少し前の話になるが、4月9日、ケットコム主催・福本伸行中心ギャンブルオンリー「ざわけっと」に一般参加した。
同人誌即売会として見るならば、直接5・委託1と大した参加数ではなく、明らかに失敗であろう。サイト開設が3月上旬、僅か1ヶ月の告知期間では充分な告知が出来たとは言い難い。もう少し期間があれば・・・という部分が惜しまれよう。

だが、このイベント、ファン交流会として見るならば大成功だったのではなかろうか。
入場者は500円を支払いカタログを購入、この時3,000ペリカも支給される。
これを元にチンチロやら鷲巣麻雀やらが楽しめる。
(ペリカは専用の交換所で300円を3,000ペリカに交換可能)
詳しくはStylish Private Note様や近代麻雀漫画生活に詳しいが、ペリカが尽きて黒服に別室に連行される方いたり、ペリカを何十万も貯める方いたり…ギャンブルイベントとしてなら中々面白かったような気がする。
個人的には、ペリカ獲得者上位4名に与えられるグッズに逆転裁判がらみの商品が多かったので、それだったら途中で帰らずもっと粘っても良かったと後悔。

ざわけっとの余韻覚めやらぬ中、ケットコムは「ざわけっと2」の開催を発表。
開催日は7月16日、ハイライフプラザいたばしでの開催
コミケ前で時期的に若干微妙であるが、告知期間が約3ヶ月残っている点が大きい。
福本同人は、女性向け中心に充分な潜在的需要があると私は見ているが、今回はいかんせん時間的に厳しすぎた。3ヶ月あれば、コミックシティやサンクリ等大きいイベントでも告知できる。充分な告知を図っての、福本同人の開拓に期待したいものである。

今回、ざわけっとはギャンブル交流会として大きな成功を収めた。その良さを保ちつつ、次は同人誌即売会としても楽しめるよう奮闘して頂きたいものである。
ざわけっと2が良きイベントとなる事を、今からご期待申し上げたい。
そしてドサクサに紛れ申し上げておくが、同人トークライブ2の開催も期待したい所であるw