STRIKE HOLEは、6月3日、京都・出町地区開催のたまこまーけっとオンリー「うさぎ山大バザール」にサークル参加いたします。
会場内の一部スペースをお借りして、30分程度ですが、アニメ・マンガを通じた「町おこし」いわゆる「コンテンツツーリズム」に関するプレゼンテーションを実施致します。

今回はテーマを絞って、「町おこし」のメニュー・方法論的な部分を中心にお話いたします。
とは言え、「町おこし」と一口に言えど、行政が絡む大がかりな施策から、個人単位・商店単位で取り組める小さな取組まで、様々あります。
当方としては、今回は「身の丈にあった取組」をテーマに据えて参ります。
個人単位・商店単位でできそうな取組事例をふんだんに盛り込み、皆様にとって何かしらのお役に立てるようなプレゼンを目指す所存です。

以下、概要を記します。
●演題
 「あなたにもできる!アニメ・マンガで町おこし〜地域の人々・ファンができる取組〜」


●登壇者 花羅(STRIKE HOLE)

●開催日 6月3日 16:00〜16:30予定
●会場 京都・出町桝形商店街「Deまち」
 (たまこまーけっとオンリー「うさぎ山大バザール」内)
*「うさぎ山大バザール」開催時間は、13:00〜17:00となります。

●紹介文(主催さんに提出のもの)

アニメ舞台に起用された地域にファンが訪れ、地域の活性化に繋がる事例は数多くございます。
ただ、その取組内容を見ると、行政や大企業が関与する大掛かりなものばかりではありません。むしろ、個人ベース・ボランティアベース・商店ベースでのささやかな取組の方が多く見られます。彼らの小さな取組の積み重ねが、結果として『町ぐるみの取組』に繋がる地域事例もございます。
全国各地のアニメ町おこし取組事例を数多く研究し続けてきた自身が、行政や大企業主導の大がかりなものではなく、個人のヤル気一つでできる、身の丈に合った町おこし取組の方法論を、皆さまにお伝えします。

●用意するもの:
特にありませんが、当サークルのコンテンツツーリズム研究本「コンテンツツーリズム取組事例集」シリーズをお買い求めいただければ幸いです。
町おこし理論をまとめた「コンテンツツーリズム取組事例集3」や、新刊「コンテンツツーリズム取組事例集Extra3 「たまこーけっと」舞台・京都に学ぶ 人情味あふれる古都の取組」当たりがオススメです。


なお、5月4日同種のセミナーを、「資料性博覧会」にて実施しました。
今回は少し演題を変えてますが、参考までに、この時のプレゼン画像を張り付けておきます。

siryousei-sample01


siryousei-sample02


多くの皆様のご聴講を、お待ち申し上げております!