この日は、都内・JR板橋駅近くの「ハイライフプラザいたばし」開催・男の娘オンリー「男の娘☆Convention」にサークルとして参加。
この日は行きたい即売会多数あり迷ったが、冬コミの「評論これくしょん」が「男の娘」というテーマに多少合致し、この本を抱えている今ならばサークルとして参加できる好機…そう考えて、今後いつ参加できるか分からないこの即売会へのサークル参加を決めた。
…当の「評論これくしょん」は全く売れず、代わりに3月刊行の新刊が売れるという展開だったがw世の中思い通りには行かないなあw

「男の娘」シリーズのイベント参加は、2009年以来であり、実に6年ぶりである。

参考リンク・(2009年)3/8 女装オンリー「男の娘 COS☆H」参加所感

一度、その翌年夏に顔を出したことはあったが、夕方以降にちょっと顔を出しただけに過ぎないので、「参加」と言えるかどうかは微妙。
主催団体「モノリス」が携わった、佐賀の創作オンリー「男の娘☆SaGa」だとか、北海道の「夕張まんがまつり」には参加したものの、「男の娘☆」への参加は無かった。
このイベントが、「博麗神社例大祭」やら「こみっく☆トレジャー」やら、大きめのイベントとバッティングする事がやたらと多く、正直言って、中々顔を出せないのが実情だった。

今回も多少のバッティングはあったものの、意を決し数年ぶりの参加と相成った。

この即売会は、作品の頒布よりも、寧ろ「交流」の部分を強調した即売会だな、というのは以前参加して感じた事だが、今回も同じ感触を持つ。
サークルは毎回20サークル前後でほぼ横ばい。初動も20人ぐらいで、総来場者数もそんな多くない。目算だが、100人〜200人ぐらいだろう。
ただ、参加者の滞留率やリピーター率が極めて高い所が特長か。毎回このイベントだけは参加する、そんな方も少なくないようだ。

主催氏は「参加者の高齢化が進んでいる」と語っていた。
しかしそれこそが、参加者のリピーター率が多い事の証左でもある。
今回18回目なので、半期に1回開催として、実に9年続けてきたという事になる。そんな歴史を持ち、参加者のリピーター率が高いとなれば、高齢化が進んで当たり前だろう。
逆に、これは新規サークル、特に若手サークルの開拓・取組が進んでいない、という事でもあるので、これは今後の課題になるのかもしれない。

「男の娘☆」が、高齢化という側面はあるものの、リピーターが多い理由は何か。
私は、このイベントの「ゆるい」雰囲気。気兼ねなく交流できる雰囲気が大きいと思う。

いや、幾ら昨今女装コスが当たり前になっているとはいえだ、流石にブルマ体操着とかの露出度が多いのは好まれないでしょうに。
「男の娘☆」は、そういう微妙なコスも含め、全てを受け入れる。

実は余り知られておらず、寧ろ誤解している向きもいるようだが、女性陣のコスプレも、このイベントはOKだ。男性の女装だけに限定してはいない。
「週刊プレイボーイ」で先日グラビアデビューを果たした女性レイヤーさん等、数は多くないが、幾人かがコスプレ参加されていた。
結構「何でもあり」の「ゆるい」雰囲気で、全てを受け入れている印象だ。
他所では受け入れにくい微妙なコスも含め、何でも気兼ねなく受け入れて貰える所こそが、このイベントの魅力になっていると思う。

(ちなみに、以前は東方キャラのコスが多かったようだが、今は艦これが多いらしく、そこらへんは時代の移ろいを感じる)

「男の娘☆」では恒例だが、場が落ち着き始めたお昼の2時3時の辺りから、一芸パフォーマンスのコーナーが始まる。
来場者ならば誰でも参加OKで、ステージ上で自由に持ちネタを披露できる。
多数のパフォーマーに恵まれた企画だが、驚きなのは、これは事前に主催からの「仕込み」は一切なく、全てが来場者からの志願だという。
有志の志願だけで全て賄えるということは、参加者の「参加意識」が高いという事。リピーター率の高さともリンクしているだろう。

私がそこで思い出したのは、九州のコスプレイベント「コスプレピクニック」。
これも、ステージ上での参加者によるパォーマンス目白押しだが、これも主催からの仕込みは余り無く、皆志願と聞いている。
「男の娘☆」も、それに似通った所がありそうだ。


即売会が終わると、ステージを入れ替えて、第二部「ディナーショー」の開幕。
ケータリングの料理が会場内に持ち込まれ、またリキュールや日本酒等、アルコールも振舞われる。立食パーティ形式で、お一人様2500円。
「男の娘☆Convention」のイベント名にふさわしい展開だ。
参加者間の交流も図れる、楽しい企画である。

もっとも、参加者の大半は男。欠食児童も多く、料理はあっという間に底を尽きるがw
ただ、料理が少なくなった所で、ポップコーンやスナック菓子等乾きものも振舞われるので、食べるものに困る事も無さそう。
昨年末に結婚を果たした主催からの振舞酒があったり、【魚肉ソーセージ&バナナの食べ方コンテスト】とかいう【嫌な予感しか漂わない】アレな企画があったり、あっという間に楽しい歓談の時は過ぎていく。
私は女装コスもしない、あくまでサークルとして参加しただけの身だが、それでも楽しい雰囲気の中交流を楽しめたと思う。

「男の娘☆」は、こういう感じで、気兼ねない「ゆるい」雰囲気の中、交流を思う存分楽しめる即売会なのだろう。
だからこそ、参加者の数はそんな多くないが、リピーターは多いのだろうと思う。
そして、それゆえに18回・9年に及び継続して開催し続ける事も出来るのだろう。

主催氏は、カタログ上で、結婚に伴い家を購入。現在リフォームを掛ける方向で進めているようだ。
そして、リフォーム後、「レンタルスペース的な使い方をしたい」と明言されていた。
まさか、自宅を即売会会場にしてイベントを開く、という構想だろうか…?(汗)
(もしそれが実現したら、「例のプール」で艦これオンリーを開いたSDFに匹敵する快挙な気もするので、是非頑張って実現いただきたいものw)
色々しょーもない事を企んでいらっしゃるようなので、主催氏の今後の動きにも注意を払いたいものであるw