というわけで、こちらが本題。
2月4日は早朝に観音寺市入り。そのあとスタンプラリー等で市内を回遊。終了後、この同人誌即売会「勇者部満開」にサークル参加させていただいた。

主催は同人誌即売会主催団体「SDF」。SDFは、元々都内で様々なジャンルのオンリーイベントを開催し続けていたイベンターだが、近年は「聖地」での即売会開催に強い興味を示している。
即売会開催を通じた地域活性化・観光振興、いわゆる「コンテンツツーリズム」への関心も高く、ただ単に聖地で即売会を開くのみならず、地域の人々を巻き込んで町ぐるみで盛り上がる方向で模索している。

その「完成型」とも言うべきSDF主催即売会が、艦隊これくしょんオンリー「砲雷撃戦!よーい!」であろうか。
「砲雷撃戦」は全国各地の戦跡地を「聖地」として開催。特に、青森県むつ市大湊や京都府舞鶴市の取組が顕著だ。
これらの地域での開催に際しては、商工会議所等地域側の協力を仰ぎ、地場の特産品を提供した屋台物販を即売会会場に併設。即売会参加者の満足度を向上させると共に、地域側への経済効果ももたらす、WIN−WINの関係を形成している。(詳細は、拙著「コンテンツーリズム取組事例集1」を参照のこと)

「砲雷撃戦!」以外でも、SDFは聖地開催の即売会開催に積極的だ。
広島県竹原市で「たまゆら」オンリー、茨城県大洗町で「ガールズ&パンツァー」オンリーなどを実現させた。
そして「結城友奈は勇者である」の舞台・香川県観音寺市においても、2016年2月に「聖地開催」となる同人誌即売会「勇者部満開」の開催を実現させた。
2016年2月開催の「勇者部満開」は、会場「世界のコイン館」リニューアルイベントに合わせる形で開催。リニューアルイベントとして屋台も参集し、結果として「砲雷撃戦!」同様の即売会会場の前に屋台、という構図を実現させた。
加えて、市内10数商店に協力を仰ぐ形のスタンプラリーも実施。町内の回遊を促した。(参考リンク:観音寺まちあるきスタンプラリー
2017年2月現在、観音寺市の企画としてスタンプラリーが実施されているが、これに先立つこと1年前に、SDFの手によるスタンプタリーが実施されている。これが現在の市主導によるスタンプラリーの下地になったとも言えるし、先駆的存在とも言えるだろう。


今回2017年の「勇者部満開」は、前年2016年と状況が大きく異なる中での開催となった。
先ず、会場自体も、前年利用した「世界のコイン館」の会議室スペースが、「大平正芳記念館」の展示スペースに充てられる事となり、今回使用できず。市内の「山地かまぼこ音楽堂」に場所を移すこととなった。

観音寺市主導での「町おこし」の取組も、「勇者部満開」に影響を及ぼしている。
今回の開催日・2月4日(土)も、翌2月5日(日)にオフィシャルイベント「讃州中学文化祭」が開催されることから、これに呼応しての日程設定だろう。
前回「勇者部満開」で実施したスタンプラリーは、今回実施せず。観音寺市側でスタンプラリーをやっている以上、それに合わせているのだろう。
また、普段開催日前日に実施している立食パーティー「前夜祭」も、この開催日設定から、即売会終了後の打ち上げを兼ねての「後夜祭」として開催した。
全般的に、観音寺市の施策状況を見つつ、それに合わせた開催形態を取っているようにお見受けした。


今回会場となった「かまぼこ音楽堂」は、「山地かまぼこ」の社有施設を音楽ステージに転用したもの。倉庫を改装したのだろうか。この時期はまだ良いが、夏の開催は冷房効かず暑そうな気がする(汗)
そんな広い会場でもなく、30sp弱の規模でも、スペース的な余裕は無い。詰め込んでプラス5spが限界だろう。

即売会自体は、12時からの開催。近隣の駐車場を待機場所に、初動100人程度か。
会場も大きくないので、100人も入れば大混雑。流石に入場制限をかけるには至らないも、相当の混雑だ。最初の1時間は、この混雑が続いた。
1時間経過すると、スタンプラリー等に赴く方や、かまぼこ音楽堂向かいに元々設置されているベンチで休息を取る方も増え、だいぶ混雑は落ち着く。
ちなみに、かまぼこ音楽堂近くには「山地かまぼこ」の実店舗も。ここでは美味なカマボコ製品各種が販売され、参加者に好評を博していた。もちろんここも、スタンプラリー協力店の一つである。

前回は、即売会開催記念に、SDF自らが等身大パネルを用意。
しかし今回は市と制作側とが、公式イラストで等身大パネルを用意したきた関係上、今回は機材を持ち込んで「動く等身大パネル」で対抗したw

DSC_0773



静止画像の為動く様子までは再現できないが、これが動く動く!
これもまた、参加者に好評を博していた。

サークルも、このオンリー合わせに新刊・新作品を刊行するところが多数。新刊率の高いイベントだな、とも感じた。
変わった所では、ご親族が農家をやっているサークルが、取れたての【野菜】を頒布したこと。讃州中学の制服を着たおばあちゃん(生産者)のシールを張ることで、ガイドラインに抵触しない、「結城友奈は勇者である」関連の頒布物に仕立て上げているw
大根などの野菜は会期中に無事完売。ホウレンソウはアフターイベントでも出品されたようだ。

2時手前に、カタログ200部も完売。全員購入制ではないため入場者数はカタログ数よりも多少は上だろう。恐らく、250人以上は来場したものと考えられる。

そして2時過ぎになると、(我々即売会に参加するオタクとは)少し雰囲気の異なる方々が来場する。
某商店街の店主さんがお見えになったのは確認したので、あー地元の方が来たんだーこりゃウチの本のアピールチャンスだ!などと頒布に精を出していたw
その内、地域の方々とはまた毛色の異なる方々が集団で登場。「観音寺の町おこしの研究本でーす」などと言いながら頒布を頑張っていたが、それが一通り終わった後で、この一団、実は岸誠二監督ら制作陣だったと聞く…

もちろん制作陣は、翌日の「讃州中学文化祭」への参加が主目的。
これに先立ち、前乗りで観音寺入り。その中で「勇者部満開」にも足を運んだという構図なのだろう。
(そう言えばその翌日の「道の駅ことひき」にも、制作陣関係者総出で、巡礼ノート書きまくったぐらいだから…相当彼らも観音寺の町を楽しんでいたんだろうが…まさか同人誌即売会にまで足を運ぶとは)
岸監督は、精霊「義輝」コスとのツーショット写真に入り、シリーズ構成・上江洲誠氏の「戦利品」はツイッターで公開されたぐらいだw …公式関係者が戦利品を晒す同人誌即売会って…流石に初めてだぞw

とは言え、こうやって制作陣が二次創作の現場に足を運んでくださるという事は、それだけ二次創作に理解を示していただけることの証左でもある。
当サークルの新刊も、何人かの方にお買いいただけたが、こういう出来事はサークル的にも嬉しく、励みになる。

こうして色々な出来事がありながらも、「勇者部満開」は無事終了。
主催氏も、劇場版・アニメ第二期と展開が続く事も考慮しつつ、年内の開催を構想されているようだ。スケジュールさえ合えば、次回もまた、コンテンツツーリズムの視察研究も兼ねて参加させていただきたい。

最後の画像は、即売会終了後から後夜祭までのタイムラグを活かし足を運んだ、「伊吹島」へのフェリーの中の様子。
船内にも、コラボポスターが貼られていることが窺える。

DSC_0778