秋恒例、「博麗神社例大祭」「COMIC1」の同時開催
いつも悩むところだが、今回はサークル参加費の負担も考慮して「COMIC1」を選択。
「COMIC1」のレポートも、感染症対策中心に簡単に記録として遺したい。

COMIC1からのサークル案内は、従来の紙媒体発送からメール配信に切り替え。
紙の発送も、発送作業にマンパワーが必要だ。皆で発送作業に集って、そこでクラスターが発生したら目も当てられない。
感染防止の観点からも、メール配信は一つの在り方だと思う。
手間の簡略化にもつながるので、サークルからの不満が多く出てこなければ、この方法も「あり」だと思う。

そのメール配信の中で、サークル入場も電子チケットを通じた登録が必要とのこと。
とりあえずサークル用の電子チケットに登録、当日スマホのQRコードを提示して入場、という方向性だ。

電子チケットは、一般参加者の三密回避にこそ存分に活用されたと思う。
他即売会では、クラスター追跡を踏まえた個人情報の登録用、といった位置づけだが、「COMIC1」では一般参加者待機列の密回避にも活用している。

以下、友人から提供を受けた電子チケットの案内文を抜粋。

当日は、チケットの整理番号順に行います。また、新型コロナウイルス感染症対策のため、
整理番号ごとに集合時間を設定しております。
チケット販売数が東京ビッグサイトの収容人数を超えないため入替制は実施しません。

チケット販売ページにも記載しておりますが、下記の時間を目安にご来場ください。
[アーリーチケット]
ホール入場は9:00頃を予定
A0001〜A0500 7:30〜8:00
A0501〜 8:00〜8:30

[通常チケット(1次)]
ホール入場は10:00以降を予定
B0001〜B0500 8:30〜9:00
B0501〜B1000 9:00〜9:30
B1001〜 9:30〜10:00



今回は人数が少なかったため、10時までの集合で片づけることができ、入れ替え制には至らず。
人数が多ければ、集合時間の設定を遅らせ、入れ替え制になるように設定したのだろう。

そしてこの「整理番号」は、列待機にも活用された。

2020comic1_01



整理番号ごとに、並ぶ場所を指定。
前との間隔を空けるのは無論、隣の列とも並ぶ位置をずらし、密にならぬよう取り組んでいる。

なお、この方法は同日同会場開催の「博麗神社例大祭」でも採用された模様だ。
…しかしこれ、一つ一つスタッフが床に貼ってんだよな…お疲れ様です。

会場内は、入れ替え制も実施できないぐらいで、人の入りが極めて少ない。
10時開場とやや早めだったが、12時過ぎには閉会直前レベルの閑散さ。14時には退屈に耐えきれず撤収を決める。
往年の「COMIC1」を知るだけに、どうしても寂しさが募る。

サークル数も、「例大祭」との併催ゆえどうしても目減り。
それでも1000サークルを集めたところは流石コミ1、と言えるだろうが、普段の賑わいを知るだけに、物足りないものも感じる。
今は我慢の時期、東京ビッグサイトでも、クラスター発生なく即売会を無事に終えることができたということで、先ずはそこを喜ぶべきなのかもしれない。