コロナで影響を受けた芸術団体を支援する、文化庁の支援メニュー「文化芸術活動の継続支援事業」補助金。
コロナの影響も甚大な、同人関係者にも適用されるということで、同人界隈色めき立っている。

だが、少し待ってほしい。
この手の補助金について、過去若干ながら申請支援にも携わったことのある士業資格持ちの視点で、「書き方」のポイントを解説させていただきたい。
申請前に、是非ご一読いただき、申請に関する書類を、万全に整えていただきたいと思う。

(関連リンク)
・2020年9月19日付『「文化芸術活動の継続支援事業」補助金申請を目指す同人関係者へ(前編)』

「文化芸術活動の継続支援事業」補助金 募集要項

「文化芸術活動の継続支援事業」補助金 事業計画書等ダウンロー


申請書類中「事業計画書」が、補助金採択の成否を分けるといっても過言ではない。
「事業計画書」は自由記述だが、それゆえに、かえって何書いてよいのか分からず、困惑してしまうかもしれない。

当ブログ記事(前編)では、事業計画書に付随する添付資料のこと。
そして、事業計画書の「1.事業目的」についても解説した。
この記事では「2.具体的な活動内容」以下の書き方を解説したい。

◆◆目次
◆事業計画書「2.具体的な活動内容」は、募集要項p9〜10の要件を反映
◆事業計画書「3.事業実施のスケジュール」は、募集要項p11の要件を反映
◆事業計画書「4.期待できる効果」は、「課題」に対する「取組」の効果を描く
◆まとめ 事業計画書の書き方
  • ◆事業計画書「2.具体的な活動内容」は、募集要項p9〜10の要件を反映


募集要項p9〜10「3 補助の対象となる者」「4 補助の対象となる条件」にも、今回の補助要件が書いてある。
要約すると、以下の各点となる。

…抄3年間(2017年度以降)2回以上の文化芸術活動を行う、個人又は文化芸術団体
(注:個人・法人格持ちの団体・任意団体でそれぞれ細かい要件は異なる)
▲船吋奪伴入等をあげることを前提
コロナで、イベント等の自粛に追い込まれ、大きな影響を受ける
ぅ灰蹈奮搬舁祝漂を取ることで、従来と同様の収入が確保できない可能性<

これらの内容は、同人誌即売会関係者ならば、その要件を間違いなく満たしていると考えられる。
でも、そのことを申請書類でアピールしなければ、審査員に伝わらない。

では、どこにその「アピール」を盛り込むべきか?
申請書類を見た限りでは、一番スペースの広い「2.具体的な活動内容(開催時期、場所、参加者、内容等)」の項目に盛り込むのが適当と考える。

ここには、漫然と過去の活動内容を書くのではなく、補助要件を満たしてる!ということも盛り込んでいきたい。

(記入例)
*上記要件をすべて盛り込んだ書き方にしています

任意団体「コミックチャンコ準備会」の主催事業として、同人誌即売会「コミックチャンコ」を開催。小倉開催の旗艦イベントは、北九州市・西日本総合展示場で年2回開催している。(過去実績:2019年●月●日・●月●日、2020年3月●日)
来場者には、入場券代わりにイベントカタログを販売し、その売上数を元に来場者を算出。毎回6000人の来場者を集めている。

しかしコロナの影響で自粛に追い込まれ、2020年6月●日に小倉で開催予定の催事が無期延期に追い込まれた。
コロナ鎮静化の頃合いを見計らい、2020年11月●日の開催を予定するも、外出を手控える傾向もあり、来場者の大幅減少、それに伴う収入の減少が懸念される。
また、三密回避の観点から、出展者スペースを広く取らざるを得ず、従来(600スペース受入)の半分程度(300スペース)しか出展者を受け入れることができず、出展料収入も大幅な減少が想定される。



  • ◆「3.事業実施のスケジュール」は、募集要項p11の要件を反映


募集要項p11「5 補助の対象となる取組」にも、今回の補助要件が書いてある。

々馥盂阿隆儺辧∋臆端堙の回復・開拓
活動の継続・再開のための公演・制作方法等の検討・準備・実施
8柩儼戚鵑量席顕重の経営・ガバナンスの近代化

★ 銑のどれか一つの取組に付随する、コロナ感染防止の取組

前項は各要件全てを満たす必要があるが、この項は、上記 銑の【どれか一つ】を満たせれば良い。
想定取組例も募集要項に記載されているので、どのメニューを入れるかは、募集要項見ながら各自検討されたい。

これに付随する★印の取組は、即売会主催なら、会場から課せられた制約を満たす中で、自然に満たすことになると思う。

で、これもやはり、書類のどこかに盛り込まなければならない。
盛り込むとしたら、未来の催事復活策を描くのだから、「3.事業実施のスケジュール」が良いだろう。

(記入例)
2020年10月●日 「コミックチャンコ」開催発表、出展者を募集
2020年11月●日 「コミックチャンコ」開催
・三密回避の観点から、例年(●●屐砲痢倍の広さ(●●屐砲離曄璽襪鮗斃僉三密回避と、出展者数の減少抑制とを両立させる。javascript:void(0)
・消毒アルコールの設置に加え、会場内に特設の手洗場を用意し、来場者に小まめな手洗を奨励
・併設のステージイベントは、ステージを覆う巨大なアクリル板を置き、飛沫感染の防止に努める。

⇒募集要項p11・3つの要件のうち、,鯔たすような書き方にしている点に注目。
 なお、「事業計画書(経費明細計算書)」には、ここで書いた取組内容を反映させる。
 この架空催事なら、,陵弖錣謀てはまる「ホールの追加借用」、そしてこれに付随する感染防止費用「消毒用アルコール・手洗場設置」「アクリル板」等が計上できるだろう。

【2020年9月22日追記】web申請の画面に、具体的な取組施策内容を書く項目もある。web申請には具体的内容を書いて、事業計画書ではおおざっぱな取組概要を書くのが良いだろう。事業計画書に、取組内容を大まかにでも書いておけば、事業計画書という1枚の紙の中で、課題→取組→効果の流れが描け、ストーリー性が高まる。


  • ◆事業計画書「4.期待できる効果」は、「課題」に対する「取組」の効果を描く


これは他の補助金もそうだが、補助金申請においては「ストーリー」があると審査員に刺さりやすい。
「課題」がまずあって、その課題を解決させるべく何らかの「取組」をしたい。
補助金の力も借りて「取組」を実践させた「効果」として、「課題」が解決するだろう。
そういうストーリー性があると、分かりやすい。

この補助金の申請書類を見ると、事業計画書「2.具体的な活動内容」において、コロナ禍における「課題」が描ける。
「3.事業実施のスケジュール」で、「取組」を描く。
「4.期待できる効果」では、「取組」の結果、期待できる「課題」の解決について描くと、ストーリー性が増してくる。

(記入例)
三密回避による出展料収入の大幅減少が心配されたものの、借用ホールの面積を従来の●倍にすることで三密を回避しつつ、出展者数およびこれに伴う出展料収入の減少を、コロナ前の8割にまで抑制。
来場者数及びこれに伴う入場料収入は、出展者数に比例するので、これもコロナ前の8割に抑制できるものと思われる。

取組により、見込める「課題解決の効果」を描いている点に、注目いただきたい。。


  • ◆まとめ 事業計画書の書き方


1.事業目的
 ⇒ 募集要項p4〜6を踏まえ「文化芸術活動」たることを強調

2.具体的な活動内容(開催時期、場所、参加者、内容
 ⇒ 募集要項p9〜p10の要件を盛り込み、現状のコロナ禍における「課題」を描く

3.事業実施のスケジュール
 ⇒ 募集要項p11に該当する取組内容も記載
 ⇒ 取組でかかる経費を「事業計画書(経費明細計算書)」に盛り込む

4.期待できる効果
 ⇒ 「3.事業実施のスケジュール」記載取組に対する「効果」を描く。
   「2.具体的な活動内容」で触れた課題の解決に繋がれば、より良し。

最後に…

当方、士業持ちで補助金申請の支援経験もあります。
補助金の申請支援(申請書の作文や添削など)も協力しますので、お気軽にお声掛けください!
(ご依頼・ご相談はTwitterのDMまで)