あれは2021年5月のことであった。

コロナ禍で即売会参加がなかなか難しい状況。
筆者は、同人活動よりも、士業としての資格を活かし、コロナ禍で苦しむ同人者・個人事業者の救済活動に注力していた。
個人事業者向けに、支援金受給業務のお手伝いをしていたが、ある日地域の事業者と面談し「これ不正受給っぽくね?」的な案件に出くわし、恐怖を感じ慌てて逃げ帰るw

「タスケテ!不正受給コワイ!」と何故か筆者は、合同祭実行委員会主催のチャンコ増田氏に電話をする。
いや、どうして彼に電話したのか全く分からないw今もって謎であるw

ただ気が付いた時には、その案件とは全く関係ない雑談に花を咲かせ、「聖地でオンリーやってみたいねー」的な話に。
佐賀県の嬉野温泉のホテルが、ゾンビランドサガの舞台になってる。あそこで何とかできないかな?じゃあ明日ホテルに電話してみようか?
という話になり、ゾンビランドサガオンリーが具現化してしまったw

⇒このあたりの経緯は、拙著『同人半生之記』下巻も是非ご参照ください!

うわーお こうやって即売会って決まるんだねw
「即売会は飲みの席の雑談で決まる」と言った主催さんの言葉の意味を、自ら体感したw
筆者もちょっとだけお手伝いして(もちろん大部分は主催・チャンコ氏の頑張りによる)、嬉野開催ゾンサガオンリーは、またたく間に具現化。
言い出しっぺの責任もあり、筆者も嬉野温泉に馳せ参じた。

【目次】
1.ゾンビランドサガの聖地!ホテル華翠苑
2.聖地開催を実現!知恵を絞った配置
3.コロナ禍ながらも安定した来場者数
  • 1.ゾンビランドサガの聖地!ホテル華翠苑


嬉野温泉の『ホテル華翠苑』は、嬉野温泉の中でも一、二の人気を誇るホテル。
値段はやや張るが、宿泊者からもおおむね好評。他の旅行者にもお勧めしやすいホテルだ。

このホテルの宴会場が、ライブ会場として作中で起用。
嬉野温泉、そしてホテル華翠苑は、『ゾンビランドサガ』の聖地となった。

現在、ホテル華翠苑のフロントには、「ゾンビランドサガ」コーナーが設置。
ゾンサガファンの「聖地巡礼」が絶えぬ人気スポットと化している。

20211107_103906


筆者は前日夜から、ホテル華翠苑に宿泊。
食事に舌鼓を打ち、嬉野の街中を一望する「空中展望露天風呂」につかる。
そして、「学!学!アアアアアアア!!」と腰を振りながら床に就いた。


  • 2.聖地開催を実現!知恵を絞った配置


ゾンサガオンリーの会場は、ホテル華翠苑の宴会場。
この宴会場が作中でもコンサートの舞台になっており、まさに「聖地」そのものでの開催と言える。

だが、この会場は朝はバイキング会場。夜は夕食会場としても起用される。
朝バイキング終了の10時以降でないと設営ができない。
夕方も、16時過ぎには食事会場としてお返ししなければならない。
普通に設営・撤収の時間を各2時間ぐらい取ると、即売会の時間が短くなってしまう…

20211107_093444


そこで撤収・設営の時間を最小限に短縮するべく、机椅子の配置は、食事会場の配置から「原則動かさない」形にした。
テーブルクロスだけは取り外すが、椅子の向きだけを変えることで、即売会の「島」っぽく設置。

なるほど、机を動かさなければ、原状復帰にかける手間も省ける。
撤収も設営も、時間が大幅に節約できる。
これは上手い配置、というか知恵を絞った配置と言えよう。
こういう知恵の積み重ねが、聖地開催を実現させる原動力になった、とも言えるだろう。



  • 3.コロナ禍ながらも安定した来場者数


「聖地開催」がアドバンテージになるとはいえ、どれだけの一般参加者が足を運ぶかは、少し心配だった。
サークル数は30弱集まったし、それなりに一般参加者も期待できそうだが、ふたを開けてみないと分からない。不安は残る。
しかしその不安は杞憂だったようで,開場12時少し手前から、ホテルの駐車場が徐々に車で埋まっていく。これは良い雰囲気だ。

そしていざ12時開場。サークルとしても、本を手に取ってくれる方多く、手ごたえもそこそこ。
最近は、売れ行きも反応も低調の即売会が多かったので、この状況は大変ありがたい。
最終的には、200人以上が訪問してくれたので、コロナ禍ということも鑑みると、人出も決して悪くなかったと思う。
15時過ぎまで頒布の時間も取れたし、制約が多く課せられた中でも、うまく折り合いをつけて「聖地開催」を実現できた即売会と言えるだろう。

後日、チャンコ氏及び藤末謙三前参議院議員と、Twitterスペースで話す機会を得た。
「地方即売会をどう盛り上げるか?」というテーマでも議論した。
チャンコ氏は、幾つかの方策を提示されたが、その中で「聖地開催の実現」を提案された。実効性の高い提案だと思うが、嬉野の成功(加えてそれ以前の唐津開催の成功)が、この提案の下地になっていると思う。
「聖地開催」は実現さえできれば強い。その効果を充分実感した即売会であった。