岡山県を東西に貫く、大動脈の国道2号線。そこに、「平田食事センター」なる謎の食事処が鎮座している。
先日、幾つかの東方オンリーの主催から、そこにチラシを置いて告知先とした、などという話を聞いた。

…?
「食事センター」だよな?
「食事センター」で何故「同人誌即売会」のチラシなのか?話が繋がらない。

その謎を解こうと、地元の方に「平田食事センター」が何物なのかを問う。だが、明確な回答は得られなかった。

ならば仕方ない。自ら足を運びこの目で確かめるのみ。
私は、早速平田食事センターに急行した。(と言ってもその存在を知ってから一ヶ月後、鷲羽山の星矢オンリー「瓢箪からロバロバ」の帰り道にだが…)
ネットで位置関係を調べるに、幾つか参考になりそうなサイトも確認する。

平田食事センター上り店公式サイト
(平田食事センターは上り線・下り線双方にお店を構えている。ちなみに今回私が訪れたのは下り線=本店の方)

デイリーポータルZ様「平田食事センターに行ってきた」

この辺りが参考になりそうだが、どうやら国道2号線バイパスの立地という事で、トラック野郎御用達のお店のようだ。
但し、単に食事処というだけに留まらずカー用品店、コンビニ、ゲームセンター等も併設されているようだ。

JR瀬戸大橋線(宇野線)の早島駅下車。バス路線も無いので、早島からタクシーで平田食事センターへ。
到着後、お腹が空いていたので早速食事。カフェテリア方式で、オカズやご飯を注文。取り立てて特別旨い訳でも無いが、おふくろの味がする。

食後、食事センター内各所を訪問。
他はまあいいが、問題はゲーセンだ
以下、私が体験した事を箇条書きで記す。

東方キャラグッズのUFOキャッチャーが存在

店内至る所に、「リトバス」やら「ひぐらし」やら「初音ミク」やら「東方」やら「らき☆すた」やらの宣伝ポスターが貼ってある

・その中に「ぶちすげぇコミックバトル」や「東方椰麟祭」の告知ポスターも貼ってある。…即売会チラシをラミネート加工すれば展示OKなのだろうか?

・何か知らんが東方キャラのコス衣装が、ゲーセン内に展示されている

・駐車している車の4割が痛車

…何このカオス空間。
一体これはどういうお店なのか?
これは、一度行ってみないと実感沸かないだろうとは思うが…行ってみた身でも正直意味不明、説明不能だw
道理で、どんなお店か地元人に問うても、はっきりした答えが帰って来ない訳だ。

…取り敢えず、ヲタな岡山人の集結地の一つたる事は、流石に分かった。
だが、平田食事センターが何物なのか?その正体、行ってみて益々分からなくなってきた。そう思わせるのは、やはりあのゲーセンの「圧倒的情報量」が織り成すカオス空間の賜物なのだろう。
もし皆さんが、今後岡山を訪問されるのならば、是非「平田食事センター」に足を運んで頂きたい。そして、その感想をお知らせ頂きたいものである。