STRIKE HOLE

一時支援金・文化庁補助金の申請サポートを、同人関係者向けに始めました!文化芸術活動の継続支援事業補助金・文化芸術活動の充実支援事業補助金など。 サークルとしては、同人誌即売会・アニメ聖地町おこしの評論中心にやっています。 【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系とアホ評論の二本立てです。

2021年05月

【イベント主催向け】文化庁補助金「ARTS for the future!」攻略法(2)〜未来の催事編〜

前回、イベント主催向けの補助金「ARTS for the future!」について、概要を解説した。
詳細は以下リンクからご確認いただきたいところだが、

参考リンク:「ARTS for the future!」攻略法(1)

(1)今後開催する催事に対する支援「充実支援事業」
(2)キャンセルに追い込まれた催事への支援


この2本柱で成り立っている補助金だ。

(2)のキャンセル料支援については、4月下旬に発令された「緊急事態宣言」の影響を受け、キャンセル料支援が拡充される見込となった。
(なお詳細はまだ発表されていないので、今後の発表を待とう)

キャンセル料支援については、制度拡充の仔細発表を待って語りたい。つまり、「後回し」ということで…
まずは、5/24の1次募集締め切りに間に合わせるべく、(1)今後開催する催事に対する支援「充実支援事業」の攻略法を語りたい。

なお「充実支援事業」は、1団体1申請限りが原則。
但し、1申請の中に何十件の催事を組み込んでも構わない。
(キャンセル料支援は別枠申請可)

12月までの開催計画を、大まかでいいから決めておき、予定催事全てをまとめて申請できるようにしておきたい。


【目次】
◆「従事人員」を定めよう
◆収支計画書を書こう
◆web申請をしよう(団体名登録)
◆web申請をしよう(webに事業内容を登録)
◆事業者名と口座
◆最後に
続きを読む

【イベント主催向け】文化庁補助金「ARTS for the future!」攻略法(1)

昨年、コロナ禍での芸術活動を応援すべく、文化庁から補助金「文化芸術活動の継続支援事業」が登場。数多くの同人サークル・同人イベント主催が応募。補助金の恩恵を受けました。
筆者も、サークルや主催の補助金獲得を、数多くお手伝いさせていただきました。

(参考)当時の記事 前編後編

今年も、文化庁から補助金が登場。
その名も「ARTS for the future!」。

ただ、この制度、いろんな要素がキメラのごとく合体しており、結構ややこしいですw
(もっともそれは、同人関係者が支援の網に入るよう、国会議員尽力の下、制度設計を工夫した「証」でもありますが…)

そこで、同人界隈と補助金・助成金の世界両方に詳しい(と勝手に自認する)筆者が、この「ARTS for the future!」を【超大まかに】解説します!

*細かい説明は後でゆっくりと。今回は概要に留めます。

【目次】
‖腓く2つの柱に分かれます!
◆崕室損抉膸業」は、未来の催事に対する補助金
「キャンセル料支援事業」は、中止に追い込まれた過去の催事に対する補助金
ぅぅ戰鵐伴膾鼎里澆対象です!
2020年文化庁補助金申請の時に使った証明資料を引っ張り出そう
ζ餔彭挈汁
団体情報登録の罠
補助金を当て込んだ予算組みはおやめくだされ
最後に
続きを読む

御城プロジェクトオンリー「城魂!」(2021/4/11・愛知県犬山市)参加レポート

近年、愛知県犬山市で定期開催を続ける、御城プロジェクトオンリー「城魂!」の存在は、結構気にはなっていた。
これまでも気にしてはいたが、他の催事とバッティングして行けない状況が続く。
2020年は参加方向で計画していたもの、コロナ蔓延により緊急事態宣言が発令。中止に追い込まれてしまった。

今年は開催できるとのことなので、気を取り直して、一般参加。

【目次】
◆御城プロジェクトの同人誌即売会
◆国宝・犬山城の建つ愛知県犬山市での開催
◆コロナ禍での工夫の数々
◆参加サークル数はどうしても目減り
続きを読む

【ごめんもう一つ新刊あったわ】『ワカマツヤ貸切うどんツアー』発刊のお知らせ

5月30日、観音寺市・若松家本館(ワカマツヤ)にて開催される
ワカマツヤオンリー『若松家大創業祭』合わせの新刊です。

ワカマツヤは「結城友奈は勇者である」以降ファンの聖地になりましたが、よくよく考えてみると「結城友奈は勇者である」以前にも、筆者は「ワカマツヤ」のお世話になってるんです。
というわけで、上記同人誌即売会合わせで、その時の光景を思い出しながら、「ワカマツヤ」にお世話になった経緯を描いてみました。
以下、概要をお知らせします。

bo_matsuya01



【刊行物概要】
●書名…「ワカマツヤ貸切うどんツアー」

●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 16ページ

●頒布予定…
 コピー本です。観音寺の『若松家大創業祭』(5/30)でのみ頒布します。
 それ以外のイベントでは、原則頒布予定はありません
 (在庫余らせてる等の事情で頒布することはあるかもしれませんが…)

 委託頒布の予定もありません。

●内容…
 要は「ワカマツヤ」を貸し切って「うどん店巡りツアー」ってのをやったことがありまして。その時の様子を描いてます。

bo_matsuya02


何故宿が「ワカマツヤ」かというと、三豊で納豆うどんを食べるため。
納豆うどんに間に合わせるため、近くの宿探してたらワカマツヤになった、ってことだろうと思いますw

bo_matsuya03



★うどんツアーについては、2013年刊行の「コーマニズム宣言Specialうぷふぐ論」でも描いています。本書はこれをベースとしつつも、勇者部向けに大幅な加筆修正を施しています。

ゆゆゆ民(勇者部)限定・ワカマツヤ常連限定の内輪な本ですが、5/30の「若松家大創業祭」にて是非お買い求めください!

【夏の新刊】『コンテンツツーリズム取組事例集6.5 雛見沢聖地論』発刊のお知らせ

6月のひぐらしオンリー合わせで、STRIKE HOLEとしては初となる「ひぐらし本」を出します!
と言っても自分は評論系。コンテンツツーリズム研究の本が多いですから、【ひぐらし×白川郷】の聖地研究本となります。

「ひぐらし」にハマったのは10数年前。
ジャンル変遷としては、「ゆゆゆ」「艦これ」「東方」よりも前の時点でハマってました。
ひぐらしが世に出てから10数年経過して、ようやく「ひぐらし本」が出せるようになった!というのも感慨深いものがあります。

6月のひぐらしオンリーから、頒布予定です。
以下、概要をお知らせします。

【刊行物概要】
●書名…「コンテンツツーリズム取組事例集6.5 雛見沢聖地論」

●B5サイズ 表紙モノクロ・本文モノクロ 32ページ

●頒布予定…
とりあえず、6月のひぐらし関連オンリー、全てで頒布します!

6/6 07th大浴場2021(Web即売会)
6/13 雛見沢村綿流し祭(都内)
6/20 雛見沢村民集会(名古屋)


あと、6/6のコミティアでも並べておきます。

以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定
*店舗委託も、メロンブックス等で予定しています。

●内容…
ひぐらしの聖地・白川郷で、ひぐらしは嫌われていた。

聖地巡礼界隈やコンテンツツーリズムの研究界隈では、それが定説となってますが、果たしてそれは真実なのでしょうか?

「ひぐらし」という作品を10数年追い続け、白川郷に幾度となく通った筆者が、ファンや現地在住者へのインタビューなどを通じ、ひぐらし聖地・白川郷を巡る環境変化を調査。
これまでの定説に対する、新たな事実関係を提示した、「最新」のひぐらし×聖地白川郷の研究本です。


(以下御託が続きます)続きを読む
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はTwitterかmixiでお願いします。

Twitter ID:hanara_striker
mixi ID : 557000

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ