 → 2018年10月以降、新たに訪問した即売会開催都市
◎付 → サークル参加経験のある都道府県続きを読む
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はメールにてどうぞ。
メールアドレスnuregus★yahoo.co.jp
*★を@に置き換えて下さい。
mixi ID : 557000 (e-mailですと迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。確実返信が欲しい時は、メールよりmixiの方をお勧めします。

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ