涼宮ハルヒオンリーの乱立が凄い事になっております。
仁義なき争い、サークルやスタッフの争奪戦。
各イベンター共、我先にとばかりにハルヒに群がっている状況です。
これを憂慮する意見も(私も含めてだが)一部筋より見られますが、ハルヒの勢いの前に、悲しいかな無力。ハルヒオンリーの乱立は続く一方です。
ハルヒの乱立ぶりは、ケットコム掲載の一覧イベントをご覧頂ければ一目瞭然ですが、月イチ以上のペースでの開催は、流石に「異常」としか表現のしようが無いでしょう。

このままでは、ジャンルの急速な消費が進み、ジャンルの賞味期限の短縮、ジャンルの使い捨て、所謂旬期間の短縮が想定されます。率直申し上げて、今年の冬まで持つのかどうか?
そこで、このSTRIKE HOLEでは、ハルヒオンリーの乱立を解消する、革命的な方法を考案しましたので、ここにご提案致します。
以前、当ブログでは、ケットコム主催「同人トークライブイベント」の続編的イベントとして、「同人ファイティングオペラ〜コミックハッスル〜」という電波極まりない妄想を申し上げた事がございます。(12月5日付「同人トークライブイベント乙でした」参照)
コミックハッスルは、ロフトプラスワンの壇上のすぐそばに特設リングを用意し、ハッスルのごとく趣向を凝らしたバトルを行うプロレスです。
同人世界の人間関係をベースに、様々なバトルが繰り広げられます。

ロフトプラスワン特設リングにて、SDF、ケットコム、八王子同人イベント連合、北高祭主催、ぷにけ、凱旋主催、HI−てない主催…。
これら全てのハルヒ主催が一同に会し、乱立するハルヒオンリーの開催権を巡って熱きバトルを繰り広げるのです!!
ハルヒオンリーの開催は2ヶ月に一度、の紳士協定を結び、この「コミックハッスル」を勝ち残った勇者のみがハルヒオンリー開催の権利を得る。こうすれば、ハルヒオンリーの乱立問題は、全て解消ではないでしょうか!!!

無論、「コミックハッスル」を経ずに開催を考えるアフォがいるかもしれません。
しかし、そんなアフォにはこんな痛い制裁が待ち構えております。
それは、サンクリ、コミケ、及び男性向け各種オンリーからのチラシ配布締め出し。
(無論、これら各イベントの担当者の協力が必要なのは言を待ちません)
男性向けオンリーの告知に、これらのイベントでのチラシ配布は欠かせません。
イベント主催にとっては大きな痛手です。ハルヒ独断開催の抑止力としては充分ではないでしょうか。

男性向けの主催陣は、都産貿主催陣よろしく、元々主催同士のつながりが強くあります。
本来であれば主催同士、互いに日程を調整し合い、過度に乱立しないよう気を遣うはずです。しかし、今回ハルヒの乱立を見ると、主催同士の横の繋がりはどこへやら?仁義なき乱立競争な悪寒。主催同士の調整機能は失われてしまいました。

主催間で日程を調整できないのなら、ガチンコ勝負で日程を調整するしかありません。
「同人ファイティングオペラ〜コミックハッスル〜」は、日程バッティング、日程過密を解消する決定的な切り札とも言えるのではないでしょうか!!!!!


【蛇足】
ゴールデンウイーク手前のイベント開催権を巡り、サンクリvsCOMIC1の主催対決もお願いします。いや、2週連続での開催は、参加する側も辛いので、どっちか片方に絞りましょうよw

尚、主催同士のバトルがマジに開催されるとしたら、自分は当然リング前の特等席をGETして観戦にはせ参じますwww