(コミケを除く)年内最後の即売会参加を目指し、山形県鶴岡市に足を運んだ。
山形県の日本海側、いわゆる庄内地方での同人誌即売会に遠征の際は、帰りは鶴岡からジョイフルトレイン「快速きらきらうえつ号」でのんびり車窓を楽しみながら帰ろう、と画策している。
しかし2年前の8月、酒田市の同人誌即売会遠征の時は、強風で羽越本線のダイヤが乱れ、「きらきらうえつ」の旅は断念(風の弱い内陸部・山形新幹線経由で帰京した)。今回はそのリベンジを、とも目論んだが、この日の夕方に、冠婚葬祭関係の事案が発生したため断念。即売会自体も早期の撤収を余儀なくされた。
嗚呼、「きらきらうえつ」にはいつ乗れるのだろうか…orz

それはともかくとして、この即売会の会場は、「鶴岡協同の家こぴあ」
JR鶴岡駅から北に2kmぐらい。歩いても行けなくはないが、雨風共に強く、タクシーを利用。5分も掛からずに会場に到着。
ここは生協が運営するショッピングモール的なところで、生協自身が衣料や生鮮食料品を売る他、「ダイソー」や本屋などのテナントも多数入居。「コメリ」とも隣り合っている。
この建物の二階が多目的ホールとなっており、ここが即売会の会場だ。
つまり「ショッピングセンター」「生協」の2階で開催、という非常に珍しい立地の会場だ。
…まあ、買い出しや食事には困らないかなw
ただこの会場、日曜日の貸出は行っていないらしく、ここを根城とする「PLACE」も土曜開催にしたり、今回のように祝日の開催にしたり、開催日には苦慮している様子が窺える、

DSC_0684

いざ10時になり「こぴあ」が開店。開店とともに2階に上がり、サークルとして入場。
サークルスペースに辿り着くと、主催よりお手製のメッセージと、飲み物・お菓子の差し入れが置かれていた。お心遣いに、嬉しさを感じる。

DSC_0686

サークル規模は45sp程度。
ジャンル傾向としては刀剣乱舞7、あんさんぶるスターズ6、創作6、おそ松さん4。この他、うたのプリンスさま4、ユーリ!!!3、Fate2といったあたりが目立つ。
…完全に女性向けなジャンル傾向だ。よく見ると、男性向けジャンルは当サークル「のみ」ということにも気づく。うひゃあ超アウェイじゃw

11時に開場するも、参加者は全量女の子。野郎はスタッフ1人と自分ぐらいか…
ちなみに、初動は15人ぐらい。外は雨風強いし、会場まで足を運ぶのもハードルが上がっているからこれは仕方ないだろうが、それにしても男の少なさよw
当サークルは男性陣にご購入いただける作品の多い傾向が強いので、この時点で売上的には諦めたw
でも、東方好きの女の子が本買ってくれたり、常連さんがお越しになって本買ってくれたり、で坊主も回避。気分的にも少し救われたかも?ありがとうございます。

会場内を巡回すると、落書きコーナーの豊富さが際立っている、
模造紙を使っての落書きコーナーもあれば、ホワイドボードも落書き用に用意されている。
さらに、変わった所では、ポストカードやラミカ等を貼る形式の落書きコーナーもある。これは他の即売会ではなかなか見られない、ユニークな取組か。

12時を過ぎると、着替え終わったコスプレイヤーもステージに上がり撮影を始める。
コスプレイヤーの数も徐々に増え、場も賑わいを見せてくる。

そして13時になると、全参加者交えての抽選会がスタート…と言いたいところだが、所用があったためこれが始まるあたりで撤収せねばならず、少し残念。
この後も「色紙じゃんけん大会」など色々企画が用意されていたようで、それに参加できなかったことも含めて、今回は少し消化不良に終わってしまっただろうか。

と今回は駆け足の強行軍だった「PLACE」への参加だったが、庄内地方である程度のサークル数を集め、こうして安定して開催ができている点、非常に素晴らしい事である。
鶴岡市は、同じ庄内地方の酒田市とは、「ライバル関係」にあると聞いている。酒田にも即売会があるし、互いに切磋琢磨し合いながら、即売会の安定運営に努めていただけることを願っている。
私も、今回途中撤収の無念を晴らすべく、別の機会にまた足を運びたいとも考えている。(またもや断念せざるを得なかった「きらきらうえつ」にも乗りたいしw)