6月3日、当方は京都市・出町地区、「たまこまーけっと」の聖地「出町桝形商店街」で開催される「うさぎ山大バザール」にサークル参加いたします。
参加人数はそんな多くないイベントですが、昨年委託で参加して案外反応が良かったので、今年は直接足を運んでのサークル参加を予定しております。

これを記念し、当方は「出町桝形商店街」における「たまこまーけっと」の力を活かした、地域活性化の取組についての研究本を刊行します。
調査し切れていない点もあり、少し不充分な出来。多少の不満は残ってますが(汗)、それでもこのイベント合わせに不完全でもいいから出したいとの思いが募り、今回「うさぎ山大バザール」合わせの刊行を決意しました。

なお、6月3日「うさぎ山大バザール」においては、主催様と相談・ご了解の上、当方ちょっとしたプレゼン・セミナーの類をイベント内で実施予定です。
30分程度の枠を取り、この手のお話をさせていただきたいと考えております。
別途ご案内させていただく予定ですが、こちらも是非ご聴講いただけますと幸いです。
tamakoma


【刊行物概要】
●書名…「コンテンツツーリズム取組事例集Extra3 「たまこーけっと」舞台・京都に学ぶ 人情味あふれる古都の取組」

●内容…京都市・出町桝形商店街を舞台としたアニメ「たまこまーけっと」の力を活用した、地域活性化の取組について論じる評論本です。
これに関連して、京都市としての取組(アニメ「有頂天家族」など)についても論じ、両者を対比させつつ、両者の「町おこし」に関しての在るべき姿についても語ります。

●B5サイズ 表紙・本文共にモノクロ 12ページ コピー本

●頒布予定 6/3 京都出町地区開催「うさぎ山大バザール」にて初売り
 以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

●その他…同人ショップへの委託、国会図書館への納本等は予定しておりません。
 但し、将来的に刊行を構想している「コンテンツツーリズム取組事例集」へ、加筆修正の上収録する予定です。