STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

電波

「STRIKE HOLE」サークルエンブレム制定のお知らせ

「STRIKE HOLE」では、CI(=Circle Identity)活動の一環として、「サークルエンブレム」を制作いたしました。
急きょ思い付きでつくったので、冬コミには間に合いませんが、来年以降の刊行物には、このエンブレムを盛り込もうと考えております。

STRIKE HOLEサークルロゴ

当サークル「STRIKE HOLE」は、和訳すれば「穴にぶち込む」という意味であり、同人誌即売会主催をはじめとした男性陣の尻穴掘削事業とは不可分のサークルでございます。そこで「尻穴」をイメージした「*」の文字を起用しております。
また、当サークルは47都道府県の即売会を見聞し、「全国制覇」を達成するなど、日本中全都道府県を活動エリアとして位置付けているサークルでもございます。そこで、先の「*」の文字を47個、日本地図風に散りばめる形でデザイン致しました。
当サークルの活動内容を表現できる、象徴的なデザインに仕上がったと自負しております。

当サークルは、「同人誌即売会レポート」ならびに「コンテンツーリズム研究」の二分野で活動を続けており、多くの読者様にご好評をいただいております。
今後もクオリティの高い評論活動を目指しまい進する所存でございますが、同時に残念なエンブレムを起用することにより、ハイクオリティ評論と恥ずかしさ抜群のエンブレムとが同居。これにより生じるギャップや化学反応をお楽しみいただければ幸いですw

当サークルの活動内容を象徴するこのエンブレムを積極活用し、当サークルとしての「CI活動」強化を目指す所存です。
今後とも生暖かい応援のほど、よろしくお願いいたします。

民主党議員 離党予備軍を篭絡する革命的方法を考案した

相変わらず支持率が低迷している民主党だが、当然ながら、離党を伺う予備軍的連中も色々控えている。
離党するも残って頑張るも、それは議員さん各自の信念や計算やらに基づく重たいご判断。当サークルとしては、各自のご判断を尊重したいと考えている。

とは言え、当サークルは、民主党のマスコットキャラクター「民主くん」を、ペットとして飼育している。
民主くんに活躍いただく事で、多くの同人誌即売会主催を【折檻調教】するという重大な使命を抱いているのだ。
可愛いペットの為に、一肌脱いで、彼ら離党予備軍を引き留める革命的方法を、この場をお借りしてご提案申し上げたい。続きを読む

小沢生活の党が、再起を図る革命的方法を考案した

昨夏より続いていた、「維新の党」の分裂騒動。
「おおさか維新の会」として独立を志向する勢力と、民主党と連携しつつ野党結集を目指す松野代表以下「残留組」とが、お互いがお互いを罵倒し合い、挙句の果てには法廷にまで持ち込まれる展開となったものの、昨年12月、なんとか収束した。
一応円満合意、円満分党となり、一件落着と言えようか。

…なんか最近になって、また「おおさか維新」側が、「維新の党」側を叩き始めてるんですが。

「維新の党は『偽維新』」おおさか維新・馬場幹事長

あんたら和解したんじゃなかったのかよw
和解して舌の根も乾かぬ内から攻撃を再開するなんて話、同人誌即売会の世界でも決して少なくない事例なので、珍しくはないし、寧ろこれが人間の「業」なのかな、とも思うのだが…続きを読む

STRIKE HOLE バカの軌跡 その3

以前記した俺得記事「STRIKE HOLE バカの軌跡」(その1 その2)の続編です。
再び、過去訪問し「制覇」した即売会を、「都市単位」で振り返ってみたいと思います。

自分の軌跡を整理しつつ、今後来訪する即売会を選定するに当たっての、参考資料にしようと思っての記事。
平たく申せば「自己満足」、「俺得」記事ですw
ご承知並びにご容赦いただければ幸いです。続きを読む

夏の新刊第二弾!「評論これくしょん改〜潜水艦隊編隊作戦〜」発刊のお知らせ

STRIKE HOLEでは、夏コミ翌週の「砲雷撃戦!よーい!例のプール海域」合わせの新刊を計画しておりましたが、この度、こちらも校了。無事発刊できる見込みとなりました・
砲雷撃戦合わせという事で、潜水艦娘3人についての評論エッセイです。

評論内容は、以下の3本立てとなります。

「ろーちゃんを、舞鶴の温泉に連れていきたい!!」
…ろーちゃん(呂500)が喜んでくれそうな舞鶴の温泉を徹底ガイド!ろーちゃんと混浴できそうな舞鶴の温泉を探し求めます!


「伊58 悪魔の策謀!」
…私を冤罪に陥れようとする伊58(ゴーヤ)の策謀については、2014年08月03日付記事「悪魔の邪望 艦娘・伊58の策謀を許すな!」にて触れました。
この記事の内容に加筆。ゴーヤを苛めてお仕置きする方法についても、考察を深めます!


「エロ業界に蔓延する、新手の「全体主義」を憂慮する」
…エロ業界は、伊19(イク)という名の「全体主義」に汚染されている!エロ業界の因習を、断固告発する!


こんな感じの、残念極まりない電波な評論でございます。
表題の「編隊」は、「変態」との掛けことばです。あとは、お察しください。

8pの薄っぺらいコピー本ですが、STRIKE HOLEならではの「頭おかしい評論」をお楽しみいただきたい方は是非(汗)

なお、元々は砲雷撃戦合わせですが、既に出来上がりましたので、夏コミは無論、7月「金沢東方祭」以降の各即売会にも、少部数ですが前倒しして頒布致します。
皆様よろしくお願い致します。

3/15 壮大なる茶番劇!東方Project古明地さとり・四季映姫オンリー「地底の読心裁判」

久々、感動する事しきりの同人誌即売会であったw

「地底の読心裁判」は、東方Projectのオンリーだが、他所の即売会とは違う類稀なオンリーイベントである。
【中二病】的にさとりと映姫を愛する主催が、さとり・映姫のカップリングを提唱する。2人の関わりが、公式には一切言及されていないにも関わらず、である。
その組み合わせはないわーとばかりに白眼視する周囲だが、主催は、そのカップリングを【布教】すべく、2人のオンリーイベントを開催した。
やがて草の根の活動の成果か、その2人のカップリングで同人誌を出すサークルも続々現れる。主催氏の地道な布教が、このオンリーを通じ実ったと言えよう。

当サークルは、3月刊行の新刊として、「この同人誌即売会がすごい!」という本を刊行した。
日本中幾多の同人誌即売会を見聞し続けた自身が、光るもの際立つ名即売会を厳選し解説、というコンセプトの同人誌即売会レビュー本である。
その中に、この「読心裁判」も加えさせていただいた。そのレベルで、当サークルも、「読心裁判」を高く評価している。続きを読む

当サークルにおける、委託作品頒布開始のお知らせ

STRIKE HOLEは、これまで全国各地の同人誌即売会に参加し続け、同人誌即売会評論という分野で、地道にサークル活動を続けて参りました。
これに加え、今後は【マジキチ】としてのキャリアも積み重ね、真のマジキチサークルとしての飛躍を目指しております。

昨年冬には、中身はマトモな評論本ながらも、【艦これ・金剛ちゃんの股間のち●こをこすると甘い香りが漂う】という仕掛けの本を、ねこのしっぽ様に半ば無理やり引き受けて貰い刊行致しました。(冬コミ新刊「評論これくしょん〜評これ〜」
多くの方に、金剛ちゃんのち●こをこすっていただき、またち●この匂いを嗅いでいただき、当サークルとしてはサークル冥利に尽きる展開。胸の熱い思いでございます。
ご購入いただきました皆様には、この場をお借りして篤く御礼申し上げる次第です。

これに続き、サークル「モノリス」関係者様との緊急協議を経て、モノリス様刊行のおっぱい本を、明日開催「コミティア」以降、当面の間委託頒布させていただく事になりました。
これにより、当サークルは「ち●こ」「おっぱい」2つの本を同時に机上に並べるという偉業を達成する運びとなりました。これを契機に、更なるマジキチサークルを目指し精進を図る所存です。
今後ともご指導ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。


なお、モノリス様刊行委託本の概要は、以下の通りとなります。

タイトル : 「おっぱい星の食卓」
発行サークル : モノリス様
執筆者 : 三森樹様
頒布価格 : 500円
内容 : プリン・マシュマロ・ゼリー等、おっぱい型の料理に挑戦した本

内容については、アキバblog様が分かりやすく解説されてます。左記リンク先をどうぞ。
「グルメコミックコンベンション」で頒布したそうなのですが、カレーばかりに皆の目が行って、本が全く売れなかった!との事ですので、是非お買い上げいただければ幸いです。

【緊急提言】民主党は党本部内にSMクラブを設置せよ

2012年冬の総選挙にて政権を奪還し、その後も順調に政権を運営し続けていた、自民党・安倍政権。
「アベノミクス」で株価を回復させる等一定の成果も収め、選挙も、野党の自滅もあり連戦連勝。高支持率をキープし続けている。
だが、「好事魔多し」とはよく言ったもの。これまで特にこれといったスキャンダルに見舞われなかった安倍政権も、内閣改造を境目にスキャンダルが噴出し続けている。

比較的軽微なスキャンダルとしては、江渡防衛大臣の政治資金の不適切処理。まあ、これは謝り続けてれば切り抜けられるだろうか。
松島法務大臣の、選挙区民へのウチワ配布問題。これも、ごめんなさいし続けていれば何とか逃げ切れるだろうと踏んでいたが、安倍総理は更迭を決断した。
(余談だが、松島大臣を追及した蓮舫議員もウチワを配っていた!ブーメランだ!という向きもあるが、ウチワは柄の有無がNGかOKかの境目となり、蓮舫氏は柄無しだからOK・松島氏は柄有りでNGとの事らしい。加えて、蓮舫氏は選挙期間中の配布物として選管の承認を得ている、という部分もある)

そして、小渕優子経済産業大臣の政治資金問題。
これは額も大きく、買収の疑義すらある。今後の調査次第だが、下手すると議員バッジを失う羽目にもなりかねない。

小渕氏の後任として選出された議員が、故・宮沢喜一元総理の甥である宮沢洋一大臣だ。
その宮沢大臣、経済産業大臣に任じられた翌日、早くもスキャンダルが勃発した。
(参考リンク・http://mainichi.jp/select/news/20141024k0000m010093000c.html)

宮沢大臣の秘書が、宮沢氏の政治資金管理団体に、広島市の【SMバー】での出費を計上してしまったとの事。
流石にSMバーでの出費は褒められたものではなく、宮沢氏の管理責任は免れないだろう。ただ、辞任に値するレベルではないとも思う。この借りは、今後の働きで取り返していただきたいと思う。


そもそも「SMバー」という名前のインパクト強く、いかがわしいイメージがもたらされるが、実態は、決してそんなことは無い。
私も10年近く前にはなるが、女性2人と連れ添ってSMバーに行ったことがある。
雰囲気としては、椅子テーブルが置いてあり、クラブに近い雰囲気。3人で普通にお酒を飲んでいた、と記憶している。
…但し、壁を見ると鞭やローソクが展示してあり、中央にはステージが設置。そこにお客さんや店員が時々上がり込み、軽くロープで縛ったりローソク垂らしたり…ってのはあったがw

私も、自分でSMプレイするのは痛いから嫌でござる、という立場ではあったが、別に鞭でハードに叩かれるでもなく、軽く亀甲縛り体験を受けたぐらいで終わった。

とは言え、別に服を脱がされるでもなく(そういうのはNGのお店も多いみたい)、縛るのも服の上からなので、そんなディープな感じは無い。
お酒のみながらSMごっこやってキャッキャウフフ、って感じだろうか。(濃いプレイをされてる方に言わせれば、あんなのはSMぢゃない、とかw)
実際行ってみての感想としては、キャバクラに感じが似てるかな?それにSMの要素が多少なりとも入った、という感じがする。
これを性風俗(いわゆる「フーゾク」)と同義に考えるのは誤りで、寧ろキャバクラの延長線上…すなわち水商売と同義で捉えるべきお店だと思う。


野党はいかがわしいだの唖然としただの抜かしているが、それはSMバーの実態を知らないが故の戯言である。
SMバーの実態を知り、それから物を語るべきである。
(産経新聞が件のバーを取材しているので、その体験レポートを置いておきます http://www.sankei.com/west/news/141024/wst1410240070-n1.html)
野党議員も、キャバクラを政治資金で落としたアホもいるんだし、似たようなものだと思うのだが…

(てゆーか、宮沢大臣も「SMバー」だったのが不幸だよね…SMバーって語のインパクトが強いからこうして話題になっちまっただけで、これが普通のキャバクラだったら話題にすらならなかったと思う。いや、SMバーにせよキャバクラにせよ不適切な会計処理なのは間違いないが、自腹にさせるよう修正すればお咎め無しで良いと思う)



寧ろ野党、特に民主党は、こんな事で唖然としている場合ではない。
これを政権奪還への好機、第一歩と捉えたい。

といっても、民主党が政権奪還を目指しすべきことは、宮沢大臣の追及ではない。お前らだってキャバクラやらゲイバーやらで政治資金処理した連中何人かいるんだし、そんなことしても、ブーメランとなって跳ね返ってくるだけだ。
民主党は、党本部に【SMクラブ】を設置するべき。これが私の、民主党政権奪還に向けた渾身の提案である。

念のため申し上げるが、【SMバー】なんてキャバクラに毛の生えたようなものではない。
あくまで、【SMクラブ】だ。尻穴開発プレイやスパンキング等、ハードなプレイも含めた、ディープで濃い、本格志向のSM施設をつくるべき、と申し上げている。ここを強調しておきたい!

かねてより私は、民主党に対し、民主党マスコットキャラ「民主くん」(のアナルビーズ)をフル活用した党勢拡大や離党者予備軍の籠絡等を提案し続けてきた。

【参考リンク】
民主党嫌いの余りデマを飛ばすネトウヨを調教する革命的方法を考案した〜ネトウヨハード〜 http://blog.livedoor.jp/analstrike/archives/51845792.html
ネトウヨ発狂確実!民主党が総選挙の洗礼を経ても尚政権を維持できる革命的方法を考案した http://blog.livedoor.jp/analstrike/archives/51918605.html

すなわち、民主党からの離反者・民主党を敵視する者の尻の穴に、アナルビーズ型「民主くん」をSTRIKE HOLEさせるのである。
その者は、民主くんの手によってお尻を開発され、そして民主党の【肉奴隷】に堕ちてしまう。

これは、様々な局面で応用可能である。
離党届を出す議員がいれば、その者の尻に民主くんを突撃させれば良い。
議員の数が足りず多数派工作をしたいのならば、他党議員の尻に民主くんを突撃せれば良い。
どんなに選挙で敗れようとも、その後の多数派工作次第で、政権を奪還する事すら可能である。何なら安倍総理のお尻に突撃させる事で、【民主党・安倍政権】というものを存在させる事すらできる筈だ。
プーチンとの北方領土交渉にも、このツールは大きく貢献する事であろう。


民主くんの頑張りにより、民主党は幾らでも飛躍する事が出来る。
だが、そのためには、民主くんが活躍できる「拠点」が必要である。
民主党本部内に設置すべき「SMクラブ」は、民主くんの活動拠点、すなわち民主党からの離党者や民主党への敵対者を籠絡する、「調教の拠点」となるべき施設である。
だからこそ私は、民主党本部内にSMクラブを設置するべき、と主張するのである。

民主党・枝野幹事長は、児ポ法改訂に際し反対の大論陣を打つなど、論客として知られる人物である。
しかし、枝野氏ともあろう御方が、SMバーごときで「唖然とした」等と抜かしては困る。民主党には、それ以上に濃くディープな事を、やって貰わねばならないのだから。
こんな事では、民主くんを通じた党勢拡大も、夢のまた夢であろう。

孫子は、「兵は神速を尊ぶ」という言葉を遺した。
今こそ民主党は、この言葉の意味を噛みしめ、民主くんとSMクラブを最大限に活用した党勢拡大に乗り出すべきではなかろうか?

悪魔の邪望 艦娘・伊58の策謀を許すな!

最近私は、身に覚えの無い事を、参加した即売会等のイベント主催から、責められる事がある。
明らかに濡れ衣で、現実味薄く根拠の無い話だが、私の不徳の致す所として捉え、自らの行動を回顧しつつ律する機会としていきたい。


ただ、あらぬ嫌疑を掛けられる事に関しては、複数の事例があるにも関わらず、不思議な事に、全事例共通の一致点が存在している。

ー膾展朕佑、私・花羅に対して嫌悪感を持っている
⊆膾展朕佑見たわけではなく、他の人からの伝聞
その場で何故か咎めず、後から蒸し返し咎める

といったところである。

恐らく、誰かしらが曖昧な記憶のまま主催に話を振る。
それを聞いた主催は、花羅叩きの材料になる、とロクに事実関係を確かめずと飛びつく。
そういう構図だろう。
まさに、「人は信じたいもののみを信じる」の典型例である。

主催たる責任ある立場なら、もう少し事実関係を精査すべきでは無かろうか。私の言い分ぐらい聞いても良いのではないか。
それもせずに、特定の人物の曖昧な記憶を鵜呑みにするのは、主催として、事実関係の吟味力が甘く、軽率なのではないか。
そして、一方の言い分のみを聞いて指弾するのも、主催として公平性を欠いているのではないか。
少しは、濡れ衣を着せられた人間の身になって貰いたい。

私から申し上げたいのはこんなところだが、これは本題ではないので、このあたりで置いておこう。

私が掛けられる濡れ衣は、主催からだけに留まらない。
最近では、千島列島に在する我が艦隊の本拠地【単冠泊地】においても、提督たる私を無実の罪に陥れようと、艦娘たちが策動を繰り広げているのである!

潜水艦娘・伊58(ゴーヤ)は、スクール水着をコスチュームとしている艦娘である。
このゴーヤが、大破し水着が破けた際、こともあろうにこう抜かしたのだ。

「機能美に優れた提督指定の水着が〜」

一見、水着が破れて困惑して発したセリフであり、自然に映るシチュエーションだろう。
だが、待ってほしい。
このセリフの中には、ゴーヤの策謀が隠されているのである。

ここでいう提督とは私の事だろう。
だが私は、伊58のコスチュームを、スクール水着に指定した覚えはない!

根拠は、どこかの主催などとは異なり、ちゃんと存在する!
そもそも、私は「スクール水着フェチ」ではなく「競泳水着フェチ」である。
これは、かつて私が、あの井脇ノブ姉(の若い頃のだけど)の競泳水着で勃起した経験からも、容易にお察しいただけよう。
私は、ノブ姉で勃起できる男だ。そして、ノブ姉で勃起できるほどに、筋金入りの【競泳水着フェチ】なのである。
ならば当然、ゴーヤにスク水を勧めるぐらいなら、競泳水着をこそ勧めて「当たり前」なのだ!

すなわち、ゴーヤは、私を「スクール水着フェチ」に仕立て上げようと、悪魔の策謀を企てているのである!

ただ、少し引っかかるのは、ゴーヤの動機である。
私を「スク水フェチ」に陥れようと企てているのは分かるが、そうすることによって、ゴーヤにはいったい何のメリットがあるのだろう。
私は、得意の降霊術にて、民主党のマスコットキャラクターにしてお尻ほじり虫でもある「民主くん」の守護霊を呼び出し、ゴーヤの目的について意見を求めた。だが、民主くんにも皆目見当が付かないようで、「そんな事より俺が突撃する尻はまだか」と「餌」の催促が糞やかましい。
ゴーヤの狙いは不明だが、とりあえず私は、有事対応として青龍刀や民主くんといった「業物」を準備しつつ、ゴーヤの今後の策謀に注意を払うことにしたいと考える。


離党者続出の民主党において、これ以上の離党を防ぐ為の革命的方法を考案した

昨年末の衆議院選挙にて、壊滅的敗北を喫した民主党。
海江田新代表の下で巻き返しを図るも、一回見放された所に、そんなすぐ支持が戻ってくる訳がない。
短く見積もっても、向こう2〜3年は臥薪嘗胆の日々が続くであろう。
しばらくは、砂を噛むつもりで耐え忍ぶ時が続くであろう。

民主党への風当たりは相変わらず強く、かつ自民党/安倍政権は「アベノミクス」が今のところは順調に回り、この高支持率だ。
今夏には参議院選挙が控えるも、残念ながら、民主党の大敗は必至だろう。

そんな状況下、議員達も生き残りをかけて必死なのだろう。
離党者の続出は、議員達が生き残りを賭けての行動と考えられる。
(最近の離党者は、全員今夏参議院の「改選組」ばかり。非改選者の離党がゼロである事にも注目したい)

もっとも、今慌てて離党した所で、かえって当選確率を下げるだけじゃないかとは思うのだが…

慌てて党派の衣替えを図った所で、有権者はそれを見透かす。支持者を減らすだけだ。
先の衆議院選挙が良い例で、民主党を離党した数十人の内、小選挙区で勝利したのは小沢一郎氏のみ、当選率は1〜2%。
一方、民主党残留組は、小選挙区で20数議席は獲得している。当選率は10%、数字の上からも「まだ残留した方が勝ち目がある」という結論になる。

得票数にしても、前回民主党で10万票以上獲得した小選挙区当選の候補が、民主党に残留して4〜6万に落とすケースは、ザラだった。
だが、離党組はもっと悲惨だ。
日本未来の党から出馬した候補の得票は、2〜3万台と民主残留組よりも少ない。
前回10数万票が今回1万票台まで落とした、辻恵氏のようなケースもある。
連合の固定票を捨てたが故に、得票面からも、惨敗傾向は強まっている。

数字の上からも、いかに厳しい状況とは言え、それでもまだ民主党に残留した方がマシだ。そういう結論になる。
離党は落選リスクをより高めるだけ、私に言わせれば一種の【自爆行為】である。
だが、落選危機の迫る議員はそう感じない。狼狽酷く、正常な判断力は期待できない。
だから皆、離党しようと考える。それが自爆への道である事を、理解することなく。
(自民党/民主党双方から支持を得ようと離党した岩手・平野前復興相がその最たる例か。彼は元の人柄や知名度もあり、幾ら民主党が逆風だろう当選できると見ていた。だが、自民党含め広範に支持を得ようと離党したら、自民党には他候補を擁立され、民主党には除名され…かえって支持者を減らし自滅してしまった)


民主党執行部も、離党者の続出に諦めモード…というか最早「慣れちゃった」節すら感じられるw

「輿石氏、離党防止策「あれば教えてほしい」」:イザ! http://t.co/ROuxOw6GaR

党の重鎮・輿石氏も匙を投げているご様子だが、輿石氏に私は申し上げたい。

「諦めたら、そこで試合終了だよ」と。

私は既に、民主党がこれ以上の離党を防ぐ革命的方法を考案している。
民主党執行部の皆様方には、以下渾身の提案をお聞き入れの上、党勢衰退に歯止めをかけていただきたいものである。

昨冬の衆議院選挙直前、初鹿明博前議員が離党届を出し、これを田中美絵子前議員が止めようとする一幕があった。
田中美絵子が無駄にエロく(あの時の喪服みたいな黒服がそのエロさをより強調していた)「懐メロ」みたいなやり取りとも揶揄された。
(余談だが、田中美絵子は存在自体がエロ過ぎるので、都条例でその存在自体を規制すべきであるw)

ただ私は、こう思った。

「美絵子じゃ抑止力にならねえな…もっと抑止力のある奴を幹事長室に配備しないと、離党は止められない。」

離党届を出すには、幹事長室に陣取る幹事長に手渡さねばならない。
離党を思いとどまらせる為には、幹事長室に行きたくなくなる仕掛けをつくらねばならない。
悪いが、田中美絵子では役不足である。

では、幹事長室に何を配備するか?
私は、【輿石氏の等身大アクメ顔ポスター】の配備を考案した。
輿石氏のアクメ顔は、普段の輿石氏の顔相からは想像も付かない。インパクト絶大だ。
みさくらなんこつ氏のふたなり同人誌の1シーンを、引き伸ばしてパネルにして置いても良いだろう。特に、母乳と精液が同時噴射の絶頂シーンがお勧めだw
離党を考える議員達も、こんなイカれた幹事長室にはイき…いや行きたくなんかない。皆離党を断念するだろう、との読みだ。

私は、更にその次の手も考えている。
「幹事長室から離党志願者を遠ざける」というのが基本的な考え方だが、これを実現させる最強の切り札としての方策だ。
それは、

【幹事長室に屈強なホモを配備する】

という策だ。
離党届を出しに幹事長室に向かった時…その時こそが、この議員の「最期」である。
離党届を出そうとすれば、待ち構えるホモにお尻を掘られてしまう…!

皆尻の穴は大事だ。私は過去、「貴方の尻穴の犠牲が、民主党の得票を一票減らす」を合い言葉に、民主党を嫌う向きに尻穴奉仕を呼びかけた。だが、それに応じる者は誰もいなかった。あれだけ、民主党を憎んでいるにも関わらず、だ。
それだけ皆、己の尻の穴が可愛い。そういう事なのだろう。

だからこそ、幹事長室へのホモ配備は、離党者を無くすのに大きな効果を発揮するのである!

だが、この案にも欠点はある。
今の民主党の幹事長は、細野豪志氏。彼はイケメン…
そして、そこに配備される屈強なホモ達。
後は、言うまでもないだろう。
ただ一つ言えることは、細野氏は山本モナに次いで二度目の不倫を働いてしまう、という事だ。

だが、細野氏の家庭、そして細野氏の尻の尊き犠牲により、民主党は、離党者を根絶できるのである!
民主党は、至急幹事長室にホモを配備し、これ以上の離党者を防ぐべきである!

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ