前回記事にて、「大(9)州東方祭」の中止・日程順延が「東方久遠境」にもたらす影響について綴らせていただいた。
特に、告知面において、九州地区最大の東方オンリー「大(9)州東方祭」は、最も重要な告知の場面。それが失われた事は、「久遠境」にとっては、大きな痛手である。

だが、私は、頑張り次第で「久遠境」はそのハンディをいかようにも埋められる、とも分析する。
少し厳しい状況とはなったものの、決して悲観する必要は無い。
以下、「東方久遠境」が如何に告知を頑張るべきかの論を申し上げたい。

★尚、「東方久遠境」は6月19日「東方久遠境 転生/長崎」・11月23日「東方久遠境 転生/久留米」等があるが、ここでは、直近の6月19日「転生/長崎」について論ずる。
先ず、再三当ブログで取り上げている「同人誌即売会の告知方法 5本柱」を再掲。

1.開催地・他即売会での告知
2.同人系店舗での告知
3.都心・大規模即売会での告知
4.インターネット上の告知
5.同ジャンル他オンリーでの告知


この5本柱の中で、何処を重視すべきかは開催地・開催日・ジャンル等諸条件により微妙に異なる。
ただ、一般論として申すならば、東方ジャンルは、地元の学生、地元の中高生の参加比率が高く、地元での告知を最も重視すべきと考える。
これは、過去訪問した地方開催の東方オンリー全体を通して言える事である。(※1)

地方の東方オンリーは、遠征サークルの存在も根強いので、他地方東方オンリーへの告知も有力。
できれば九州以外での告知も深めるに越した事は無いが、九州・長崎となれば距離も遠く参加しにくい。他地域で告知しても、効果の薄まる恐れも懸念される。
先ずは、地元開拓を最優先とし、その上で余裕があれば他地域にも…、という程度で考えた方が良いと思う。

そもそも昨年2月に久留米市で開催された「東方久遠境」だって、大牟田・久留米等福岡県南部の同人誌即売会を中心に、小まめに地元の即売会を回った
西日本鉄道の駅にポスターを貼らせて貰う等、地元密着の告知も心がけている。
その結果が実り、地元の東方好きを数多く集め、100サークル1000人参加と成功を収めている。

今回の「久遠境」は、主催が代替わりし、より若い方々が主催として動いている。
前回2010年2月の久留米は、NPO法人Project Arbarest主催。今回は「チーム電算部」名義の主催。「久遠境」の名こそ継承するも、主催陣は全く別という認識で良い
先代の「久遠境」主催達の良き取組みを見習い、地元重視の告知を図ることをお勧めしたい。


【1.開催地・他即売会での告知】

とは言えども、長崎県内の即売会は余り数が多くない。
しかも、長崎市内開催の老舗即売会「気分は上々」(4/10開催の予定だった)のように、東日本大震災対応の物資置き場として会場を召し上げられ中止、なんて不幸なケースもある。(東日本大震災の影響がここにまで…)
そこで、長崎市内に止まらず、佐世保市内と佐賀・福岡県内まで範囲を広げ告知に当たりたい。
上記条件で私がリストアップしたイベントは、以下の通り。

4/3 博多「Seekers 2nd Stage」
★4/3 COMIC NETWORK LAMBDAX長崎
4/17 久留米「HEPACHONA×SPADE」
★4/29 佐世保市「あさきゆめみし」
5/4 大野城「ぼかろ☆みっくす & り☆みっくす」(ボカロオンリー→ボカロと東方は親和性高いので入れた)
5/5 COMIC NETWORK LAMBDAX佐賀
★5/22 佐世保「無敵神社」
★5/22 福岡ヤフードーム「COMIC CITY 福岡」
(参考:九州の同人誌・コスプレ・おたく系イベント情報http://www.arbalest.jp/info/)

サークルスペースにチラシを撒き、チラシ置き場にチラシを置く。サークルスペースは、東方以外のジャンルだろうと気にせず撒く(東方以外のジャンルでも、東方を気にかけているサークルは決して少なくない)。ここまでは当然の話である。
但し、コミックネットワーク関係は、サークルスペース上にチラシを撒けない等の制約があるので注意。参加サークルに挨拶周りをする等、サークルへの周知に工夫が必要だろう。

上記イベントは、全て回り告知するのが望ましいが、★印のイベントは特に…というか、決して外してはいけないイベントだ。
長崎県内のイベントは全て★印だが、長崎でオンリーを開催する以上、県内の告知は必須。当然★印である。
また、長崎以外では「コミックシティ」を★印とした。九州最大規模・1500sp規模の大規模オールジャンル同人誌即売会であり、その中で開催されし東方プチオンリー「東方天神響」も50サークル近くが集まる。これも決して外せない。

この他、熊本や小倉・大分・鹿児島等でもオールジャンルの同人誌即売会は開催されるが、距離が離れており長崎に遠征参加するとは思えないので、あくまで「余裕があれば」程度で良いと思う。
寧ろそこまで範囲を広げるなら、都内の東方オンリーで告知した方がまだ効果あると思う。


【2.同人系店舗での告知】

同人系店舗も「地元重視」の告知が必要だ。
福岡県内に店舗を構え、かつ東方にも力を入れている店舗…「まんだらけ」「とらのあな」「メロンブックス」等のお店にも置くべきだろうが、長崎こそ押さえたい。

長崎県内にも、その手の「オタ」な皆様が集まるお店は多数存在する。
私もリストを持っているので提供する用意はあるが、やはりここは、前回久遠境の主催でもある「Project Arbarest」の皆様が一番詳しくご存知のはずだ。彼らに聞くのがベストだろう。
彼らのルーツは、正確には長崎ではなく佐世保だが、長崎市内も相応に詳しい。彼らの知恵を借りるのが最善と心得る。
また、アニメイトも長崎のみならず、佐世保・佐賀にも開店した。こういったお店にも足を運びたい。


【3.都心・大規模即売会での告知】

他のジャンルであれば、サンシャインクリエイション・COMIC1等の大規模即売会でのチラシ撒きを勧める所だ。
ただ、東方は地元人・若者の参加比率が高い。また、東京で撒いても、距離が離れており効果は薄い。
それよりも寧ろ地元を重視すべきであり、都心の即売会は「余力があれば」程度の話になってくる。
但し、5月8日「博麗神社例大祭」だけは別物だ。これは何とかしたい所だが、詳細は後述する。


【4.インターネット上の告知】

現在はブログでの情報提供に止まり、正式にサークル受付を始めるには至っていないが、twitter等を拝見するに、同人支援サイト「Tomico」を利用したオンライン申込も整備する模様。

東方はオンライン申込率の極めて高いジャンルだ。
「大(9)州東方祭」などは100%に限りなく近いオンライン申込率、と主催氏よりお聞きしている。
他の東方オンリーも、9割以上だろう。
オンライン申込が出来ねば「詰み」といっても差し支えない状況だが、オンライン申込を整備されるのであらば、一安心である。


【5.同ジャンル他オンリーでの告知】

やはりここも、地元密着の告知が望ましい。
九州島内で東方オンリー、他に無い物か?と思ったが、「久遠境」が一番当てにしていた「大(9)州東方祭」が中止、他に九州の東方オンリーは、コミックシティ内の「東方天神響」ぐらいだ。

現在開催は「正式決定」ではなく「検討中」との事だが、「東方久遠境Air」(5/8小倉開催予定?)は注目だ。
「東方久遠境Air」開催の是非については後述するが(※3参照)、もしこれが本当に開催されるのであれば、当然「東方久遠境Air」で告知を図るべきであろう。

★尚、いささかややこしいが、長崎等で開催を予定する「東方久遠境」と、小倉の「東方久遠境Air」は、同じ名称のイベントとは言え、事実上【別主催】のイベントである事も明記しておく(※2)

また、同日の開催が決定した、九州東方界激震の原因でもある「博麗神社例大祭」。できればこれにもチラシ撒きを図りたいものだ。
以前も触れたが、東京開催とは言え「例大祭」には九州のサークルも多く参加する。これも是非押さえたい所。
但し、5000弱のサークルを抱え、チラシ撒き要員が何人も必要。「東方久遠境Air」も同日に開催するならばそちらにも人を割かねばならない。東京への遠征費用も多額であろう事を考慮すると、実現は難しいかも…?
可能ならば、是非上京いただき例大祭でのチラシ撒きを勧めたいが、無理ならば致し方ない、とも思う。

この他、遠征好きな東方サークルを呼び込む、という狙いで、東京でも大阪でも構わないから、地域を問わず4〜5月開催の東方オンリーでも告知を図りたい
長崎市での開催は今回が初めてだ。長崎観光ついでに…と興味をお持ちの遠征組もいらっしゃるだろう。
遠征組を呼び込めれば、10サークル程度は参加数の上積みができると思う。


以上、長文とはなったが、6月19日「東方久遠境 転生/長崎」が告知を図るに当たり、現状を踏まえた告知論を申し上げた次第である。
「大(9)州」中止順延の痛手は大きいが、今後の頑張り次第で、そのハンディを補う事は、決して不可能ではないと思う。
私の提示した告知方法論が、「東方久遠境 転生/長崎」主催の皆様のお役に立てれば幸いである。


※1 具体的には、仙台開催「東方杜郷想」や信州開催「御射宮司祭」での学生の多さを見て、東方は、地元の若い世代の参加が多いと実感。
コミックライブ等地方の女性中心オールジャンルでの東方勢力の拡大がそれを更に裏付け、新潟・名古屋・米原・広島・九州等各地の東方オンリーを見て全国どこでも同様の傾向だ、と確信に至った。
しかし、地方即売会の参加経験無く、地方の実態を知らぬ者が地方の即売会を語るのも、説得力に欠け泣けてくるな。


※2 メチャクチャややこしいのだが、今年に長崎や久留米・フットサルを開く方の「久遠境」と、「久遠境Air」の主催は、全くの別人である

昨年1月に久留米で開催された「久遠境」は、NPO法人Project Arbarestによる主催
今年2011年に、長崎や久留米・フットサルを開く方の「久遠境」の主催は、「チーム電算部」名義。NPO法人Project Arbarestの後を継いで、久遠境を再開させた、という構図である。
実は私も、広島の「東方椰麟祭」にて、新主催「チーム電算部」の皆様とお会いし、意欲をお聞きしていた。

んで、「久遠境Air」の方は、立ち上げようとしているのは、恐らく久遠境の前主催の方かと思う。
つまり、現久遠境主催の「チーム電算部」ではなく、前久遠境主催の「Project Arbarest」関係者による企画が、「久遠境Air」であろう。

そう申し上げる根拠は、以下久遠境公式Twitter。

>なお、「東方久遠境Air」は電算部の担当ではありません。お問い合わせの際は @qon_team_f ではなく @qon_legacyの方へお願いいたします。

@qon_team_f → 現主催のTwitterアカウント
@qon_legacy → 前主催(=Project Arbarest関係者)のTwitterアカウント

昨年2月「久遠境」の主催が、新たに立ち上げようとしたものが「東方久遠境Air」と見るべきだろう。


※3 「東方久遠境Air」については、本来【歓迎すべき】ものである。
「例大祭」の日程順延により「大(9)州」は中止を決めたが、「大(9)州」参加者の全員が例大祭に参加する訳ではない。
距離・経済等の事情から、大(9)州には参加できても、例大祭にまでは参加できない、そういう層は若い世代中心に少なくない筈。
「東方久遠境Air」は、そういう層の「受け皿」にもなる。
サークルさんにとって益となるから、本来歓迎すべき案件である。

しかし、本来この日は「大(9)州東方祭」が開催を予定していた日でもある。
彼らが、無念の中止を決断した…その思いを汲み取っていただきたい、とも思う。

要は、九州のサークルさんの事を思うならば、「東方久遠境Air」開催も「有り」なのだが、立ち上げの前に、「大(9)州」側に話を通し、筋を通す必要がある、という事。
話を通した上でなら、開催は歓迎したいところである。
「久遠境Air」開催に当たっては、「大(9)州」への筋を通される事を心より願いたいものである。