47都道府県の即売会を行脚し、また「クソ即売会ハンター」の異名を持ち、同人誌の世界で四半世紀を生きたSTRIKE HOLEの花羅が、過去20数年の「全て」を赤裸々に語る!

ある時は「青龍刀の人」
ある時は「同人誌即売会評論サークル」
ある時は「クソ即売会ハンター」
ある時は「アニメ聖地町おこしの研究者」
ある時は「同人者向けの補助金に詳しい中小企業診断士」

同人界に足を踏み入れて20年になるが、取り組んだ内容が多岐にわたりすぎており、自分自身が一体何者なのか、そろそろ分からなくなってきたw

自分は、果たして何者なのか。
夏コミでは、筆者の同人生活20年を振り返る、回顧録を刊行したい。

今回のコンセプトは、「全てを語る」
STRIKE HOLE以前、多くの皆さんがご存じでないと思われる、過去の同人経験も、今回は覚悟を決め、全て語る。

同人界に入り僅か2年で、オンリーイベントの主催に抜擢されるも、経験不足・サークル目線の欠如から失敗・爆死した黒歴史
古い方だったら、あのイベントの名をご存じの方も、きっといらっしゃるだろう。
何故、一世を風靡したあのイベントが霧散したのか。

その後遺症で、赤ブーブー通信社に誣告を受け処分寸前も、奇跡的な展開で処分を免れた話も。

上巻見本画像02


サークル「STRIKE HOLE」は、デビュー時点のサークルネームがこんな恥ずかしい名前だった!とかも。

なお、元々20年を一冊の本にまとめ上げるつもりも、「全てを語る」ことを念頭に置いて執筆したところ、分量が多く収拾がつかないw

そこで、夏コミでは「上巻」を刊行。
上巻では、2012年の「47都道府県全国制覇」「コミケサークルデビュー」までを語りたい。

なお「下巻」は冬コミにて、2013年以降の経験を記したい。
恥ずかしいクソ即売会との出会いや、コンテンツツーリズム研究、コロナ禍以降政治家との出会い等を書く予定である。

表紙見本



【刊行物概要】
●書名…同人半生之記(上巻)1999年〜2022年オタク生活回顧録

●B5サイズ 表紙カラー・本文モノクロ 52ページ (600円)

●頒布予定…
夏コミ 1日目土曜日(2022/8/13)
東ホール プ-46b
以後も、「STRIKE HOLE」サークル参加イベントにて頒布予定

*店舗委託…メロンブックス・GREPにて予定

●内容…STRIKE HOLE花羅が、20年間の同人生活を回顧。「全て」を語ります!

上巻見本画像05



≪主なハイライト -この先をご確認下さい-≫続きを読む