STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

同人評論

夏コミ新刊第1弾「解説!全国同人誌即売会事情」刊行のお知らせ

夏コミの新刊、昨日入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。

【刊行物概要】
●書名…「解説!全国同人誌即売会事情」

●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 56ページ

●頒布予定…8/13「コミックマーケット」3日目 配置・T35b
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布
 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

zenkokusokubaikai_hyoushi


(内容については以下に続きます)続きを読む

スタジオYOUは、「即売会全国展開」の看板を捨てたのか?

夏コミ新刊として刊行が決定している「解説!全国同人誌即売会開催事情」
これは、全国各地の即売会開催状況を、47都道府県ごとに解説する、というコンセプトの同人誌即売会評論本だ。
この手のコンセプトの本は、過去にも2012年に、「同人誌即売会全国制覇!」という本で著している。そこで今回は、2012年〜2017年までの「最近の状況変化」を重点的に語ることで、昨今の即売会事情の可視化に努めている。

執筆に際し、昨今の即売会情勢を洗いなおしてみたが、状況の変化は、確かに著しい。
2013年の「艦隊これくしょん」大ヒットに伴い、全国各地で艦これオンリー多発。さらに「聖地」での開催も続出。これまで即売会が開催されたこともなかった地域で、即売会が開催されるという事例が、数多く生まれている。
オールジャンル同人誌即売会を見ても、北海道紋別市・長崎県五島列島・沖縄県宮古島など、これまで同人誌即売会が開催されることの無かった地域で、新たに即売会が生まれている。サークルも、即売会として成立し得るほどには集っている。

その一方、休止する即売会も少なからず見受けられる。
後継イベントも立ち上がらず、そのまま即売会空白地域と化すケースも見られる。
調べてみて、特に私が驚いたのは、スタジオYOU「おでかけライブ」の広範囲にわたる即売会休止・撤退だ。それも、2016〜2017年に集中している。続きを読む

6/4 東方Project・リグルオンリー「東方蛍光祭」

京都のたまこまーけっとオンリーに出席してからトンボ帰りで帰京した自分。
4日は、都内の「コンテンツツーリズム学会」に出席を予定していたが、少し時間が空いたので、都内で開催される東方・リグルオンリーに足を運んだ。
6月4日が「虫の日」ということで、「虫」をモチーフとした、このキャラのオンリーがこの日に開催されたという構図だ。

「リグル」の登場は、東方Projectにおいては「東方永夜抄」が初出となる。
そして、この「東方永夜抄」のリリースは、2004年夏。初登場から実に13年の時を経過し、ようやく初のキャラオンリー開催に至るという、極めてレアなケースである。

確かに、東方人気投票でも、決して上位にランクインしないキャラではある。
だからこそ、あれだけ無数に東方オンリーが乱立するご時世でありながらも、これまでキャラオンリーが開催されることも無かった、と言えるだろう。
しかし、東方人気キャラ投票における「イチ押し率」は極めて高く、熱狂的なファンがそれなりに存在していることも伺わせる。続きを読む

6/3 京都市・出町桝形商店街開催 たまこまーけっとオンリー「うさぎ山大バザール」

アニメ「たまこまーけっと」の舞台モデルとされる、京都の「出町桝形商店街」。
この商店街のど真ん中で、「たまこまーけっと」オンリーとして始まった「うさぎ山大バザール」。
2年前・前身イベントの「京都市勧業館 みやこめっせ」開催を経た後、場所を作品舞台・出町桝形商店街に移し、そしてイベント名も「うさぎ山大バザール」として、昨年2016年春に、第1回目の即売会が開催された。
私も昨年委託でサークル参加。今回は直接参加しようと興味を持ちつつ迷っていたのだが、ちょうどゴールデンウイーク中にサイトを見たら、「何か企画の持ち込みがあればご相談を」という意の内容が書いてあったのを確認した。

実は、この時はちょうど「資料性博覧会」内で、町おこしセミナー「アニメ・マンガで町おこし!成功法則を追求!」を開催した直後であった。
また、「うさぎ山大バザール」は、地元桝形商店街の方もお見えになるイベント、とも聞いていた。
ここで「資料性博覧会」と同じようなことをやってみたら面白いのでは?と思い主催に相談する。プロジェクターも用意してあるとの由で、充分対応可能ということも判明した。
というわけで、セミナー実施・聖地巡礼も兼ねつつ、「うさぎ山大バザール」にサークル参加を決めた。続きを読む

5/28 長野県上田市・オールジャンル同人誌即売会「LOVE★Bloom」

現在絶賛頒布中の「コンテンツツーリズム取組事例集3」おいて、長野県小諸市と上田市の「町おこし」を取り上げたということもあり、お披露目的な意味合いも込め、上田開催の即売会「LOVE★Bloom」にサークル参加させていただいた。
「LOVE★Bloom」は、長野県東信地域においては現在唯一の同人誌即売会
佐久市と上田市で開催し続けており、過去私も佐久市の即売会の方にサークル参加させていただいた…といっても、「温泉のある健康ランドでの開催」というユルい雰囲気ということもあり、即売会を抜け出して温泉入るなど寛ぎまくっていたがw

参考リンク:2014年12月23日付「12/7 長野県佐久市・オールジャンル同人誌即売会「LOVE★Bloom」」

さすがに今回は、頒布書誌でも取り上げている、上田市の即売会。
佐久ほど気を抜いてはいなかったが、とはいえ地場のオールジャンルで自分の本が売れるだろうとも思っていなかったので、搬入量を若干減らしての参加。
しかも、途中小諸に寄ってお土産物屋の方とお話している内に電車を一本乗り過ごし、10分程度遅刻してしまったので、やっぱり気は抜けているか(苦笑)
(ちなみに、小諸に立ち寄ったのは、市内「あの夏で待ってる」聖地のお土産物屋に当方の著書が置かれているという情報を聞き、その様子を眺めに行ったってのが理由である)続きを読む

5/21 北海道北見市・オールジャンル同人誌即売会「orange*party」

群馬県桐生市で、同人誌即売会(という名の映画撮影)に参加した自分。
その足で、そのまま羽田空港に直行。以前より注目していた、北海道北見市の同人誌即売会「orange*party」に足を運んだ。

「orange*party」は、北海道内で主にコスプレイベントを開催されている(最近では大沼公園・ゆにガーデン中心?)イベント主催団体「S.works」が、同人誌即売会にも進出した格好ではじまった即売会である。
(てゆーか、「東方神居祭」とかやってる「寒軍べくたぁ」が運営してるコスプレスタジオ「スタジオパルフェ」と事務局の住所が一緒でゲフンゲフン…まあ、寒軍系統のイベンターさんと考えればいいでしょうw)
2016年5月に第1回目を開催、以後年2回ペースで開催し続けている。続きを読む

5/20 桐生市開催同人誌即売会(映画「リクエスト・コンフュージョン」撮影)

5月20日、サークル「STRIKE HOLE」は、群馬県桐生市で開催された同人誌即売会にサークル参加させていただいた。
とは言っても、これは一般公開された正式な即売会ではなく、映画のロケで同人誌即売会のシーンを撮りたいから…ということで、エキストラでサークルや買い手を募集するというものだ。

5月14日・日曜日の夜。Twitter上でサークル・一般参加者のエキストラ募集開始と、の情報が流れてきた。
募集期間の短さ(締切が5月15日月曜日)を疑問視する声。二次創作不可というレギュレーションなど、疑問を呈する声も少なからずお見掛けした。

ただ、過去には、数多くの同人誌即売会で主催業務を務める「ケットコム」が、同種のエキストラ募集を実施している。
(2011年12月、映画「ふがいない僕は空を見た」における同人誌即売会のシーン撮影にて、サークルを募集/イベント名「コミック計画」
あの時も、権利関係に抵触するリスクを避ける目的だろうが、二次創作は遠慮いただくことになった。今回の桐生も、ケットコムの時と一緒かな、という感想だった。
もっとも、それでも募集期間が短いのは事実。サークルがちゃんと集まるのか?という疑問はあったが…

とりあえず、ケットコム「コミック計画」に参加できず(あの時、撮影は平日なのでサークル参加は断念した)残念な思いを抱いたことへの「リベンジ」の気持ちと、そして桐生市で開催される同人誌即売会にサークル参加した!という実績をつくりたいとの思いから、当サークルも参加を申し込む。続きを読む

5/3 都内開催・ふたば☆ちゃんねるオンリー「ふたば★学園祭」

久々に、「ふたば☆ちゃんねる」のオンリーイベント「ふたば★学園祭」に足を運ばせていただいた。

2001年、当時転送量の問題から2ちゃんねる閉鎖騒動が勃発。
小職の尻の穴も閉鎖されそうな状況の中、2ちゃんねるの避難所的位置づけにて、匿名掲示板「ふたば☆ちゃんねる」が誕生したようだ。
当初は2ちゃんねるの「分派」的な存在ながら、やがて、二次元画像を中心に扱う「二次裏掲示板」を中心に独自のネタが生まれ、独自の「文化」が育まれていった。2ちゃんねる同様、作者不詳のキャラクター(一部作者が特定されているケースもあり)も、諸々生み出されていった。

そんな中、これを基にした二次創作の機運も高まった。
元々、2ちゃんねる発祥のキャラを中心とした「2ちゃんねる」オンリーイベント各種や、ケットコム主催の「ネッキャラ」(ネットワークキャラクターオンリー)・「びすけっと」(ビスケたんオンリー)などが存在していたが、2004年以降、ジャンルとしての2ちゃんねる系は急速に下火となった。
2ちゃんねるジャンルの斜陽と対照的に、ジャンルとしての「ふたば☆ちゃんねる」が急伸した構図と見て良いだろうか。2ちゃんねるジャンルからの移籍組も、相応数確認している。続きを読む

4/23 姫路市開催・オールジャンル同人誌即売会「comiporation」

兵庫県内のオールジャンル同人誌即売会は、案外多い。
県都・神戸ではオールジャンルが殆ど無く、オンリーイベントの開催が中心。大阪に近い距離感ということもあり、大阪の大規模オールジャンル同人誌即売会が、受け皿的役割を果たしているのだろう。
ただ、大阪から遠い距離…加古川市や豊岡市、姫路市などでは、定期的にオールジャンル同人誌即売会が開催されている。加古川は昔お邪魔したことあるが、姫路の即売会は未踏…ということで予定が空いたので、当方も姫路に足を運ぶ。

即売会申し込み後、大阪・千里中央で「かんおんじフェア」の開催が発表。
「結城友奈は勇者である」シリーズを活用した、香川県観音寺市の町おこしの取組を研究している当方としては、これは可能な限り外したくない。
ということで、千里中央に朝立ち寄ってから、1時間程度遅刻しての姫路入りを決断した(汗)続きを読む

4/16 静岡県沼津市開催・ラブライブ!サンシャイン!!オンリー「僕ラブ!サンシャインin沼津」

前週に沼津に行ったばかりの気もするが、この週も沼津に足を運んだ。
今回は、「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地・沼津で開催されたオンリー「僕ラブ!サンシャイン!!」にサークル参加させていただいた。
もともと「ラブライブ!」オンリー「僕らのラブライブ!」を定期開催している主催が、新シリーズ「ラブライブ!サンシャイン!!」の展開に呼応。聖地・沼津に出張して開催という構図。
これまでのラブライブ!オンリーでの豊富な実績に加え、初の聖地開催オンリーということもあり、昨年秋の開催時には200sp以上のサークルが集った。

参考リンク:2016年10月28日「10/22 静岡県沼津市開催・ラブライブ!サンシャイン!オンリー「僕ラブ!サンシャインin沼津」」

前回は一般参加だったが、今回は、沼津の町おこしに関する評論本もあるので、サークルとして参加することに。
前日は鳥取県内のアニメ聖地関連を実地視察。米子から寝台特急サンライズ出雲の乗り込み、朝5時過ぎに沼津着。
伊豆長岡に移動し、温泉につかったり伊豆箱根鉄道駿豆線のラブライブ!サンシャイン!!フルラッピング電車「HAPPY PARTY TRAIN」に乗ったりしつつ時間を潰した上で会場入り。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ