STRIKE HOLEは、3月3日、佐賀県唐津市開催「大九州合同祭」にサークル参加します!
唐津は、アニメ「ユーリ!!!」の聖地として一世を風靡。また、昨年には「ゾンビランドサガ」の舞台としても起用されるなど、近年急速に「聖地化」が進んでいる町です。
聖地開催となるユーリ!!!オンリー「はせつの宴」を軸に、「大九州合同祭」も唐津で併催される今回。STRIKE HOLEとしても、唐津を舞台としたコンテンツツーリズム研究本を新刊として発刊し、唐津に臨むつもりです。

宜しければ是非、お立ち寄り・ご一読下さい!

(以下、内容の詳細を語ります)
animelandsaga



【刊行物概要】
●書名…「コンテンツツーリズム取組事例集Extra9 −佐賀県唐津市の事例より
 アニメランドSa・Ga」


●頒布価格…300円

●内容…
今回は、開催地・唐津における、アニメ聖地町おこしの現状分析に切り込みます!
「ユーリ!!!」「ゾンビランドサガ」と立て続けに、舞台として起用される唐津ですが、唐津が起用されるのは、偶然ではありません!れっきとしたワケがあります。
少しネタバレですが、ひと昔前から、佐賀県(県庁)レベルでの取組。そしてCygamesの佐賀県支援の動き。この2つが今の唐津を説明する上での「源流」とも言える存在です。
佐賀県としての取組の流れ、Cygamesとしての佐賀支援の流れ、この2つが「ユーリ!!!」という形で合流。その先(下流)に「ゾンビランドサガ」があります。

唐津のコンテンツツーリズムを語る上では、少し回りくどいですが、佐賀県の取組と、Cygamesの取組を語ることが欠かせないと判断。「源流」とも言える二者の動きを解説します。
次いで、「おそ松さん」絡みの取組も紹介。
その上で、「ユーリ!!!」における唐津の取組、そして「ゾンビランドサガ」登場と共に少し変わり始めた唐津の町の空気。この辺りを掘り下げて語りたいと思います。

アニメ制作の動きにも目くばせして語ることで、唐津の動きもより多面的に分析できたと思います。


●構成
【第1章】佐賀県の取組
【第2章】 Cygames・佐賀県とアニメーション
【第3章】佐賀県唐津市の取組  繊悒罅璽!!! on ICE』の時代〜
【第4章】佐賀県唐津市の取組◆ 楚兄代『ゾンビランドサガ』〜



●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 20ページ

●頒布予定…
3月3日・佐賀県唐津市開催「大九州合同祭21.5 in 唐津」
  (配置:C−09)
3月10日・都内開始「サンシャインクリエイション」
  (配置:B−10b)
*この2イベントで頒布しきれる分量しか刷ってきてません。予めご了承ください。