冬コミの新刊、入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。

【刊行物概要】
●書名…「〜アニメ・マンガ等で地域振興・町おこし〜 コンテンツツーリズム取組事例集4 新星録」

●内容…
「萌え」を通じた「町おこし」、いわゆる「コンテンツツーリズム」についての研究・評論本第4弾!
「聖地巡礼」が新語・流行語大賞にノミネートされるまでに一般化しつつある昨今。
アニメ町おこしに関しても、これまでとは違った形で、新たな地域での取組事例が出現しております。
最新の、町おこし取組の模様を中心に研究し分析!アニメ町おこしの「成功法則」解明を、さらに掘り下げます。

付録として、最近時々実施しております「アニメ町おこしセミナー」のレジュメも巻末に収録!「町おこし」をお考えの方々の、お役に立てる一品です。


●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 80ページ

●頒布予定…12/31「コミックマーケット」3日目 配置・東6ホール ト17a
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布
 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

●その他…
・国会図書館に納本予定
同人ショップ「GREP」様「COMIC ZIN」様に委託販売予定(通信販売もあります)
即売会に足を運べない方は、これらのサービスをご活用ください。

※「コンテンツツーリズム取組事例集1」「「コンテンツツーリズム取組事例集2」は完売を受け、無料公開を開始しております。
(pdfファイル)第1巻 第2巻
本誌(第4巻)購入を検討される際の、参考資料としてもご活用ください。

(以下ゴタクが続きます・・・)
ct4_hyoushi_a


ct4_hyoushi_b


STRIKE HOLEでは、独自に「コンテンツツーリズム」についての研究を進めております。
鷲宮や大洗など、いわゆる「聖地巡礼」が真っ先に思い浮かぶ方も少なくないと思いますが、最近各地で、アニメ・まんが等を活用し観光客を呼び込み、地域振興や町おこしに繋げようとする動きが目立っております。
この手の、これまでにない旅行・観光の形態を「コンテンツツーリズム」と称します。「萌えで町おこし」とか「萌えおこし」と呼ぶこともあります。

「萌え」と「旅」とを融合させた新しい事象という事もありまして、観光学者をはじめ、多くの人々が研究を始めております。
当サークルも、「コンテンツツーリズム」研究のムーブメントに飛び込んでみました。

当サークルの試みとしては、全国各地の取組を可能な限り網羅的に紹介。
各事例に分析を加えた上で、この手の「コンテンツツーリズム」「萌えおこし」が成功するためには何が必要か?「成功法則」を解き明かし、「処方箋」の体系化・理論化を目指しての挑戦となります。
そして、アニメ・マンガ等を通じての「町おこし」をお考えの、多くの皆様にお読みいただける本を目指しております。

本巻は、「新しい動き」にアンテナを張ってみました
例えば、2017年の大ヒットアニメ「けものフレンズ」人気に伴う、全国の動物園における誘客展開。
2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」から見る、新たな舞台探訪/聖地巡礼のムーブメント。これまでとは異なるファン層の訪問。
アニメ「聖地」として町おこしに熱心に取り組み、来訪者もそれなりに来て「結果」を出している地域ながらも、これまでの「聖地巡礼」において殆ど注目されなかった地域も、今回少なからず取り上げております。

大洗や鷲宮だけが、アニメ町おこしではありません。
これまで大洗や鷲宮の陰に隠れているけど、でも熱心に町おこしに取り組んでいる。そんな地域の取組を、今回は色々と掘り下げて取り上げてみました!

もしよろしければ、皆様是非お越しの上、本誌をお手に取りいただければ幸いです。

なお、本書の刊行に際しましては、サークル「かんたんのゆめ」NT/fiv様より、表紙デザイン及び撮影画像のご提供という形で、多大なるご協力をいただきました。この場をお借りして、謹んで御礼を申し上げます。


【この本は、こんな方々にオススメ!】

●即売会遠征クラスタの皆様 →
この本は、「町おこし」「コンテンツツーリズム」の本ですが、「町おこし」目的で始めた同人誌即売会の事例も色々取り揃えております。まだ見ぬ地方の同人誌即売会を「知る」上での手助けになると思います。

●聖地巡礼クラスタの皆様 →
アニメ聖地の「町おこし」取組も、豊富に取り揃えております。
各聖地のことを、もっと深く理解する助けになるかも?聖地巡礼の副読本として、お手元にいかがでしょうか。

●観光関連業界・行政の皆様 →
「萌え」の力を借りて「町おこし」をお考えの方には、各地域の事例は、大いに参考になると思います。現実の厳しさも見えてくるかもしれませんが、是非参考にしていただければと願っております。
過去には某市市議会の質疑で「コンテンツツーリズム取組事例集」が取り上げられたこともございますし、某商工会で回し読みされたなんて話も聞いております(汗)
…この本が少しでもお役に立てれば、刊行した甲斐があるというものです。

●観光学・コンテンツツーリズムの研究者・専攻学生の皆様 →
各地の事例をまとめ分析した論考ですので、是非ご一読いただき、その上で、ご意見なり論文なりをいただければ嬉しい限りです。
研究者の皆様方との議論を通じ、コンテンツツーリズムの研究はさらに深まると思います。
専攻の学生さんには、卒論制作やゼミ等プレゼンに当たっての参考資料として、お役に立てるとも思います。
(特に今回は、これまで研究が進んでいなかった地域の事例が多いです。未開の研究領域にチャレンジしたい皆様に、お勧めかも?



【本書収録地域】

★印は、2017年に刊行したコピー誌「コンテンツツーリズム取組事例集Extra」の内容をベースとし、昨今の状況変化に応じ加筆修正を大幅に加えております。

・岐阜県飛騨市 「君の名は。」
★香川県観音寺市 「結城友奈は勇者である」
★福井県鯖江市 「メガネブ!」
・岩手県軽米町 「ハイキュー!!」
・茨城県大子町 「ガールズ&パンツァー劇場版」
・鳥取県倉吉市 「遥かな町へ」「ひなビタ♪」&グッドスマイルカンパニー
★長野県白馬村 東方Project
★愛知県設楽町 東方Project
★長野県諏訪地域 東方Project「東方風神録」、「諏訪姫」
★京都府京都市 「有頂天家族」「たまこまーけっと」
★埼玉県宮代町 「けものフレンズ」
★千葉県千葉市 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「けものフレンズ」
★他、全国の動物園 「けものフレンズ」

ct4_sample2


ct4_sample1