愛媛の即売会事情も、近年は寂しい状況が続いている。
20世紀には『伊予っこ』のように、全国各地から同人者が参集する勢いの同人誌即売会も存在したが、近年は即売会開催も減る一方。
地場のオールジャンル同人誌即売会『おでかけライブin松山』も存在してはいたが、サークル数が減少傾向という話を2015年頃には聞いており、先行きが懸念されていた。その『おでかけライブ』も、2017年1月の開催を最後に動きが無く、ついに潰えてしまった。

唯一残った即売会は、オールジャンル同人誌即売会『美柑たると。』や東方オンリー『東方いよしこく祭』などで実績を上げている、サークル「ふらいんぐたうん」主催の催事。
『おでかけライブ』撤退の穴を埋めるべく女性向けオールジャンルを開催するなど、愛媛で一人気を吐いていたものの、コロナ禍で即売会開催が出来ず、苦しい状況が続いていた。

ようやくコロナ禍中でも即売会が開催できる環境となり、2021年6月、新たに立ちあげた即売会が、松山市郊外・東温市で開催された『にじかるさみっと』である。
実は筆者も、6月開催分にサークルとして参加を申し込んでいたが、同日にひぐらしオンリーがバッティング開催。両方出られるよう調整していたものの不調に終わり、やむなく愛媛の方は欠席…
「リベンジ」として、12月開催分に改めて参加を申し込んだ。

【目次】
◆ショッピングモール「レスパスシティ」内施設での開催
◆商業施設「クールス・モール」の空きテナントにサークル配置
◆久々の愛媛即売会参加に喜び
  • ◆ショッピングモール「レスパスシティ」内施設での開催


この「レスパスシティ」がどういう所なのか…という話からしないといけない。
一言で言えば、郊外都市によくある大規模商業施設といえば良いだろうか。

伊予鉄道・松山市駅から横河原行の電車で約30分。
最寄り駅・見奈良駅で下車して徒歩約10分。
公共交通機関だと、松山からでも少し時間がかかる。
駐車場が広いので、皆さん車で行かれる方が大半だとは思うが…

なお、便数も多くは無いが、松山市からレスパスシティ行きの無料シャトルバスも運行している。
時間が合えば、これを利用しても良いだろう。

レスパスシティは、幾つかの施設の集合体。
マルシェ施設あれば、温泉・宿泊施設の「樹楽」もあり、「坊ちゃん劇場」もある。
これら数施設の集合体として、「レスパスシティ」が形成されていると考えれば良いだろう。

ちなみに、「坊ちゃん劇場」は、赤ブーブー通信社『コミックシティ』創始者・故田中圭子氏が運営に大きく携わった秋田県の劇団「わらび座」が出資した施設。
同人者的には、奇妙なご縁を感じなくもない。


  • ◆商業施設「クールス・モール」の空きテナントにサークル配置


今回『にじかるさみっと』の会場は、「レスパスシティ」を形成する施設の一つ「クールス・モール」での開催。
「クールス・モール」は、アウトレットや玩具店等のテナントが多数入居したショッピングモールだ。

20211205_102842


ただショッピングモールの宿命。コロナ禍で撤退するテナントも多く、「空きテナント」問題に悩まされているのも実情。
今回の『にじかるさみっと』は、空きテナントの前に机・椅子を配置する展開。
空きテナント対策も兼ねており、モールの賑やかしにもなる。モール活性化にも貢献できる仕組みだ。

催事名は『にじかるさみっと』だが、同人誌即売会などサブカルチャー全般を取り扱うイベントという建付けだ。
『にじかるさみっと』内の同人誌即売会として、オールジャンル『美柑たると。』東方オンリー『東方いよしこく祭』が存在。またコスプレイベント『こすみっと』痛車展示もあり、これらの集合体が『にじかるさみっと』と捉えれば良いだろうか。

サークル数としては30〜40程度が出店。
コロナ禍を経て即売会を復活させても、サークル集めに苦戦する即売会が多い中、充分健闘してサークルを集められたのではないかと思う。


  • ◆久々の愛媛即売会参加に喜び

個人的に嬉しかったこととしては、愛媛の皆さんに「愛媛の即売会来るの久々ですね」と声を掛けられたこと。

筆者は過去数回、愛媛の即売会に参加していたが、「結城友奈は勇者である」にハマった2017年以降は、足がだいぶ遠のいていたのも事実である。
いや、四国にはよく足を運ぶけど、ゆゆゆ聖地・観音寺に全ステータス振り向けてたので、他の3県に行く機会はガッツリ減って…

ブランクあったのに、筆者のことを覚えていただけたことに嬉しさを感じるとともに、愛媛の即売会に久々に参加できた喜びも感じた。

食事は、「クールス・モール」内にレストランもあるので、そこで賄える。
筆者は、モール内のマクドナルドで食事。なお、筆者のサークルスペースから僅かに20mの距離であるw
筆者のサークルスペース10m先には玩具屋もあり、こういう「近さ」がショッピングモール内で開催される同人誌即売会「ならでは」の雰囲気と言えようか。

コロナ以降は、松山市内での開催が減り、この東温市での開催が中心となっている。
現在愛媛県内では、唯一の同人誌即売会。今後も、愛媛の地で同人の灯をともし続けていただけることを、心から願いたい。