STRIKE HOLE

【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系と電波評論の二本立てです。 基本的に同人イベント関連の評論は真面目、他の評論は不真面目な傾向があります。同人評論のカテゴリーの内容以外はアフォ評論という事で斜め読みをお願いしますw

コンテンツツーリズム

GoToキャンペーン | 同人界最速?観音寺でGoToキャンペーン攻略本刊行します!

お久しぶりです。
コミケも中止になり、3月以降は、同人活動らしい活動もできずじまいでした。
巣ごもりで暇だったので、オンラインセミナーを大量に受講したり、政府や都道府県・市町村から出ているコロナ禍支援メニューをまとめて発信・提案したり。
同人とは違う方向で、活動してました。

同人から3か月以上離れ「同人勘」が弱くなってるのを感じてますが、同人誌即売会も、少しずつ再開の兆しが見られます。
自分も、これから少しずつ即売会に参加して、「同人勘」を取り戻したいと思います。

7/12には、「結城友奈は勇者である」(=ゆゆゆ)の舞台・香川県観音寺市で、ゆゆゆオンリー「勇者部満開」が開催されます。
今なお中止即売会だらけの昨今ですが、「勇者部満開」は、開催形態に強い制限を加えるものの、開催はする方向性。私も、「勇者部満開」合わせで新刊を出します。

seichidearu2-01


【刊行物概要】
●書名…「観音寺市は聖地である2」

●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 24ページ(コピー本)

●頒布予定…7/12「勇者部満開」(配置:NO.71) 
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布

●内容…
新型コロナウイルスの蔓延に負けない!コロナ禍対応緊急新刊

全三部構成
1.観音寺市 ゆゆゆ「聖地」としての歴史 改訂版
2.GoToキャンペーン攻略法(観音寺版)
3.コロナ禍対策支援メニューまとめ(観音寺版)


おそらく(今後出てくるであろう)GoToキャンペーン関連本としては、史上最速になると思いますw

(以下御託が続きます)
続きを読む

パチンコ屋の2階のカフェで開催される、はいふりオンリー「衣笠 High Free Fess 2020」参加レポート(2020/2/24,神奈川県横須賀市)

横須賀は、これまで数多くのアニメ等で舞台・聖地とされていた土地柄。
艦これオンリー・たまゆらオンリーも、舞台・横須賀で開催されたことがある。

神奈川県横須賀市が舞台のアニメ「ハイスクール・フリート」、通称「はいふり」。
はいふりオンリーも、当然のごとく横須賀で開催されている。

ただ、会場が少し変わっている。
他の即売会は、京急横須賀駅から徒歩圏内の横須賀市文化会館。もしくは、京急汐入駅前の横須賀産業交流プラザ。このあたりでの開催が多い。
ところが、はいふりオンリー「衣笠 High Free Fess」は、JR衣笠駅前での開催。しかも、パチンコ店「夢球殿」の2階、とな。

確かに「はいふり」は横須賀市舞台といえども、衣笠地区の起用が多い。
衣笠に会場を求める気持ちもわかるが、でもパチンコ屋って珍しくね?
というわけで、興味を抱き衣笠に向かった。続きを読む

吹雪の中屋外配置を迫るクソ即売会「砲雷撃戦!よーい!」(2020/2/9・京都府舞鶴市・艦これオンリー)参加レポート

SDFが、作品聖地で開催する同人誌即売会には、2つの「顔」があると思う。
1つは、コンテンツツーリズム(聖地巡礼)を意識。地域の「町おこし」成功モデルとして確立し得た「成功即売会」としての顔。
…そしてもう1つは、SDFの「クソ即売会量産装置」としての顔。

舞鶴の「砲雷撃戦」は、SDF2つの「顔」が、どちらも表出した即売会と言えるだろうw

艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」の舞鶴開催は2014年以降だが、以後年1〜2回ペースで開催。
即売会会場そばで地元の商工会有志が屋台村を形成。事業者は商売で潤い、地域活性化にも寄与する。
参加者は舞鶴の「食」も楽しめ、満足度も向上する。
皆が、笑顔になれる構図を創り上げている。
筆者も過去2回参加しレポートを上げたし、コンテンツツーリズム(聖地巡礼)の視点からも舞鶴の事例を分析させていただいた。

【参考リンク】
当ブログ2015年06月05日付『5/17 京都府舞鶴市・艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」』

当ブログ2016年08月08日付『7/17 京都府舞鶴市・艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!」』

拙著『コンテンツツーリズム取組事例集 第1巻』


成功法則も完成しており、その盛況ぶりも安定している舞鶴だが、昨年あたりから異変が起きた。
人が来すぎて屋台村での「食」にありつけない、というのだ。
サークル数も一般参加者も増え、キャパシティオーバーという声も聞いた。
以前とは比較にならない盛り上がり、ということか。筆者は、同日開催の「コミティア」すら回避し、舞鶴に急行した。続きを読む

2016年12月刊行「コンテンツツーリズム取組事例集3」を無料で公開しました

「コンテンツツーリズム取組事例集」シリーズは、アニメ・漫画等を通じた観光振興・地域振興…いわゆる「コンテンツツーリズム」について、各地域の取組事例を分析・研究した書誌です。
町おこしに関する取組事例に数多く当たることで、「成功法則」の解明に挑んでいます。

2016年12月刊行・既刊第3巻も完売となり、今後の入手は非常に難しい状況となりました。
そこで、第3巻のpdf版無料公開を実施します!
未入手の方は、是非ご利用ください。

≪≪「コンテンツツーリズム取組事例集3」本文ダウンロード(本日より無料公開開始)≫≫


なお、既刊1・2巻も、引き続き無料公開中です。併せてご利用ください。

≪≪「コンテンツツーリズム取組事例集1」本文ダウンロード≫≫

≪≪「コンテンツツーリズム取組事例集2」本文ダウンロード≫≫

本誌の公開を通じ、今後のコンテンツツーリズム研究の深耕、ならびに地方創生・地域振興・観光振興への寄与につながれば幸いです。


【第3巻収録事例】
東京都立川市 : 「とある〜」シリーズ等舞台
埼玉県飯能市 : 「ヤマノススメ」舞台
広島県竹原市 : 「たまゆら」舞台
長野県上田市 : 「サマーウォーズ」「真田丸」等真田氏ゆかりの作品群
長野県小諸市 : 「すくらっぷ・ブック」「あの夏で待ってる」等の舞台
広島県三次市 : 「朝霧の巫女」舞台
宮城県仙台市 : 「Wake Up,Girls!」舞台
京都府宇治市 : 「響け!ユーフォニアム」舞台
長野県大町市木崎湖 : 「おねがい」シリーズ舞台
静岡県沼津市の取組 : 「ラブライブ!サンシャイン!!」舞台

この他、コンテンツツーリズム成功法則の理論、コラム『コンテンツツーリズムの「成功モデル」は一つではない』も収録。

3hyoushia-2


3hyoushib-2

11/17 神田明神開催「聖地巡礼”本”即売会」サークル参加&ステージ登壇のお知らせ

2019年11月17日(日)、上記即売会に、サークル参加させていただきます。
場所は、なんと神田明神の地下!
祭務所地下の「参集所」にて開催となります。

また、同日12時50分より、ステージ登壇!
(というか、この神田明神の地下、ステージなんてあるのか…)
「アニメ町おこし成功法則の解説・ダイジェスト版。」と題し、アニメ「聖地」町おこしの必勝法・成功法則を簡単ながら語ります!

宜しければ、是非お越しの上、お聴きいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

seichi_sokubaikai_20191114_01


seichi_sokubaikai_20191114_02

2019/11/10 山梨県南アルプス市開催・ゆるキャン△オンリー「梨キャン」

アニメ「ゆるキャン△」は、山梨県身延町を中心としつつも、山梨県内全域を舞台としている。山梨県全域に「聖地」の広がる作品だ。
アニメの「聖地」町おこしを研究する当サークル「STRIKE HOLE」としても、「ゆるキャン△」を通じた県内各地の取組には注目している。
昨年は、「ゆるキャン△」の聖地の一つでもある、山梨県山梨市開催の「ゆるキャン△」オンリーに参加。県内各地の取組をまとめ解説した、コンテンツツーリズム本を刊行させていただいた。

2018年10月27日付『2018/10/27 山梨市開催・ゆるキャン△オンリー「野クル校外活動」参加レポート』

今年は、この時とは別の主催だが、南アルプス市で「ゆるキャン△」オンリーが開催されるとのこと。
南アルプス市も、市内芦安地区が「ゆるキャン△」ファンの「聖地」となるなど、作品との縁深い土地だ。
筆者も、サークルとしての参加を決意した。続きを読む

2019/11/3 青森県弘前市開催「弘前りんご同人祭」開催レポート

新幹線・新青森県から特急で約30分。青森県西部に位置する弘前市は、人口17万。青森市・八戸市に次ぎ、人口規模でも県下第3位。津軽地方の中心都市だ。

青森県の同人誌即売会事情を申し上げると、2000年代までは、県都・青森市での開催はもちろんだが、青森市以外では東部の八戸市、そしてこの弘前市でも、定期的に同人誌即売会が開催され続けていた。

青森市では、今もなお、スタジオYOU主催の「おでかけライブ」が健在だ。
ただ、弘前や八戸では、個人主催による同人誌即売会が開催され続けてはいたものの、相次いで撤退。一時は青森市以外で同人誌即売会の存在が確認できなくなるほどであった。
(注:むつ市大湊開催の艦これオンリーは、やや文脈が異なるのでここでは割愛している)

弘前は、元々同人者にとって「聖地」的存在の「青森県りんご商工会館」で、個人主催による即売会が多彩に開催されていた。だが、2008年、駅前区画整理に伴う閉館を機に、途端に即売会の灯が潰えた。
その後しばらく間を置き、2014〜2015年には個人主催による同人誌即売会も再登場したものの、残念ながら継続に至れず。弘前は「即売会空白地域」と化した。

「弘前りんご同人祭」は、そういう状況下、2016年に登場した同人誌即売会だ。
立ち上げ当初から、東方Project界隈から同人音楽サークルを招聘。同人サークルによる「ライブ」と、オールジャンル同人誌即売会とが併存する形式をとった。
元々は「1回限り」と考えていたようだが、同人空白地域となっている弘前の現状も鑑み、継続開催を志向。その後も年1回ペースで、秋のシーズンに開催している。

筆者も、初回より存在は認知していたものの、これまではスケジュールの兼ね合いから参加が難しく、4回目の開催となる今回、初めて足を運ばせていただいた。

続きを読む

【秋新刊】コンテンツツーリズム研究本(青森県弘前市)刊行のお知らせ

参加する即売会を決めて、サークル参加を申し込む。そして、その即売会の開催地域に沿った「聖地町おこし」の研究本を刊行する、という昨今の定番芸当を、青森県弘前市でも敢行しますw

11月3日、当方は青森県弘前市開催の同人誌即売会「弘前りんご同人祭」にサークル参加しますが、その中で、弘前市でのアニメ「聖地」町おこしに関する研究本を出します。

弘前市舞台のアニメとしては、2016年第2クール(4〜6月)放映の「ふらいんぐうぃっち」が挙げられます。
「ふらいんぐうぃっち」を通じた弘前の取組はもちろん取り上げますが、その背景・周辺事情となる青森県コンテンツ・ツーリズム実行委員会の取組。また、「ふらいんぐうぃっち」以後の弘前における取組も取り上げます。

表紙はあえて「ふらいんぐうぃっち」仕様とはせず、何故か「Re:ゼロ」仕様としましたが、これにはれっきとした「理由」があります。
これは、拙著を読み進めていけばご理解いただけるであろうと思います。

(以下、刊行物の詳細を語ります)続きを読む

夏コミ新刊第2弾!「コンテンツツーリズム取組事例集6 主に南日本編」刊行のお知らせ

夏コミの新刊ですが、入稿を済ませ、無事発表出来る見込みとなりましたのでご報告申し上げます。

ct6hyoushiAmini


【刊行物概要】
●書名…「〜アニメ・マンガ等で地域振興・町おこし〜 コンテンツツーリズム取組事例集6 主に南日本編」

●内容…
「アニメ・マンガで町おこし」、或いは「聖地」町おこしという言い方がされることもありますが…いわゆる「コンテンツツーリズム」についての研究・評論本。最新作・第6弾です!

今回は、『ゾンビランドサガ』続編制作が発表され、また『ユーリ!!!』新作もあり。これまで以上に注目を集めるであろう「旬」の聖地・佐賀県唐津市
さらに、こちらも続編が控える『ゆるキャン△』の舞台。注目度が急激に高まった、山梨県(身延町・山梨市など)全域。
唐津・山梨といった注目の聖地を中心に、全国各地の「聖地」の取組を、深く掘り下げ研究しています!

また、本誌執筆中に発生した、京アニ放火事件を踏まえ、「(緊急コラム)京都アニメーションの生み出した「聖地」」を執筆。
京アニ制作アニメが「アニメ町おこし」「コンテンツーリズム」にもたらした影響を、幾つかの「聖地」における事例を通じ語ります。鷲宮は言うに及ばずですが、豊郷もけっこう他に与えた影響が大きいと思います。
(その分、当初予定していた、青森県弘前市の「聖地」町おこし記事は見合わせました…これは、後日機を設け別途発表します)

ct6item03


巻末には、「コンテンツツーリズム・全国聖地事例大全」を収録。
筆者の「聖地」町おこし研究の「超ダイジェスト版」と言うべきもの。
日本中の聖地事例を、短評と共に紹介。日本中を網羅しました!


●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 86ページ

●頒布予定…8/11「コミックマーケット」3日目 配置:西2ホール・く-05a
 サークル「STRIKE HOLE」にて頒布
 コミケ以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

●その他…
・国会図書館に納本予定
・同人ショップ「GREP」様・「COMIC ZIN」様に委託販売予定(通信販売もあります)
即売会に足を運べない方は、これらのサービスをご活用ください。

※「コンテンツツーリズム取組事例集1」「「コンテンツツーリズム取組事例集2」は完売を受け、無料公開を開始しております。
(pdfファイル)第1巻 第2巻
本誌(第6巻)購入を検討される際の、参考資料としてもご活用ください。


(以下もう少し思いのたけを語ります…)続きを読む

【新刊のお知らせ】『結城友奈は勇者である』町おこし研究本最新刊『観音寺市は聖地である』刊行!

【お断り】
本誌は、7/7開催の即売会にて完売しました。
夏コミは諸般の事情により(2冊新刊出してスペースが足りない…)再販は行いません。
後日、別の機会を見計らい、再販もしくは改訂版としての頒布を考えております。
予めご了承ください。


参加する即売会を決めて、サークル参加を申し込む。
そして、その即売会の開催地域に沿った「聖地町おこし」の研究本を刊行する、という芸当はなかなか大変ですw
昨年秋は山梨市での開催に合わせ「ゆるキャン△」の研究本を、今年は佐賀県唐津市・熊本県湯前町、それぞれの地域に合わせた「聖地町おこし」の研究本を刊行させていただきましたが、本を出すには研究もせねばならんので、出せば出すほど負担も重くのしかかりますw

んで、来月に控えた、香川県観音寺市での「結城友奈は勇者である」オンリーイベント「勇者部満開」でも同じ芸当をする気満々ですw
でも観音寺では、既に何冊も「聖地町おこし」に関する研究本を刊行してますので、そろそろネタが尽きてきた、というのも否定できないところです(汗)
実際、「結城友奈は勇者である」の舞台・観音寺はもちろんのこと、関連作品の舞台(香川県丸亀市・坂出市・宇多津町)も研究して書いたぐらいですんで…

そこで今回は、少し切り口を変え、これまでの「聖地」としての観音寺の動きを総ざらい。
年表形式にまとめ、観音寺における一連の流れを語ります。

(以下、刊行物の詳細を語ります)続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はTwitterかmixiでお願いします。

Twitter ID:hanara_striker
mixi ID : 557000

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ