いやー自分で決めたこととは言え、1か月に1冊のペースで新刊を出すのはしんどいですねw
というわけで、10月下旬に刊行した「ゆるキャン△」聖地町おこし研究本に次ぐ、11月下旬刊行予定の新刊・「結城友奈は勇者である」聖地町おこし研究本。遂に完成しました!
(この後、即冬コミ新刊執筆に移ります…汗)

自分も、日本中数多くのアニメ聖地に足を運び、実地調査等も多々実施してはおりますが、その中でも「結城友奈は勇者である」舞台・香川県観音寺市への思い入れは非常に強いものがあります。
だいたい研究目的で「結城友奈は勇者である」を観始めて、その1週間後には「友奈ちゃんかわええ」とか言い始め、その半月後には観音寺でグッズを買い漁るレベルにまで転落しましたw
今では「大天使乃木園子様万歳!」と呟くだけのbotに成り果てましたw
園子様マジとうとい。

我が人生に多大なる影響を及ぼした作品です。その作品の舞台である以上、思い入れが強くなるのも、当然のことです(汗)


観音寺の「町おこし」の取組は、過去2回本を出し論じました。今回が、3冊目です。
2017年2月には、観音寺開催のオンリーイベント「勇者部満開」にて、観音寺のこれまでの「町おこし」の取組をまとめ「結城友奈は観音寺の看板娘」を刊行。
2017年12月には、この本の内容をベースとしつつも、刊行以後の作品展開や地域内の動向等も踏まえつつ、「コンテンツツーリズム取組事例集4」に収録。

そして今回、2018年11月。
「結城友奈は勇者である」の同人誌即売会「勇者部満開」が、聖地・観音寺にて、またもや開催されます。
当サークルも、このオンリーイベントに照準を合わせ、新刊を作成しました。
今回は、聖地・観音寺市の取組のみならず、「結城友奈は勇者である」関連作品の舞台(観音寺以外の県内他都市が舞台です)における、町おこしの「可能性」を論じます。

(以下、刊行物の詳細を語ります)
yuyuyu2_hyoushi


【刊行物概要】
●書名…「コンテンツツーリズム取組事例集Extra8 結城友奈は香川の看板娘」

●頒布価格…300円

●頒布予定箇所
 11月18日・大阪開催「銭けっと」…早めに刷れたので先行頒布!
 11月24日・観音寺市開催「勇者部満開」…こちらが本番
 以後、他の即売会でも頒布予定
 店舗への委託頒布は予定しておりません

●形態…表紙カラー・本文モノクロ・コピー本 24頁

●内容
いつも刊行しております、アニメ・マンガで町おこし、所謂「コンテンツツーリズム」に関する研究本です。
今回は、観音寺市における町おこしの取組を、最新情報も交えながら振り返ります。
その上で、「勇者である」シリーズ関連作品の舞台である、県内他都市についても論じます。

構成としては、こんな感じです。

第1章:香川県観音寺市の取組
 …これまでの観音寺の「歩み」を、様々な角度から回顧し、振り返ります。
 4ページぐらいに要約しておりますので、だいぶコンパクトにまとめました。

第2章:香川県坂出市の可能性
 …「結城友奈は勇者である−鷲尾須美の章−(鷲尾須美は勇者である)」の舞台。
 瀬戸大橋は「結城友奈は勇者である」の第1期「結城友奈の章」・第2期「勇者の章」でも取り上げられました。

第3章:香川県丸亀市の可能性
 …関連作品のノベル「乃木若葉は勇者である」の舞台。
 ここは、意外に萌え・オタクとのご縁が深い町。調べてみると、色々興味深い事実が明らかになりました。

第4章:香川県宇多津町の可能性
 …関連作品のノベル「楠芽吹は勇者である」の舞台。
 人口1万人弱、町の面積も極小のコンパクトタウン…観光振興に手が回らなさそうな雰囲気も感じさせ期待薄に見えますが、面白そうな材料もチラホラ。


宜しければ是非、ご覧ください!