サークル「STRIKE HOLE」の花羅です。
冬コミ新刊、さきほど入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。


【刊行物概要】
●書名…「同人誌即売会開催史(1990年代)」

●内容…
2016年夏コミで刊行しました「同人誌即売会開催の歴史(1990年代・Preview)」をベースとしつつも、これに加筆修正や新たな分析を加えた「定本版」となります。
同人誌即売会の過去開催データを収集。集まったデータを基に、1990年代の同人誌即売会開催の歴史を考察。当時の同人誌即売会における歴史的な流れや動きを解説します。
STRIKE HOLE恒例(?)47都道府県別に即売会の歴史を解説するページもあります!

●B5サイズ 表紙モノクロ・本文モノクロ 52ページ

●頒布予定…12/31「コミックマーケット」3日目 配置・I−50b
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布
 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

(以下御託が続きます)

web_sample
同人誌即売会開催に関する「歴史」の研究本です。
3200件を超えて蓄積された即売会開催データを基に、1990年代の即売会開催に関する「歴史」を語ります。

当方の歴史研究の特徴は、「歴史」を語るに当たり、オーラル(口伝)を原則排除していることです。まあ、口伝は「記憶違い」とかもありそうなので…
史料は全て紙媒体(同人イベント情報紙など)とすることで、より確度を高めた事実関係の精査を目指しております。

eventhistory_sample04


筆者が見出した1990年代同人誌即売会の傾向としては、こんな特徴があります。

.ンリーイベントの爆発的増加
この当時、頭が痛くなるぐらいの爆発的に増加し氾濫する、オンリーイベントの動向を語ります!蓄積されたデータベースを基に、図表も用いながら分かりやすく解説!

eventhistory_sample03



企業系同人誌即売会の台頭

「コミックシティ」成立の「前史」とも言える、1980年代の印刷業者主導による同人誌即売会の様相を解説。
そして「コミックシティ」が2つに分裂!(赤ブーブー通信社系、東京文芸出版系)
分裂後、2つの「コミックシティ」の行く末も解説します!
東京文芸出版の末路とその後継イベントの存在。そして赤ブーブー通信社は、1994〜1995年の不祥事を、いかに克服したか。その当たりも描きます。

eventhistory_sample01



まさに「国盗り物語」!地方の同人誌即売会事情

当時は、スタジオYOU「おでかけライブ」の全国展開が本格化。「おでかけライブ」により個人主催が駆逐された…あ、それは確かにそういう側面も言えると思うですが…
でも、各地に展開していたのは、スタジオYOUだけではありません。
他の即売会主催も、他の地方にガンガン攻め込んでましたから…
攻めたり攻め込まれたり。当時の仁義なき(?)即売会事情を、47都道府県単位で解説することで浮き彫りにしていきます!

eventhistory_sample02



一応、目次も上げておきます。


【第1章】口伝・webの、「史料」としての信ぴょう性

【第2章】コミケットカタログ掲載イベント数から見る同人誌即売会開催史「通史」
  1.1990年代初頭、オンリーイベントの急増
  2.1990年代中期以降 今に続くオンリーイベントの氾濫
  3.オンリーイベント:東京から地方への波及
【第3章】印刷会社主催の大規模オールジャンル同人誌即売会
  1.印刷業者主催の同人誌即売会
  2.赤ブーブー通信社の登場
【第4章】赤ブーブー通信社と東京文芸出版 〜2つのコミックシティ〜
  1.「コミックシティ」の成立
  2.赤ブーブー通信社系「コミックシティ」 〜巨大即売会としての差別化と、新ブランドの立ち上げで生き残る〜
  3.東京文芸出版系「コミックシティ」
  4.エスイー主催「コミックテクノ」「コミックワールド」
【第5章】スタジオYOU 〜「パソケット」から「おでかけライブ」へ〜

【第6章】解説!47都道府県別・1990年代即売会の歴史
 1.地方の同人誌即売会は「国盗り物語」
 2.同人誌即売会開催史・北海道編
 3.同人誌即売会開催史・東北編
 4.同人誌即売会開催史・北関東編
 5.同人誌即売会開催史・首都圏編
 6.同人誌即売会開催史・甲信越編
 7.同人誌即売会開催史・北陸編
 8.同人誌即売会開催史・東海編
 9.同人誌即売会開催史・近畿編
 10.同人誌即売会開催史・中国地方編
 11.同人誌即売会開催史・四国編
 12.同人誌即売会開催史・九州編
 13.最後に


表紙イラストは、サークル「ENJOY MIX」伽藍快様にお描きいただきました。
以前より、当サークルへの表紙イラストご提供等、多大なるご協力をいただいておりますが、今回もお力添えをいただきました。というか、前作preview版から2年半引っ張る形となりごめんなさい…
ご多忙の中、お力添えをいただきました事、この場をお借りして感謝申し上げます。