日本共産党の支持率が、相変わらず低迷から脱しきれていない。
選挙を重ねる毎に議席数を落とし、前回衆議院選挙でも反自民の流れを自党の支持に繋げる事が出来ない状況だ。
下部組織・末端の支持者は、党勢拡大の為の地道な努力を続けるも、その努力は残念ながら実り少ない。

共産党の政策や体質等はともかく、現場レベルでの彼らの動きは精力的かつ一生懸命、好感が持てる。
だが、支持が伸びない。

その理由は色々あると思うが…その内の一つに「イメージ」の問題もある。
個人的な感想を申すと、申し訳ないが「共産党」ってだけでいかにも社会主義独特の堅苦しいイメージが…

党名を変えてみては、との意見もよく出るが、党幹部はその提案を頑なに拒む。
彼らの言い分としては、日本共産党は先の大戦にも反対し、戦前戦後一貫してこの党名を貫いている。党の歴史を誇りに思っているからこそ、安易に党名を変更したくない、という事だ。
過去の歴史を誇りに思う気持ちは分かる。
ならば、「日本共産党」という伝統ある党名はそのままに。それに何かをプラスアルファした党名に改称しては如何か?

昨今登場した新党「たちあがれ日本」。
そのネーミングセンスのぶっ飛び方が、我々有権者を震撼させたw
また、「たちあがれ」→「勃ち上がれ」→「勃起党」を連想させ、プレイボーイなどはこのネタに記事を上げるに至った。
「たちあがれ日本」は、そのネーミングセンスの凄まじさで世の注目を獲得する事に成功した。

まあ流石に「たちあがれ日本共産党」への改称は、二番煎じでインパクトが薄いので止めた方が良い。
「たちあがれ日本」のネーミングセンスを見習いつつ、もっと、別の方向性で攻めてみたい。


「日本共産党Z」
「日本共産党改」

志位和夫が【スーパーサイヤ人】になって闘いそうなイメージ。パワフルな政党のイメージを獲得できよう。


「真・日本共産党無双」

「無双」という言葉の響きが力強いイメージをもたらそう。


「日本共産党 散」

総本部を代々木から六軒島に移せば完璧。ファンタジーとミステリーと共産主義、夢のコラボレーション。


「東方共産党」

これで東方厨にも党勢拡張が図れる。ついでに解散し悲嘆にくれる東方神起のファンにも党勢拡張を図ろう。


「日本共産党のなく頃に 解」

党中央委員会を「部活」に改称、「委員長」を「部長」にすれば完璧。
あ、でもよく考えてみれば魅音は部長と委員長兼務だったな。まあいっか。


他にも、以下の日本共産党改称案をご提案申し上げたい。

「日本共産党OO(ダブルオー)」
「日本共産党R」
「バカとテストと日本共産党」
「とある科学の日本共産党」
「日本共産党の憂鬱」
「日本共産党軍曹」

これで共産党のイメージもだいぶ変わりそうです。うむ、何と完璧な立案。

あとは最近流行りの平仮名党名で「きょうさん!」とか「きょう☆さん」とかw

いっそのこと右翼っぽくしてコペルニクス的大転換を図る手もある(主にイメージ的な意味で)。

「宮本顕治先生遺訓継承 大日本共産党」

…元ネタは「赤尾敏先生遺訓継承 大日本愛国党」です。
ああ関係者の皆様石投げないでごめんなさいごめんなさいアアアアアアッ!!
…「愛国戦隊 日本共産党」って手もあります。

そろそろ日本共産党関係者に本気でフルボッコされそうな予感が漂ってきた所で、最後に一つ渾身の提案をば。

「日本共産党の奇妙な冒険」

ジョジョで主人公が代替わりするの同様に、共産党も委員長が代わる度に党名を変更する、と言う手は如何であろう。

すなわち、先ず以下の党名に変更する。
「日本共産党の奇妙な冒険 Part1:レッドブラッド」

「Part1:レッドブラッド」までが党名である。
小沢の政治資金問題を追求の時、「流石小沢!俺たちが出来ないことを平然とやってのける!そこに痺れる憧れるぅぅ!」と嫌みったらしく野次を飛ばしてあげるとジョジョっぽくなるw
但し、石仮面とナイフ片手に「俺は共産党員をやめるぞ志位ィィィィィ」と叫び離党する党員が出ても責任は持てませんがw

そして委員長が代替わりしたら「日本共産党の奇妙な冒険 Part2:運動潮流」に党名を改称する。

党旗を「エイジャの赤石」を象ったデザインに変えるなど、細部でのこだわりを見せて頂きたい。

そしてその後も、委員長が変わる毎に党名を改称。

「Part3:スターレッドクルセイダース」
「Part4:共産党員は砕けない」
「Part5:代々木の風」
「Part6:コミュニスト・オーシャン」
「Part7:アカハタ・ボール・ラン」

うん、ここまでやれば日本共産党への堅苦しいイメージは完全に砕け散るwww

STRIKE HOLEは、「日本共産党」の歴史を尊重しつつ、かつ革命的なイメージ刷新を図れる上記党名への改称を、日本共産党に対しご提言申し上げる次第である!
これで、次の選挙の議席増は間違いなし!