STRIKE HOLE

文化庁補助金の申請サポートを、同人関係者向けに始めました!文化芸術活動の継続支援事業補助金・文化芸術活動の充実支援事業補助金など。 サークルとしては、同人誌即売会・アニメ聖地町おこしの評論中心にやっています。 【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系とアホ評論の二本立てです。

同人評論

2020年を回顧して

あんま良い年ではなかったかもしれませんが、振り返りつつ来年以降の指針にしたいと思い記します。


【コロナ禍による同人誌即売会の中止】

年2回、必ずあるはずの「コミックマーケット」が中止。
これが、今年を一番象徴した出来事だったと思います。

「コミケがなきゃ、地方の即売会に遠征すりゃいいじゃね?」

五輪が開催され、コミケも無く、同人的には「空白」となる8月は、元々そうするつもりでした。
しかし、このコロナ禍では、大阪・名古屋までは開催できても、地方は同調圧力も強いようで、なかなか開催できない展開。
全国の即売会を飛び回るはずが、コロナ禍以後は観音寺ゆゆゆオンリーと大阪の「こみっく☆トレジャー」「東方紅楼夢」ぐらいしか行ってないのですよ、即売会遠征。
(その代わり、即売会を絡めない旅行、主にアニメ聖地巡礼は例年以上に行ったと思いますw)

「売る場所」の確保に悩んだ一年、でもありました。
11月以降、委託作品の取扱先に「メロンブックス」を加えたのは、そういう事情ゆえ、とも言えましょう。続きを読む

TAMAコミ(12/5 東京都福生市開催・創作系即売会)参加レポート

せっかく新刊「日本中止即売会列伝」を世に出すことだし、売れる場所ないかな?といろいろイベントを物色している中で捕捉。創作系オンリーなので、当サークルとの親和性も高いのでは?(=売りやすいのでは?)と期待してサークル参加。

会場のポプルスガレージについては、過去記事でも触れているので割愛。

参考リンク:2020年10月12日付『「Key Island」(key作品オンリー2020/10/7・東京都福生市ポプルスガレージ)一般参加レポート』

ただあの会場、JR青梅線・福生駅から1km弱、意外に歩く。しかも上り坂。
重たい在庫抱えるサークルは、覚悟した方が良さそうだw
筆者は、行きはタクシー使ってしまった…重い荷物であの距離は辛いっす…
(帰りは、多少本が売れて荷物も軽くなったので、歩いて帰りました)

IMG_20201004_133749


今回は、sp数ベースで100sp。
男性向け創作・女性向け創作が半々ぐらいの印象。

一般参加者は、正直言ってそこまで多くはなかった。
滞留者は常時10人前後なので、サークル数の割には少なかったと思う。
流石に都内から遠く離れた多摩・福生の地。新宿から、電車で1時間弱。駅からもそれなりに歩く。地理的制約ゆえ、どうしても来場者は「ふるいにかけられる」といった感もある。

しかし、わざわざこの福生の地まで足を運ぶ連中だ。面構えが違うw
冷やかしは少なく、ちゃんとサークルの本を読んで吟味して購入する方が多かった。
来場者が少なかった割には、意外に売れたのかな?という印象だ。

元々「創作系の即売会」なので、年齢層は高いわ、濃ゆい連中は多いわ、ってのは予想通り。
ただ今回は、印刷業者「ポプルス」「ねこのしっぽ」の共催として立ち上がった同人誌即売会という経緯もあるので、同人界隈の「偉い人」(←曖昧な表現ですが何となくお察しを)が多かったような気もする。

コロナ禍で苦境の中にある同人界への支援に積極的な、参議院議員の藤末健三氏が、なぜか我がサークルで本を購入された、なんて一幕もw
(あ、ちなみにその前の週のコミティアでは、東京都議の栗下善行氏が当サークルで本を購入されました。何か最近こういうの多くね?w)

withコロナ時代の、今の同人界、地方だと即売会の開催すら難しく。
都心部は即売会こそ開催できるかもしれないが、三密回避で余計な会場を借りないといけないなど、主催の負担も、コロナ以前に比べ相当重い。
そんな中、文化庁補助金による支援の範囲が同人界も含まれるよう働きかけたり、不可抗力によるイベント中止時に会場から返金されるよう働きかけたり(ビッグサイトなど一部会場はこれまで返金されないのが当たり前だったらしい 参考:栗下善行都議のブログ)、地道な働きのお陰で、我々同人界はだいぶ助かっている。
我々同人界の力になってくれる政治家は、【党派関係なく】大事にしないといけない、とも感じている。

話はそれたので即売会に話を戻すが、やっぱり元が「倉庫」なので冷暖房の効きにくさが弱点か。三密対策で換気をしっかりする観点から、扉を開放しているので尚更だ。
春・秋は問題ないだろうが、冬は暖房なんてないものと覚悟しつつ、防寒対策をしっかり講じる必要がありそうだ。
あと、夏も冷房が利かないのは覚悟しといた方が良いだろうw

それと、トイレが1つしかないので、女性陣が絡むと長蛇の列になりがち。
トイレ増やせ…もなかなか難しいだろうから、近隣公園の公衆トイレをお借りするとか、会場入り前に用を済ませるなど、自衛手段を講じておきたい。
元が「倉庫」で、即売会用に作られた施設ではない。それを無理やり即売会に転用しているに過ぎない。
そういう会場特性を踏まえつつ、参加者各自が覚悟を決め、準備をしておいた方が良いと思う。

【秋新刊】『日本中止即売会列伝』発刊のお知らせ

元々今年の5月コミケで発行予定でしたが、コミケが中止になったので「お蔵入り」していた本です。

コミティア・文学フリマが開催されそうなので、それに照準を合わせて新刊を出します!
2020年に何も新作を出さないのも味気ない感ありますし…


【刊行物概要】
●書名…「日本 中止即売会列伝」
第1部第1~3章のレイアウトに乱丁がありました。正しいレイアウトでの表示をPDFでupし、訂正のご案内とさせていただきます。

●内容…
伝説の(?)即売会紹介本「SDFクソ即売会列伝」「日本クソ即売会列伝」に続く「即売会列伝」シリーズ・第3弾!

新型コロナの蔓延は、数多くの即売会を中止に追い込みました。
開催したいのに、中止に追い込まれた即売会も多かったはずです。
ようやく「ニューノーマル」の名の下、即売会の開催も復活基調に入ったところで、世の中にある「中止即売会」の数々をとりまとめた本を出そうと思います。

特に、「主催の責とならない中止即売会」について、重きを置いて取り上げます。
コロナ禍での中止即売会は無論、コロナ以前も、主催に責がなく中止に追い込まれた即売会は少なくありませんでした。

中止したところで、主催も周りも、誰も得することはありません!
であるにも関わらず「中止」を決断した。主催の心中は、如何に?
中止即売会を数多く取り上げる中で、主催が「中止」を決断することがどれだけ重いものなのか。そこを訴える本になると思います。

我々は、コロナによる即売会の中止を、嫌というほど見させられました。
コロナを経た今だからこそ、「中止」することの重みを考えていただければ。
その思いから、刊行させていただきました。


●B5サイズ 表紙モノクロ・本文モノクロ 40ページ

●頒布予定…
11/22 文学フリマ東京(都内/文学系即売会/第一展示場・チ-41)
11/23 東京コミティア(都内/創作系即売会/V04b)

 *サークル「STRIKE HOLE」にて頒布

 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定
 *店舗委託も、11月末以降予定しています。

chushi_hyoushi


(以下御託が続きます)続きを読む

COMIC1(2020/10/18)サークル参加レポート

秋恒例、「博麗神社例大祭」「COMIC1」の同時開催
いつも悩むところだが、今回はサークル参加費の負担も考慮して「COMIC1」を選択。
「COMIC1」のレポートも、感染症対策中心に簡単に記録として遺したい。

COMIC1からのサークル案内は、従来の紙媒体発送からメール配信に切り替え。
紙の発送も、発送作業にマンパワーが必要だ。皆で発送作業に集って、そこでクラスターが発生したら目も当てられない。
感染防止の観点からも、メール配信は一つの在り方だと思う。
手間の簡略化にもつながるので、サークルからの不満が多く出てこなければ、この方法も「あり」だと思う。

そのメール配信の中で、サークル入場も電子チケットを通じた登録が必要とのこと。
とりあえずサークル用の電子チケットに登録、当日スマホのQRコードを提示して入場、という方向性だ。

電子チケットは、一般参加者の三密回避にこそ存分に活用されたと思う。
他即売会では、クラスター追跡を踏まえた個人情報の登録用、といった位置づけだが、「COMIC1」では一般参加者待機列の密回避にも活用している。

以下、友人から提供を受けた電子チケットの案内文を抜粋。

当日は、チケットの整理番号順に行います。また、新型コロナウイルス感染症対策のため、
整理番号ごとに集合時間を設定しております。
チケット販売数が東京ビッグサイトの収容人数を超えないため入替制は実施しません。

チケット販売ページにも記載しておりますが、下記の時間を目安にご来場ください。
[アーリーチケット]
ホール入場は9:00頃を予定
A0001〜A0500 7:30〜8:00
A0501〜 8:00〜8:30

[通常チケット(1次)]
ホール入場は10:00以降を予定
B0001〜B0500 8:30〜9:00
B0501〜B1000 9:00〜9:30
B1001〜 9:30〜10:00



今回は人数が少なかったため、10時までの集合で片づけることができ、入れ替え制には至らず。
人数が多ければ、集合時間の設定を遅らせ、入れ替え制になるように設定したのだろう。

そしてこの「整理番号」は、列待機にも活用された。

2020comic1_01



整理番号ごとに、並ぶ場所を指定。
前との間隔を空けるのは無論、隣の列とも並ぶ位置をずらし、密にならぬよう取り組んでいる。

なお、この方法は同日同会場開催の「博麗神社例大祭」でも採用された模様だ。
…しかしこれ、一つ一つスタッフが床に貼ってんだよな…お疲れ様です。

会場内は、入れ替え制も実施できないぐらいで、人の入りが極めて少ない。
10時開場とやや早めだったが、12時過ぎには閉会直前レベルの閑散さ。14時には退屈に耐えきれず撤収を決める。
往年の「COMIC1」を知るだけに、どうしても寂しさが募る。

サークル数も、「例大祭」との併催ゆえどうしても目減り。
それでも1000サークルを集めたところは流石コミ1、と言えるだろうが、普段の賑わいを知るだけに、物足りないものも感じる。
今は我慢の時期、東京ビッグサイトでも、クラスター発生なく即売会を無事に終えることができたということで、先ずはそこを喜ぶべきなのかもしれない。

東方オンリー『東方紅楼夢』(2020/10/11)参加レポート

簡単に、記録として遺しておきます。

諸事情により、夜行バスで前夜都内を出発。
夜行バスの旅にはいささか不安が残るも、定員を半分に落としての密回避策を取っていること、換気設備が充実してきたことを理由に「たぶん大丈夫だろう」と判断。
2週間経過しても問題は起きなかったし、大丈夫だったのかな。

サークル数は1100強。
東方オンリーの参加サークル数は減少基調だが、前年の1400サークルから比べると相当に数を落としており、コロナ禍の影響が伺える。
しかし当然感染症対策は取らねばならず。検温、電子チケットによる来場者の個人情報把握、消毒など、主催側に求められる負担は大きい。

(なお、サークル参加者には、入場用の葉書が、サークル案内とは別に追加で送られた。サークル入場時はこのハガキを提示し、サークル関係者全員の同時入場が求められ、これで入場者情報を管理する模様)

しかも今回は、ソーシャルディスタンスを保つために、1spサークル用にあてがうと、その隣のspは「ソーシャルディスタンススペース」として空きスペースに。

2020koromu


三密回避の一つの方法だろうが、主催の費用負担が倍額になる。1000サークルの規模でこれをするとなると、費用負担は莫大だ。
さすがにこの方法、とうてい持続可能な感染策だとは思えないので、コロナが落ち着くまでは国の補助でケアしなくては厳しいのでは?とも感じた。

負担は大きかったと察するが、それでも1000sp規模を、クラスターの発生もなく無事に終わらせることができたのは良かったというべきだろう。

3/28-29 東北2イベント参加レポート

参加したイベントは、可能な限り記録として、ブログに残したい。
…とは言え、3月下旬、コロナ禍で"stay home"が叫ばれ始める直前のイベントは、流石に当方としても安易に世に出すのは憚られる。
というわけで、7か月寝かせたイベントレポートを、これから記したいw

筆者は、3/28に宮城県白石市の東北ずん子オンリー「ずんスタ☆バザール」にサークル参加。
翌3/29には、岩手県二戸市開催「駅シビ」に一般参加した。
その時の様子をレポートしたい。

【目次】
◆白石市 ずんスタ☆バザール
◆二戸市 駅シビ
続きを読む

「Key Island」(key作品オンリー2020/10/7・東京都福生市ポプルスガレージ)一般参加レポート

GoToトラベルキャンペーンを利用した「聖地巡礼」「即売会遠征」等も一息ついたところで、都内の即売会にも足を運んでみる。
都内は都内でも、東京都の西部。青梅にもほど近い、東京都福生市に足を運んだ。

福生は、同人誌印刷業者「ポプルス」が本社を構えている。
本社から徒歩3分のところには、社有の倉庫も存在している。
ここを「ポプルスガレージ」と名付け、時折同人誌即売会の会場としても提供している。

とは言え、都内から中央線快速で1時間弱かかるという地理的事情もあり、この会場が使われることもなかなか無い。
ただ、withコロナ時代、即売会に許可を出してくれる会場もなかなか無い。
「ポプルス」は同人誌印刷会社ゆえ、当然、同人に理解のある。
同人に理解のある会社が運営する同人誌即売会会場「ポプルスガレージ」の存在感は、コロナ以前に比べ相対的に高まっていると言えるだろう。

【目次】
◆ポプルスガレージの歴史
◆「key Island」とは
◆「key Island」の感染防止策
◆まとめ
続きを読む

「こみっく☆トレジャー」(2020/9/6)サークル参加レポート

withコロナ時代が続く中、大阪開催「こみっく☆トレジャー」にサークル参加させていただいた。

筆者は、コロナ禍でいったんストップした同人世界が「復活」するためには、各即売会が感染防止策を適宜講じて即売会を開催。即売会を「無事に開催できた」実績を積み重ねるしかない、と考えている。

当時の現状を見ると、1000sp以上規模の同人誌即売会は、来場者の多さもありなかなか会場側も首を縦に振ってくれない。開催できたとしても、出席率が極端に悪く、とても「うまく開催できた」とは評せない厳しい状況だった。
前回記事でも触れたが、8月時点では、数百sp規模すらも上手く開催できなかった。

だからこそ、数百sp規模をつつがなく開催し得た「サンシャインクリエイション」が築いた実績を、意義深いものとして評価させていただいた。

参考リンク・2020年10月04日付『「サンシャインクリエイション」参加レポート〜withコロナ時代の開催様式は模索が続く〜(2020/8/2)』

数百spは、無事に開催できた。
ではその次の段階。1000sp以上の規模、果たして無事に開催できるのだろうか?

その様子を見届けたく、筆者は大阪「こみっく☆トレジャー」にサークル参加させていただいた。


【目次】
◆心配だった出席率は…
◆「こみっく☆トレジャー」の感染防止策
◆最後に:逝去された田中圭子代表のご冥福をお祈りします
続きを読む

「サンシャインクリエイション」参加レポート〜withコロナ時代の開催様式は模索が続く〜(2020/8/2)

先日公開した記事『「文化芸術活動の継続支援事業」補助金申請を目指す同人関係者へ』(前編)(後編)
は、多くの反響をいただきました。ありがとうございます。


その後、同補助金申請のヘルプ・相談がけっこう舞い込んで忙しかったのですが、ようやく落ち着いてきたので、今日は先日参加した「サンシャインクリエイション」のレポートを。

あ、文化庁補助金は終わりましたが、他補助金の申請支援もやりますよ。
個人事業主か、法人になってことが必要要件になる補助金が多いので、支援対象は限られるかもしれませんが、経験を活かし、できる限りのサポートはさせていただきます。
仔細はTwitterのDMで。


【目次】
◆感染者数急増さ中の開催も、感染拡大には至らず
◆「サンクリ」感染拡大防止の工夫
◆この規模の即売会を、まっとうに開催できたことが最大の収穫
続きを読む

2020/7/11 観音寺市・ゆゆゆオンリー「勇者部満開」

7月に入り、新型コロナ感染者も、徐々に広がりを見せ始めた。
都内を中心に、全国的に感染者も増加基調。不安は残るものの、家にこもっていても何も始まらない。
移動制限も解除されたことだし、香川・観音寺開催の「結城友奈は勇者である」(ゆゆゆ)シリーズのオンリー「勇者部満開」にサークル参加した。

今なお会場意向で中止に追い込まれる即売会も少なくはないが、主催のSDFは、6月下旬から、都内で即売会の開催を模索してきた。
会場から課された、感染防止ガイドラインに基づく「三密回避」の厳しい条件をクリアしつつ、試行錯誤しながらも、即売会開催の「実績」を積み上げた。

コロナ禍以後・「勇者部満開」以前に都内で開催された同人誌即売会では、

.機璽ルの入場者は1名に限定
一般参加者は事前予約制の入場制限
0貳牝場者向けのガイドライン制定


など制約を設けつつ、即売会開催を形にし続けてきた。

今回の「勇者部満開」は、この経験を活かした取組で、無事に即売会を開催させた取組。
そう位置付けられるだろう。


【目次】
・ソーシャルディスタンス保持・三密回避を中心とした感染防止策
・聖地開催即売会における「地元住民の参加」にも配慮
・即売会の開催実績を「積み上げる」ということ
続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はTwitterかmixiでお願いします。

Twitter ID:hanara_striker
mixi ID : 557000

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ