STRIKE HOLE

同人関係者に役立つ補助金の申請を支援します。補助金申請通らなかった方は、ご相談ください!採択される確率を、確実に上げます。 サークルとしては、同人誌即売会・アニメ聖地町おこしの評論中心にやっています。 【ジャンル解説】同人評論→真面目系、政治評論・電波→アレなアイタタ評論。真面目系とアホ評論の二本立てです。

2023年05月

2022/10/15 岐阜県高山市・オンリー集合イベント『サンライズクリエイション飛騨』

同人誌即売会主催団体「SDF」は、控えめに申し上げても「頭おかしい」クソ即売会が多い。
筆者が過去に、「SDFクソ即売会列伝」という本を刊行したことは、その証左とも言えよう。

特に地方都市開催や作品「聖地」開催型の同人誌即売会は、クソ即売会の確率が、100%に近いと筆者は見ている。
少なくとも筆者の判断基準としては

ー膾鼎SDF
地方都市開催


この2点を満たす時点で、「限界即売会」たる可能性が極めて高いものとして捉え、サークル参加を真剣に検討するw
(香川県観音寺市開催の「ゆゆゆ」オンリー『勇者部満開』は、最近は落ち着きを見せるのでそんな「クソ即売会」「限界即売会」とは言えないが、草創期は殺意を抱く「クソ即売会」多かった…w)

SDFが世に出す「クソ即売会」「限界即売会」の多くは、艦これオンリー。
SDFが艦これオンリーの開催を止めたため、今はそこまで「限界即売会」も多くはないが。
それでも時折、今回の飛騨高山のような事例が登場する。

【目次】
1.東北からだと遠い飛騨高山
2.飛騨・高山の同人誌即売会事情
3.4イベント合同開催がもたらすカオス
4.相変わらず殺意を抱きたくなるクソ主催
続きを読む

2022/6/18 秋田県能代市開催・艦これ能代オンリー『提督、これが能代です!』

かつて、艦これ聖地開催のオンリーイベントとしては『砲雷撃戦!よーい!』が一世を風靡していた。
しかしコロナ禍に入り、諸々の事情により『砲雷撃戦』は開催されなくなり、いつの間にか終止符を打った。
そして『砲雷撃戦』無き後、聖地開催型・艦これオンリーの「不在」を受けてか、小規模ながらも、自由な発想で開催される即売会が増えていったように思える。

2023年4月には、鹿児島県枕崎市にて、坊ノ岬(同県南さつま市)組オンリーと称し、枕崎沖合の海戦に出撃した艦のオンリーイベントが開催。
同年同月には、神奈川県南足柄市にて、重巡洋艦「足柄」のオンリーイベントが開催。
「地域おこし」などの要素に足を踏み入れず、規模の拡大を志向せず。あくまで作品ファンが集った「同人誌即売会」の枠をはみ出さずに開催している、といった印象だ。

それに先駆けた催事が、2022年6月、秋田県能代市で開催された、艦これ・軽巡洋艦「能代」オンリー『提督、これが能代です!』である。
足柄オンリーといい、艦名の元となる土地での開催も、少し目立ってきたように思える。

【目次】
1,艦これオンリーと「町おこし」要素との断絶
2.中止を経て翌年の開催
3.喫茶店2階のスタッフ控室(?)での開催
続きを読む

2022/4/16 福島県須賀川市の同人誌即売会「ADVENTURES-オリジン-」

2022年4月、住み慣れた埼玉を離れ、東北に転勤。
新居に移り1週間も経たぬ慌ただしい状況ながらも、同人誌即売会があればはせ参じるのが、当サークルの務め。
この日は、福島県須賀川市開催の同人誌即売会「ADVENTURES-オリジン-」にサークル参加した。

新幹線で郡山を降り、そこから在来線に乗って2駅。須賀川駅で下車すると、とんでもないことに…

sukagawa03


sukagawa04



どうしてこうなったw

須賀川市は、『ウルトラマン』を輩出した「特撮の神様」円谷英二監督の出生地。
このご縁を活かし、須賀川市はM78星雲と【姉妹都市】提携を結ぶ、という暴挙に出るw
コンテンツツーリズムの実地視察にもなるし、ということで筆者は須賀川遠征を決めた、という側面もあるので、一応この展開は織り込み済みではある。
…でも実際生で見ると面食らうわーw

本稿は「同人誌即売会」としてのレポートなので、コンテンツツーリズム研究的な部分はこの辺で終わらせるが、市でも提携効果を検証しているので、リンクを置いておく。
 須賀川市による検証ページ PDF


【目次】
1.福島を代表する即売会「ADVENTURES」
2.「ADVENTURES」創業の地・須賀川
3.宇宙人と怪獣に囲まれた「温故知新」の同人誌即売会
続きを読む

2022/1/30 山梨県富士川町・道の駅開催の同人誌即売会『東方甲州祭 番外地』

甲州東方屋(アニメ倶楽部甲府)主催の即売会は数多い。
元々はオールジャンルの同人誌即売会を山梨県内で開催していたが、その後東方オンリーの開催に注力。
甲府での開催実績を多く積み、近隣県(静岡県・長野県など)での即売会開催にも積極的だ。
筆者も、当初は批判的な目を向けていたこともあったが、なんだかんだでちょくちょくサークル参加・一般参加を続けており、いつの間にか長いお付き合いになっていると思う。

2023年は、主催氏が即売会を初めて20年とのこと。
え、もうそんなになるんだ…





継続は、力なり。
コロナ禍にもめげず即売会を続けていることに、深く敬意を表したい。

…で、この主催、たまに訳わからない変わった会場で、「限界即売会」やるんすよw
以前は、南アルプス市の「木の国サイト」という会場で、ゆるキャン△オンリーやってました。筆者も甲府駅からバス30分+徒歩15分かけてサークル参加したことがあります。

今回は、「道の駅富士川」で東方オンリーやるとか。
流石に主催氏も、変な会場でやってる自覚はあるのだろうw
催事名にも、「番外地」と銘打っている(汗)

限界即売会への訪問を欠かさない筆者としては、当然のごとく足を運んだ。

【目次】
◆富士川町への道のりは遠い…
◆史上初?道の駅/高速パーキングエリアでの開催
◆帰りのアクセスが…アクセスが…
続きを読む

2021/12/12 佐賀市開催『大九州合同祭』

2021年、合同祭実行委員会による「聖地開催即売会」シリーズ第2弾。
筆者は、佐賀市で開催された同人誌即売会『大九州合同祭』にサークル参加した。

「聖地開催即売会」シリーズ第1弾は、佐賀県嬉野温泉開催のゾンビランドサガオンリー『やーらしかゾンビ!』。
筆者の参加レポートも、ご参照いただきたい。

今回はゾンサガオンリーではなく、東方オンリー等も包含した『大九州合同祭』としての開催になる。
(もちろん『大九州合同祭』の中に、ゾンサガオンリーも含まれている)

しかし今回の会場は、ゾンビランドサガの聖地でもある、佐賀市内656(ムツゴロウ)広場
ゾンサガファンにはうってつけの即売会、とも言えるだろう。


【目次】
◆社員旅行との無茶な両立!656広場へのエキストリームツアー
◆半露天の「聖地」会場にて、即売会を成立
続きを読む
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去ログ
記事検索
Profile

花羅

当ブログ執筆者・花羅へのご連絡はTwitterかmixiでお願いします。

Twitter ID:hanara_striker
mixi ID : 557000

同人イベント評論のポリシーとしては、「否定的な事は極力抑えて前向きな提言を目指す」「男性向け・女性向けの枠、地方・都会の枠に囚われない評論を目指す」の2点を常に念頭に置く所存です。
コンテンツツーリズム・アニメ聖地町おこしの研究・評論も時折やります。
どうぞ宜しくお願い致します。

観音寺市ホームページ
  • ライブドアブログ