STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

2019年07月

夏コミ新刊第2弾!「コンテンツツーリズム取組事例集6 主に南日本編」刊行のお知らせ

夏コミの新刊ですが、入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。

ct6hyoushiAmini


【刊行物概要】
●書名…「〜アニメ・マンガ等で地域振興・町おこし〜 コンテンツツーリズム取組事例集6 主に南日本編」

●内容…
「アニメ・マンガで町おこし」、或いは「聖地」町おこしという言い方がされることもありますが…いわゆる「コンテンツツーリズム」についての研究・評論本。最新作・第6弾です!

今回は、『ゾンビランドサガ』続編制作が発表され、また『ユーリ!!!』新作もあり。これまで以上に注目を集めるであろう「旬」の聖地・佐賀県唐津市
さらに、こちらも続編が控える『ゆるキャン△』の舞台。注目度が急激に高まった、山梨県(身延町・山梨市など)全域。
唐津・山梨といった注目の聖地を中心に、全国各地の「聖地」の取組を、深く掘り下げ研究しています!

また、本誌執筆中に発生した、京アニ放火事件を踏まえ、「(緊急コラム)京都アニメーションの生み出した「聖地」」を執筆。
京アニ制作アニメが「アニメ町おこし」「コンテンツーリズム」にもたらした影響を、幾つかの「聖地」における事例を通じ語ります。鷲宮は言うに及ばずですが、豊郷もけっこう他に与えた影響が大きいと思います。
(その分、当初予定していた、青森県弘前市の「聖地」町おこし記事は見合わせました…これは、後日機を設け別途発表します)

ct6item03


巻末には、「コンテンツツーリズム・全国聖地事例大全」を収録。
筆者の「聖地」町おこし研究の「超ダイジェスト版」と言うべきもの。
日本中の聖地事例を、短評と共に紹介。日本中を網羅しました!


●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 86ページ

●頒布予定…8/11「コミックマーケット」3日目 配置:西2ホール・く-05a
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布
 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

●その他…
・国会図書館に納本予定
・同人ショップ「GREP」様・「COMIC ZIN」様に委託販売予定(通信販売もあります)
即売会に足を運べない方は、これらのサービスをご活用ください。

※「コンテンツツーリズム取組事例集1」「「コンテンツツーリズム取組事例集2」は完売を受け、無料公開を開始しております。
(pdfファイル)第1巻 第2巻
本誌(第6巻)購入を検討される際の、参考資料としてもご活用ください。


(以下もう少し思いのたけを語ります…)続きを読む

【夏コミ新刊のお知らせ】『日本クソ即売会列伝』刊行します!

昨年、当サークルからの即売会評論本として、まるまる一冊通しで、同人誌即売会主催団体「SDF」の手による同人誌即売会を特集した本『SDFクソ即売会列伝』を刊行しました。
(なお、この本の初売りは、SDF主催の即売会『勇者部満開』ですw)

こういうひどい本でしたがw

sdf_kuso_only


参考リンク:2018年03月10日『春のクソ新刊「SDFクソ即売会列伝-BREAK THE FRONT RIVER-」発刊のお知らせ』

要は、SDFをクソ即売会量産主催として決めつけ、「主催は病気」と認定したくなる頭の悪いSDF主催即売会の数々をピックアップし、世にご紹介した。そういう本です。
この本をお読みいただいた皆様、漏れなく頭痛or脱力に見舞われる。そういうアホさ満点の本でして、多くの皆様に「文字通り」ご笑覧いただきましたw

でも、日本は広い。
SDFの即売会がいかに「アホ即売会」「クソ即売会」だらけといっても、そこで思考停止に陥ってはいけません!
世の中には、SDFに勝るとも劣らぬ「クソ即売会」が、多数あります!

今回は、SDF以外にもまだまだたくさんある、この手のクソ即売会を徹底紹介!
読者の皆様を、さらなる頭痛・脱力にいざないたいと思います!!

(以下、刊行物の詳細を語ります)続きを読む
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はメールにてどうぞ。
メールアドレスnuregus★yahoo.co.jp
*★を@に置き換えて下さい。
mixi ID : 557000 (e-mailですと迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。確実返信が欲しい時は、メールよりmixiの方をお勧めします。

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ