STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

同人評論

パチンコ屋の2階のカフェで開催される、はいふりオンリー「衣笠 High Free Fess 2020」参加レポート(2020/2/24,神奈川県横須賀市)

横須賀は、これまで数多くのアニメ等で舞台・聖地とされていた土地柄。
艦これオンリー・たまゆらオンリーも、舞台・横須賀で開催されたことがある。

神奈川県横須賀市が舞台のアニメ「ハイスクール・フリート」、通称「はいふり」。
はいふりオンリーも、当然のごとく横須賀で開催されている。

ただ、会場が少し変わっている。
他の即売会は、京急横須賀駅から徒歩圏内の横須賀市文化会館。もしくは、京急汐入駅前の横須賀産業交流プラザ。このあたりでの開催が多い。
ところが、はいふりオンリー「衣笠 High Free Fess」は、JR衣笠駅前での開催。しかも、パチンコ店「夢球殿」の2階、とな。

確かに「はいふり」は横須賀市舞台といえども、衣笠地区の起用が多い。
衣笠に会場を求める気持ちもわかるが、でもパチンコ屋って珍しくね?
というわけで、興味を抱き衣笠に向かった。続きを読む

クソ即売会殿堂!「COMIC王2」参加レポート(2020/2/11)

昨夏の『日本クソ即売会列伝』刊行に先立ち、筆者はニュースサイト「KAI-YOU.net」からインタビューを受けた。

参考リンク:トンデモ即売会の評論『日本クソ即売会列伝』作者「漏れなく頭痛や脱力に見舞われる」

「もっとも衝撃だった即売会とその理由を一つだけ教えてください」とのことだったが、1つだけ上げるのは厳しかったので、2つ挙げさせてもらった。
その2つのうちの1つが、主催自らの誕生日を祝ってもらうために開催した『COMIC王』である。
まあ、誕生日だから自分を祝ってもらうための即売会を開く、という発想が、控えめに申しあげても「狂ってる」としか評しようがないわけでw
『COMIC王』は、「クソ即売会の殿堂入り」を果たしたとみて、特に問題はないだろうw

参考リンク:2019年02月11日付「2019/2/11 主催が自らの誕生日を皆にお祝いしてもらうために開催した同人誌即売会『COMIC王』」

だが我々は、大事なことを忘れていた。
主催氏・王様の誕生日は、2月11日。神武天皇が橿原宮で即位され、我が国が始まった日。固定の祝日であり、毎年この日は祝日固定、休日固定となる。
つまり、その気になれば、毎年この日に即売会を開催できる環境なのだ。

…王様は、その気になってしまわれたw

ということで、まさかの「COMIC王2」開催と相成った…続きを読む

吹雪の中屋外配置を迫るクソ即売会「砲雷撃戦!よーい!」(2020/2/9・京都府舞鶴市・艦これオンリー)参加レポート

SDFが、作品聖地で開催する同人誌即売会には、2つの「顔」があると思う。
1つは、コンテンツツーリズム(聖地巡礼)を意識。地域の「町おこし」成功モデルとして確立し得た「成功即売会」としての顔。
…そしてもう1つは、SDFの「クソ即売会量産装置」としての顔。

舞鶴の「砲雷撃戦」は、SDF2つの「顔」が、どちらも表出した即売会と言えるだろうw

艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」の舞鶴開催は2014年以降だが、以後年1〜2回ペースで開催。
即売会会場そばで地元の商工会有志が屋台村を形成。事業者は商売で潤い、地域活性化にも寄与する。
参加者は舞鶴の「食」も楽しめ、満足度も向上する。
皆が、笑顔になれる構図を創り上げている。
筆者も過去2回参加しレポートを上げたし、コンテンツツーリズム(聖地巡礼)の視点からも舞鶴の事例を分析させていただいた。

【参考リンク】
当ブログ2015年06月05日付『5/17 京都府舞鶴市・艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」』

当ブログ2016年08月08日付『7/17 京都府舞鶴市・艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」』

拙著『コンテンツツーリズム取組事例集 第1巻』


成功法則も完成しており、その盛況ぶりも安定している舞鶴だが、昨年あたりから異変が起きた。
人が来すぎて屋台村での「食」にありつけない、というのだ。
サークル数も一般参加者も増え、キャパシティオーバーという声も聞いた。
以前とは比較にならない盛り上がり、ということか。筆者は、同日開催の「コミティア」すら回避し、舞鶴に急行した。続きを読む

2020/1/26 奄美市のオタクフリーマーケット「オタク市」参加レポート

鹿児島から南に400数十km。
北方領土を除けば、沖縄本島・佐渡島に次いで3番目に大きい島「奄美大島」。
流石にここで同人誌即売会が開催、という話は聞かなかった。

しかし、私のアンテナの精度も完璧ではなかった、ということなのだろう。
確かに「同人誌即売会」ではないものの、「オタクのフリーマーケット」と銘打って、同人誌即売会に準じる催事が開催されていた。しかも今回が7回目とのこと。結構続いている。

その存在を知るや否や、筆者は速攻飛行機を手配した。

というわけで前日の土曜日、羽田から奄美への飛行機に搭乗。
奄美到着後は、旧日本海軍の戦跡をちょっとだけ巡る艦これ「提督」的な動きをしたり、あるいは大和村の景勝「宮古崎」を訪れ「西郷どん」の「聖地巡礼」をしたり、黒糖焼酎の飲み比べをしたり。そんな感じで、島内観光に勤しむ。

IMG_20200126_093751

【「西郷どん」オープニングの舞台「宮古崎」】

そして翌日、午前中少し観光した後に、午後「オタク市」に顔を出した。続きを読む

2019/12/8 高知県香南市開催「酒っと」参加レポート

同人誌即売会主催団体「SDF」が開く数々の同人誌即売会は、主催の脳味噌の病気を疑うべき「クソ即売会」の宝庫であるw
というか、「SDF」自体が、「クソ即売会量産装置」と言っても過言ではあるまいw
「SDFクソ即売会列伝」「日本クソ即売会列伝」を刊行し、「クソ即売会ハンター」としても名を馳せつつある筆者が言うのだから間違いないw

んで、そのSDFが、高知県香南市の酒蔵で、同人誌即売会「酒っと」を開催するという…
「酒っと」は「酒と酒のつまみオンリー」と称する同人誌即売会。秋葉原の飲食店から東京ビッグサイトまで、多彩な会場で開催されている。
とはいえ、「同人誌即売会」とは名ばかりで…実際には、サークルや主催がお酒や料理を提供するだけの「立ち飲みイベント」、と見なすのが妥当だろうw

深夜開催も当たり前で、過去には、広島県江田島で艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」を開催したその日の深夜…平成31年4月30日〜令和元年5月1日にかけての開催、という暴挙を敢行した「前科」もあるw

クソ即売会量産主催のSDFが、クソ即売会「酒っと」を、わざわざ【高知県香南市】で開催するという。
嫌な予感しか、漂わないw

…やっぱ俺、この即売会行かなきゃ駄目なん?
私は、先週の宮古島遠征で疲れた体を引きずりつつ、面倒くさそうに、渋々高知県香南市に急行した。続きを読む

2019/12/1 日本最南端の同人誌即売会「みゃーけっと」(沖縄県宮古島市)参加レポート

21世紀初頭。かつては沖縄本島からはるか南、先島諸島・石垣島に同人誌即売会が存在していたらしい。名前だけは、なんとなく存じている。
残念ながら、この即売会は後継イベントもなく消えてしまった。
以降は那覇市内の同人誌即売会(「おでかけライブ」など)が「最南端」の即売会となった。

2016年、最南端即売会が、那覇から南に移動した。
この年に、先島諸島・宮古島に立ち上がった同人誌即売会「みゃーけっと」
宮古島の「みゃーけっと」が、日本最南端の即売会として君臨(?)することになる。

日本全国数多くの即売会を行脚する筆者が、この即売会に注目しないわけがない。
しかし「11月開催?他のイベント入ってるわ!」だとか。
「8月開催?台風で飛行機欠航したら詰むじゃねーか!」だとか。
そういう理由で回避してはいたものの、12月開催となると、コミケ前でイベント開催数も少なくスケジュールのバッティングも無い。台風リスクも少ないし、観光的にはオフシーズンだから飛行機も比較的安いし。参加しやすい環境が整った、ということでサークル参加を決めた。続きを読む

【冬コミ新刊のお知らせ】「同人誌即売会開催史(2000年代)』刊行!

STRIKE HOLEでは、昨年の冬コミで「同人誌即売会開催史(1990年代)」を刊行しました。

参考リンク:
2018年12月03日『冬コミ新刊!「同人誌即売会開催史(1990年代)」刊行のお知らせ』

冬コミは、この「続編」としての位置づけですが、【21世紀・2000年代における同人誌即売会開催の歴史】を語ります。
そして、そこから繋がるはずの、同人誌即売会の「現在」に至るまでを語ります。


【刊行物概要】
●書名…「同人誌即売会開催史(2000年代)」

●内容…
2018年冬コミ刊行「同人誌即売会開催の歴史(1990年代)」の続編。
今回は、2000年代に入ってからの、同人誌即売会開催の歴史を解説!

1990年代から続くオンリーイベントの隆盛は、今世紀に入りさらに成熟。
巨大化するオンリーイベントあれば、オンリー集合型のイベントもあり。評論系・文学系などジャンルもより多彩に。
そして忘れてはならない、東方Projectの席巻…!
その一方で、劣勢に立たされるオールジャンル同人誌即売会の岐路は…?
今世紀の同人界にとって忘れてはならない、「黒子のバスケ」中止事件についても振り返ります。

STRIKE HOLEならではの試みともいうべき「47都道府県別・即売会の歴史」も解説!
筆者は、過去に「1990年代の即売会の歴史」「最近の即売会事情」を、47都道府県別に論じたことがあります。
今回の解説は、この両者の橋渡し役にもなるでしょう!


●B5サイズ 表紙モノクロ・本文モノクロ 56ページ

●頒布予定…12/30「コミックマーケット」3日目 
 配置・(南3ホール)メ35b
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布

 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

rgb_sample01light


(以下御託が続きます)続きを読む

2019/11/10 山梨県南アルプス市開催・ゆるキャン△オンリー「梨キャン」

アニメ「ゆるキャン△」は、山梨県身延町を中心としつつも、山梨県内全域を舞台としている。山梨県全域に「聖地」の広がる作品だ。
アニメの「聖地」町おこしを研究する当サークル「STRIKE HOLE」としても、「ゆるキャン△」を通じた県内各地の取組には注目している。
昨年は、「ゆるキャン△」の聖地の一つでもある、山梨県山梨市開催の「ゆるキャン△」オンリーに参加。県内各地の取組をまとめ解説した、コンテンツツーリズム本を刊行させていただいた。

2018年10月27日付『2018/10/27 山梨市開催・ゆるキャン△オンリー「野クル校外活動」参加レポート』

今年は、この時とは別の主催だが、南アルプス市で「ゆるキャン△」オンリーが開催されるとのこと。
南アルプス市も、市内芦安地区が「ゆるキャン△」ファンの「聖地」となるなど、作品との縁深い土地だ。
筆者も、サークルとしての参加を決意した。続きを読む

2019/11/4 大阪府枚方市の同人誌即売会「コミハンハヤカワ」

大阪府枚方市で、小規模ながら地道に開催され続けている即売会「コミハンハヤカワ」にサークル参加させていただいた。
ベッドタウンとして住宅街の広がる、枚方市樟葉。
京阪くずは(樟葉)駅から徒歩約10分という至便の地に立つ、「アートセンターハヤカワ」が会場だ。

「アートセンターハヤカワ」は1978年創業の画材屋さん。
文具品や書道用品、漫画コミックも扱い、「アート」という観点からアイテムを取り揃えている専門店だ。
また、芸術大学志望の学生に特化したアートスクールも開催。芸術大学向けの「予備校」的な側面も見られる。社会人向けの絵画教室も実施している。
この「アートセンターハヤカワ」が、自ら主催として立った同人誌即売会。それが、同人誌即売会「コミハンハヤカワ」だ。

「アートセンターハヤカワ」は5階建ての自社ビルに実店舗を構えており、1階が画材・文具等の取り扱い。2階でコミック類を取り扱っている。
3〜5階は、普段はアートスクールでのアトリエとしての活用。
今回は5階が会場とのことで…つまり、アトリエで開催される同人誌即売会、という新境地を体験することとなるw続きを読む

2019/11/3 青森県弘前市開催「弘前りんご同人祭」開催レポート

新幹線・新青森県から特急で約30分。青森県西部に位置する弘前市は、人口17万。青森市・八戸市に次ぎ、人口規模でも県下第3位。津軽地方の中心都市だ。

青森県の同人誌即売会事情を申し上げると、2000年代までは、県都・青森市での開催はもちろんだが、青森市以外では東部の八戸市、そしてこの弘前市でも、定期的に同人誌即売会が開催され続けていた。

青森市では、今もなお、スタジオYOU主催の「おでかけライブ」が健在だ。
ただ、弘前や八戸では、個人主催による同人誌即売会が開催され続けてはいたものの、相次いで撤退。一時は青森市以外で同人誌即売会の存在が確認できなくなるほどであった。
(注:むつ市大湊開催の艦これオンリーは、やや文脈が異なるのでここでは割愛している)

弘前は、元々同人者にとって「聖地」的存在の「青森県りんご商工会館」で、個人主催による即売会が多彩に開催されていた。だが、2008年、駅前区画整理に伴う閉館を機に、途端に即売会の灯が潰えた。
その後しばらく間を置き、2014〜2015年には個人主催による同人誌即売会も再登場したものの、残念ながら継続に至れず。弘前は「即売会空白地域」と化した。

「弘前りんご同人祭」は、そういう状況下、2016年に登場した同人誌即売会だ。
立ち上げ当初から、東方Project界隈から同人音楽サークルを招聘。同人サークルによる「ライブ」と、オールジャンル同人誌即売会とが併存する形式をとった。
元々は「1回限り」と考えていたようだが、同人空白地域となっている弘前の現状も鑑み、継続開催を志向。その後も年1回ペースで、秋のシーズンに開催している。

筆者も、初回より存在は認知していたものの、これまではスケジュールの兼ね合いから参加が難しく、4回目の開催となる今回、初めて足を運ばせていただいた。

続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はTwitterかmixiでお願いします。

Twitter ID:hanara_striker
mixi ID : 557000

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ