今年一年、様々な出来事がございました。
2009年を振り返る意味も込めまして、「2009年十大自分ニュース」というのを作ってみました。完全に自分の独断と偏見での「十大ニュース」という事でご理解いただければ幸い。
趣味(同人)関連で、一年の出来事を色々拾ってみます。
第十位 ヘタリアオンリー「Get the World !」
→5月のオンリーでは人手不足に同情し、11月のオンリーでは残念な結果を語るしかなく…色々な意味で気になるオンリーでした。秋のオンリーは、サークルさんから相談が来るまで酷い状況になっちゃって…自業自得かもしれないが、最後の花道を飾れなかったのが残念。
※参考記事:2008年06月25日付「5/5 ヘタリアオンリー「Get the world!」」・2008年11月28日付「11/24 ヘタリアオンリー「Get the World !」」


第九位 コミックワールドの撤退
→最後に残った国内四ヶ所(大宮・京都・横浜・山梨)が今後の開催休止。…他の地域はともかく、今後の山梨はどうなるのでしょう?地方即売会の衰退は深刻だ。
※参考記事:2008年06月20日付「コミックワールド「休止」に思う


第八位 元気な名古屋の男性向けオンリー
→陵桜祭、ツインテールカーニバル、雛見沢村民集会、ボーカロイドパラダイス…様々なオンリーが開催されるも、皆ハズレ無しの盛況!東京や関西で鍛えられて培われたノウハウを地元で活かす、という構図が成功の鍵かと思います。低調な「メンコミ(こみっく王国)」も秋には復調。地方即売会を応援する身には嬉しい状況。ただ、地元最大規模の「コミックライブ」の下り調子が止まらないのが気になる所。
※参考記事:2008年02月11日付「少し元気の出てきた 名古屋のオンリーイベントに注目したい


第七位 サンシャインクリエイションの厨房スタッフ
→サンクリって、上層部の皆さんは、人間的にもしっかりしてる凄い方々ばかりと思います。ただ、末端スタッフが妙に態度が悪くて悪くて。…撤収のお手伝いしてタメ口で威張り散らされた日には、二度と撤収手伝わねえ!って気になりますわw
その一方で、そういう若く未熟なスタッフは、将来の名主催名スタッフの卵でもあります。彼らを「いかに育てるか」という観点も大切じゃないかと。
そして、2月に厨房スタッフに出会ってから、サンクリスタッフの「接遇態度」が今まで以上に気になり出しました。
※参考記事:2008年04月29日付「スタッフ参加者を大事に「育てる」という事


第六位 「こみっく☆トレジャー」の大盛況…いや異常な殺伐ぶり
→トレジャーもここに来て右肩上がりをまだまだ維持!500サークルから始まったこの即売会、今では1800サークルにまで成長。地道な努力の成果です。
今年に入ってからの特徴としては、関東からの遠征組が、サークル・一般問わず目立つようになった事?関東人にも注目されるようになってきた印象。
一方、混雑対応や早すぎる打ち上げ宴会の締め切り(笑)等、規模拡大に伴う対応が課題に。
※参考記事:2008年01月30日付「1/20 こみっく☆トレジャー(別名:COMIC1 in 大阪 or インテックスクリエイション)」、2008年02月10日付「こみっく☆トレジャー 今後の課題」、 2008年09月23日付「9/7 こみっく☆トレジャー 参加レポ


第五位 サンシャインクリエイション、驚異の三連続落選!
→いや、コミケで三連続落選ならそこら辺に掃いて捨てる程居ようが、当選率8-9割のサンクリでそれはレア過ぎるでしょw

三回連続での落選率を計算したら…

15%×20%×0.6%=0.018%

おおよそ一万分の一の超確率。ついに俺は神となり、伝説を築き上げましたw
#ちなみに前二回は抽選漏れ、今回は書類不備だそうです

※参考記事:2008年12月13日付「2月5日サンクリ落選のお知らせ


第四位 福岡「tenjin.be」の躍進
→一時期は微妙な薫りも漂ったが、今年に入り状況は改善。運営も良くなったしサークルは質量共に向上。お前らやれば出来るじゃねえか…もっと早く本気出しやがれw
 今後も今の調子で頑張って欲しいものです。今なら胸を張って「応援します」と言えますしw
※参考記事:2008年10月31日付「ようやく「始まった」tenjin.be」、2008年12月03日付「11/30 福岡市天神 tenjin.be


第三位 青春18金魚の変態作品「そのひぐらしのなく頃に」
→トレジャーで衝撃を受け、5月の秋葉原でのブレイクの時はメッセサンオーの暴走に驚愕。秋には白川郷で撮影現場に遭遇。…今年一年、18金魚とのご縁が妙に深まった一年な気がします。
参考記事:2008年12月15日付「青春18金魚「そのひぐらしのなく頃に零」」及び青春18金魚カテゴリの各記事


第二位 「コミックネットワーク」開催中止
粗雑な運営、参加者を見下す上から目線の顕著な主催、長年言われ続けながらもいっこうに改まらぬ改善点。サークル数が少ないが故の中止ですが…自業自得としか言い様が無い状況。
更に、本来の開催予定日たる23日…会場には中止を知らせる張り紙も無ければ、中止を知らせるスタッフの常駐も無く、文字通り「放置」状態。
23日の件は、後でじっくりたっぷり触れる予定ですが、この連中ここまで腐っていたか、という思いがあります。奴等に即売会を開催する資格はありません
※参考記事:2008年12月19日付「【緊急速報】12/23 コミックネットワークノア 開催中止」・2008年12月24日「12/23 コミックネットワークノア(続き)


第一位 夢彗星、伝説を築く。何故か登場したケットコムのフォローがグッジョブ。
→まあ、自分の中ではこれが今年一番の印象に残ったニュースでしょうか。
12月のコミックネットワークも一位に肉薄するも、決め手は「開催当日朝9時の開催中止布告」でしょうか。ネットワークもそこまで酷くは無い。そこで最終的に夢彗星に軍配が上がった、という事でw
ケットコムの迅速なフォローが無ければどうなっていた事やら。当日の参加者の一人として、ケットコムには改めて感謝申し上げたい所です。
※参考記事:2008年01月06日付「伝説の青龍刀系同人誌即売会、川崎に降臨!!」が有名ですね。他、2008年01月07日付「夢彗星を断固糾弾する」や夢彗星カテゴリの各記事。


…以上、2009年の私的十大ニュースをお知らせ致しました。
何か今年は、夢彗星に始まりネットワークで終わりそうな一年だなあw(まだ冬コミもありますが)

皆さんも自分なりに一年を振り返り、自分なりの十大ニュースを組み立ててみては如何でしょうか?案外面白いかもですよ。