東日本大震災の影響が、九州同人界にも飛び火してしまった。
日本最大5000sp規模の東方オンリー「博麗神社例大祭」中止順延。そしてその順延日が、九州最大規模にして国内第3位の規模の東方オンリー「大(9)州東方祭」の開催日に被り、「大(9)州東方祭」が中止順延の決断を余儀なくされた。
これは、先の記事でもお話させていただいた通りだが、大変に重いご決断。誰を責める事もできない決断であったと思う。

私の周囲でも、「博麗神社例大祭」の日程決定・「大(9)州東方祭」の中止順延の報は話題となるのだが、その中で、こんな話が出た。

「東方久遠境は、どうするんだろう?」

東方久遠境は、昨年九州で開催された東方オンリー。
久留米・佐世保2箇所で開催され、中でも久留米開催の折は100サークル・1000人参加の大台を達成した即売会である。
先日、2011年の復活開催が発表され、6/19長崎市・11/23久留米市で開催するとの事。主催/運営メンバーも前回から入れ替わり、より若い世代になった模様だ。

2月に広島で「東方椰麟祭」が開催された時、私も主催氏及び関係者にお会いさせて若干お話をお聞きしたが、九州を元気に盛り上げたい、「月刊 東方久遠境」と名付け「同人誌即売会」の枠にとらわれず何らかの楽しい東方系のイベントを企画したい…溢れんばかりの意欲を感じ、内心密かに期待を寄せていた。

だが、「東方久遠境」公式サイトhttp://qon.cc/を拝見すると、3月21日付でこのような発表が成された。

>「月刊 東方久遠境」取りやめについて (2011/03/21)
>当初、本年06月から11月まで毎月「東方久遠境」として何らかのイベントを開催する「月刊 東方久遠境」なるコンセプトを掲げていましたが、情勢が大きく流動化し、安定した実施が確約できなくなりました。
>すでに開催が決定している06/19「転生/長崎」・11/23「転生/久留米」、ならびに「フットサル部(仮)」は変更なく実施しますが、それ以外に企画中のイベントはすべて棚上げとなります。

ええと、「フットサル部(仮)」ってのが凄い気になるのですがw
どう見ても東方サッカーな香りがゲフンゲフン…行きてええええええ!!

…少し話が逸れてしまったが、「情勢が大きく流動化」という事で、温めていた構想「月刊 東方久遠境」を棚上げした、という事。

そして、「情勢が大きく流動化」が、何を指すか?
東方、そして九州で情勢の流動化と言えば、「博麗神社例大祭」の日程決定・「大(9)州東方祭」の中止順延。これ以外に考えられない。
例大祭・大(9)州がweb上にて発表した3月20日の翌日・3月21日付の発表というタイミングも、これを裏付けよう。

地震により「博麗神社例大祭」が中止、そして順延。
その余波を受け、「大(9)州東方祭」も中止順延。
「大(9)州東方祭」の新たな日程が不明瞭な現状、「久遠境」が新しいイベントを立ち上げるには勇気がいる。一旦の「棚上げ」は賢明な判断だと思う。
既に日程が発表されているものはともかく、それ以外については、「大(9)州東方祭」の日取りを見てから発表の方が無難だと思う。

いずれにせよ、「博麗神社例大祭」が「大(9)州東方祭」に影響を及ぼし、「大(9)州」が「久遠境」に影響を及ぼす。
一つのイベントの順延が、ドミノ倒しの如く波及している印象だ。

そして、「久遠境」に及ぶ影響は、新イベントの棚上げだけに止まらない、かもしれない。
現在、「大(9)州東方祭」は新しい日程を決めるべく、必死に手配・調整活動を行っている最中だろうが、想定する最悪のシナリオとして、【取れる会場が6月19日しかなかった】という事態…これが無いとは言えない。
つまり、「大(9)州」の順延が(長崎の)「久遠境」に被さる可能性がある、という事である。
被さったら、久遠境は終了だ。長崎東方クラスタの過半は、大9州に吸い寄せられようから、日程の変更も考えねばならない。

この最悪のシナリオを回避する為、「久遠境」側にできる事は余り多くないが…誰かしらの人を介して大(9)州関係者との連絡を密にし、大(9)州の状況を見極める事が必要ではないか。
また、6/19という日程は、web上での発表のみであり、チラシを撒くには至っていない。大(9)州の状況を見極めるまでは、チラシの印刷発注は控えた方が良いかもしれない。

もし仮に何とか「久遠境」と「大(9)州」とで上手く日程バッティングを避けられたとしても、「久遠境」にはもう一つクリアせねばならぬ問題がある。

本来ならば、「久遠境」は「大(9)州東方祭」に照準を合わせて、告知宣伝を行う予定だったはずだ。
「久遠境」開催の1ヵ月半前という絶好の告知タイミングで、九州最大規模の東方オンリーだ。
大(9)州参加サークルにきっちり営業をかければ、成果は間違いなく上がろう。
だが、「大(9)州東方祭」が順延。「久遠境」は、「大(9)州東方祭」という最強の告知機会を喪失してしまった。
「久遠境」にとって、これは極めて痛恨の展開だ。

冒頭に申し上げた「東方久遠境は、どうするんだろう?」というのは、「大(9)州」という貴重な告知機会を失って、「どうするんだろう?」という意味である。

そこで次回記事では、「久遠境」が、今後どのように告知を図れば、サークルや一般参加者に恵まれ盛り上がるイベントとなり得るか。
「大(9)州」という告知機会を失ったハンディを、如何に埋めるか。
頑張り次第でそのハンディは埋められると思うのだが、どうすれば良いのか。
そこを掘り下げて論じてみたい。