今回、コミケット準備会前代表・米澤嘉博さんの逝去に際して、コミケットの理念について色々と考える事が多かった。

私が改めて感銘したのは、9月30日付拙文「コミケット準備会 代表交替に寄せて」でも触れさせて頂いたが、(1)全ての参加者、全ての表現に門戸を開く事、(2)スタッフも一般もサークルも、皆同じ対等な仲間なので、一緒にやっていってお互い理解し合いたいとの考え。この2点に大いに共鳴している。

(1)については、出来る限り多様な表現を受け入れるのが、コミケット立ち上げ当初からの考え方であり、これを新体制でも踏襲して欲しいと願う。
誰でも参加できるからこそ、ここまで多くの参加者が集まり、求心力のある大規模イベントに育った。参加者を制限しない所が、コミケットの良さであると思う。

(2)については、コミケットの理念というより米澤さんの個人的な思想だろう。理想論、奇麗事かもしれない。現実と乖離しているのも承知している。しかし、自分的にはそこを大切にし、こだわっていきたい。
一般・サークル・スタッフの垣根を越えて考える事は、当ブログのテーマの一つである。当ブログが、相互理解の一助となるよう努めて参りたい。

私個人としては、この2点を大事にし、かつ考えていきたいと思う。他の皆さんも、上記2点について少し考えていただければ幸いである。
尤も、上記偉そうなを語ってしまったが、コミケットの理念は私が偉そうに語ることでもない。カタログを熟読し一人一人が自分なりに考えるべき事に思う。
ただ、自分としては、米澤さんの語ったコミケットの理念を、後に残された参加者一人一人が考え継承していく事。そして、コミケットという大規模な、そして魅力的な場の存続に貢献する事。それこそが、一生涯をかけてコミケットの存続と発展に尽力された米澤さんに対する、最大の供養になると信じたい。

「コミケットの存続に貢献する〜」等と大層な事を申し上げたが、別にそんな難しく考える必要は無いと思う。
我々一人一人がいつも通りに(出来ればいつも以上に)同人活動を行うだけの話である。
まあ、いつも通り大手サークルに全力疾走だとかいつも通り会場外で徹夜だとか、負の方向でいつも通りなのは勘弁して欲しいものであるが

スタッフの皆さんには、冬コミ、そして来年の夏コミと引き続きスタッフを続けていただき、縁の下の力持ちで頑張って欲しいと思う。
特に、これから1〜2年は、新体制が固まるまでバタバタする事だろう。新体制が固まるまでは、特に大事な時期。一人一人のスタッフの力が、今まで以上に求められる大切な時期に思う。
スタッフが居ないと、当日運営非常に大変な事になり、場の維持が出来なくなる恐れもある。
ボランティアベースの活動ゆえ強制は出来ないが、出来れば、新代表に代わっても変わることなくスタッフを続けて頂き、新代表とコミケットを支え続けて欲しい。それを心より願いたい。

サークルも、天国の米澤さんや岩田さんも喜んでくれるような良い同人誌を出すべく頑張って欲しいと思う。
サークルが同人誌を出してくれなかったら、コミックマーケットは成立し得ない。
出来れば、手抜きの無いしっかりと作り込んだ本を創って欲しい。例えそれが【米やん×イワエモン本】でも、それが手抜きせずしっかり創っていれば喜んで頂けるのではないかと。まあ、流石にそれ、ご本人は激しく苦笑いしそうだけど…。

一般参加の皆さんも、良い同人誌をどんどん購入して頂きたいものである。
「買い専」とか言って馬鹿にする向きもあろうが、自分に言わせれば一般参加が同人誌を買わなければ、サークルの活動は成立出来ない
一般参加の皆さんが、サークルの同人誌を買い求める事も、立派にコミケと同人活動を支える事に繋がっているのではないかと。出来れば、大手だけじゃなくて、中堅・ピコ手から良さげな本を発掘・新規開拓して欲しいとは思うけど。
徹夜で並んだりとか会場内で雄叫びあげつつ大手に走るとかしなければ尚良いかとw


スタッフ・サークル・一般、それぞれ立場は違う。
だが、立場が違うだけで、皆コミケと同人活動を支えている事には変わりは無い
今まで通りの、出来れば今まで以上に同人活動に励む事、それが米澤さんへの供養になると信じ、活動に臨んでいただきたいと思う。
プラスアルファで、コミケットカタログを熟読し、コミケットのマナーに対する理解をより深めてくれれば、より良いコミケットになると思う。

いつまでも悲しんではいられない。
同人世界は、今この時点でも先に向かって走り続けている。

コミケットも冬コミに向かい走り出しているし、今週末も、期待度の高いオンリー・オールジャンルイベントが、開催に向けて走り出している。

紹介するタイミングを逸してしまい申し訳無いが、10月7・8日は「COMIC CITY SPARK」が2日間開催にて開かれる。
10月8日はSDFの8オンリーイベント合同開催の「SDF1008」が熱そうだ。他にもテニプリの人気カップリング、テニプリ乾×海堂オンリ「イヌカイサミット」、フルメタルパニックオンリー「陣代高校文化祭」等、正直ここで一々とりあげたらキリが無いほど多くの注目すべきオンリーイベントが開催される。

来週以降も同様に、多くの魅力的な同人誌即売会が開催される。
我々に出来る事は、今後もこういった同人誌即売会を楽しむ事ではないかと。
ブログ執筆を通じ、意欲的な取り組み、意欲的な即売会を皆さんにお伝えする事で、皆さんが同人誌即売会を楽しむ一助になれば、私にとってな大きな幸いである。